迷惑電話の対策法を徹底解説!固定電話や非通知の場合の対処法と注意点は?悪質なケースの通報先やスマホのおすすめアプリも紹介

SNSにアップされている情報1つで素性を把握される可能性も十分考えられます。

悪質なケースの場合はどこに通報すれば良いか

迷惑電話により精神的苦痛を伴った際は信頼できるところに相談するのがおすすめ

1人で抱えていても状況が改善されるどころか逆に悪化するかもしれないです。

ここでは、迷惑電話に関する悩みを誰に相談すれば良いかについて説明します。

警察

警察官

ストーカーなど悪質なケースに対しては警察に相談するのが重要

被害を未然に防ぐという意味でも警察からのサポートを受け、最悪の事態を回避したいところです。

弁護士

弁護士

警察に相談したけど、全然対処してくれなかったという方もいるのではないでしょうか?

迷惑電話などの迷惑行為について弁護士に相談するのもおすすめです。

対処法だけでなく、裁判について適切なサポートを行ってくれるのが理由に挙げられます。

精神的苦痛を伴った場合は民事裁判でストーカーなどの厄介な相手を対処していくのが重要です。

弁護士に依頼する際はストーカーや迷惑電話などの行為について詳しいかどうかチェックしないといけません。

迷惑電話に悩まされていた方

身近に迷惑電話で悩まされていた方がいませんか?

迷惑電話に悩まされていた方に一度話を窺ってみるのもありです。

被害の内容だけでなく、どのような対処法を行ったか、迷惑電話がかかっていないかどうかなど聞くことはたくさんあります。

迷惑電話に関する情報交換を行い、より自分に合った対処法を進めていくことができます。

迷惑電話対策におすすめのスマホアプリ

スマホアプリ

スマホアプリを用いて迷惑電話に対処していくのも有効です。

アプリで対処できるとはいえ、使いやすいと感じたものを選ばないといけません

ここでは迷惑電話対策にもってこいのスマホアプリをいくつか紹介します。

迷惑電話ブロック

迷惑電話ブロックは危険な着信があれば警告表示で知らせてくれる便利なスマホアプリ。

電話帳に登録していない相手でも名前を自動で表示してくれるのもおすすめできる理由に挙げられます。

厄介な相手かどうかを事前に把握し、早めに対処したい方にはうってつけ。

注意点は月額制だということです。

Whoscall(だれ電)

Whoscall(だれ電)は迷惑電話を識別してブロックしてくれるスマホアプリ。

数千万件のダウンロード数を誇り、迷惑電話対策を行う際は一度チェックしておきたいところです。

テレビ番組でも紹介されたことがあるので名前だけでも知っている方もいるのではないでしょうか?

電話番号を検索し、折り返す必要があるか判断できるのもポイントに挙げられます。

電話帳ナビ-迷惑電話を着信拒否(迷惑電話ブロック)

電話帳ナビ-迷惑電話を着信拒否(迷惑電話ブロック)は迷惑度判定をグラフ表示し、迷惑電話を防いでくれるスマホアプリです。

宅配ドライバーやフリーダイヤルの番号も把握することができるため、チェックしておいて損はありません。

迷惑メッセージ・電話ブロック

迷惑メッセージ・電話ブロックはKDDIがリリースしたスマホアプリ。

迷惑電話を自動で検知して知らせてくれます。

迷惑なSMSを自動で迷惑フォルダに振り分けてくれるのもおすすめできるポイントです。

利用時には月額の自動継続課金が必要になるため、注意しないといけません。

電話帳ナビアプリ

電話帳ナビアプリは国内約22億の電話番号のデータベースを基に迷惑度を表示するスマホアプリになります。

人工知能が通話内容からセールス電話などを判別して着信拒否にしてくれるのが魅力的。

自動着信拒否機能は月額100円かかりますが、迷惑電話対策を行うなら一度検討してはいかがでしょうか?

その他にも電話帳ナビに寄せられた口コミ情報をチェックできるのもポイントです。

家族が迷惑電話に苦しんでいないか把握するのも重要

家族

自分だけでなく、家族も迷惑電話に苦しんでいないか知っておく必要があります。

普段からコミュニケーションを取らないといけません。

人によっては家族とコミュニケーションを取れていない方もいるのでは?

身に覚えのない電話に出ないのが鉄則

スマホを捜査する手

詐欺などに巻き込まれないためにも身に覚えのない電話に出ないことが鉄則です。

気になる方は悪質な迷惑電話かどうか一度調べることをおすすめします。

まとめ

スマートフォン

自分だけでなく家族の身を守るためにも迷惑電話の対処を行わないといけません。

対処法はいろいろあり、自分に合った方法を選択するのが重要になってきます。

場合によっては料金が発生する場合もありますが、身を守るためにはある程度ランニングコストをかけたいところ。

日頃から迷惑電話について情報収集することをおすすめします。

迷惑電話の対策は今日からの課題です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html