フェイクニュースに騙されない対策法を徹底解説!種類や目的・違法性は?メディアやネットの情報から事実を見極める方法も紹介

SNSなどを騒がせるフェイクニュース。

騙されたという経験を一度はしているのではないでしょうか?

多くの情報が飛び交うインターネットを利用するならフェイクニュースに騙されないことが重要です。

今回はフェイクニュースに騙されないための対策法について解説します。

SNSなどを運用している方は一度チェックしてください。

フェイクニュースの種類

フェイクニュースにはどのようなものがあるかを知ることが重要です。

皆さんが思っている以上にインターネット上にフェイクニュースが転がっています。

まずはフェイクニュースにはどういったタイプが存在するか解説していきます。

パロディ

パロディタイプのフェイクニュースは騙す意図はなく、何かを批判する意図を持ったニュースです。

人によっては信じ込む人がいます。

間違い

フェイクニュースには間違った情報を流してしまうタイプのものも存在します。

騙すつもりはないものの、結果的に誤った情報を流して大騒ぎするケースもゼロではありません。

SNSなどを使っていく中で事実と違った情報を流さないことが大切です。

場合によっては信用が下がってしまう可能性も十分考えられます。

なりすまし

コンピューターで不正アクセスするハッカー

誰かになりすましてでたらめな情報を流すタイプのフェイクニュースも存在します。

悪質なタイプのフェイクニュースでSNSアカウントを運用しているのは一体誰かチェックしないといけません

SNSで誰かが自分になりすましているなどの投稿を目にする場合もあります。

ミスリーディング

特定のテーマについて誤った方向に持って行くタイプのフェイクニュースです。

小説などでミスリーディングもしくはミスリードといった単語を目にする方もいるのではないでしょうか?

場合によっては大きなトラブルを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

インターネットを利用する際はプロパガンダといった言葉も覚えておいて損はありません。

フェイクニュースの目的

フェイクニュースは数多くのタイプが存在しており、日々どこかで発信されています。

SNSなどで騙されないためにもフェイクニュースはどうして生み出されるかを知っておきたいところ。

ここでは、フェイクニュースが発信される目的について解説します。

承認欲求を満たす

SNSなどでフェイクニュースが流れる原因の1つに承認欲求を満たす目的が挙げられます。

多くの方に注目されたいといった考えからフェイクニュースを流してしまい、後で大問題に発展するケースも多いです。

炎上動画または写真などをSNSなどにアップして騒ぎになっているケースを一度は目にしているのではないでしょうか?

2016年にアメリカのポール・ホーナー氏がトランプ大統領が当選したのは自分だというフェイクニュースを流したのが有名。

自身のサイトやブログなどのマネタイズ

ブログの編集画面

自身のサイトやブログなどに誘導し、広告収入を得る目的でフェイクニュースを流している可能性も十分考えられます。

インターネットを自身のマネタイズ目的で利用する方も中にはいます。

マネタイズ自体は悪いことではないですが、やり方が問題になっているケースも多いです。

誰かを陥れるため

気に入らない誰かを陥れるためにフェイクニュースを流しているケースもあります。

陥れられた方にしてみればたまったものではないです。

どの分野でも誰かの足を引っ張りたいという方は一定数存在します。

フェイクニュースの違法性

フェイクニュースは違法なのかどうか気になっている方も多いと思います。

違法かどうかはフェイクニュースの内容次第。

もちろん、違法でなくてもフェイクニュースを流すのは基本的にはNGです。

ここでは、フェイクニュースにはどのような違法性があるか解説します。

名誉棄損罪

インターネットを利用していく際、注意しないといけないのが名誉棄損罪です。

名誉棄損罪は誰かの名誉を著しく損なわせた際に発生する刑事罰。

民法では不法行為に該当します。

場合によっては予想以上の賠償金を支払う可能性があります。

名誉棄損罪と同様に注意しないといけないのが侮辱罪

インターネットなどで公然と人を誹謗中傷した際に発生する刑事罰です。

フェイクニュース流す、流さないに関わらず、名誉棄損罪や侮辱罪に注意しないといけません。

信用毀損罪・偽計業務妨害罪

業務が止まっている様子

信用毀損罪・偽計業務妨害罪は相手の信用を損なわせたり、業務を妨害する刑事罰。

飲食店の嘘の情報を流すのはもちろん、SNSで問題になるバイトテロなどが該当します。

口コミサイトやSNSで企業や飲食店を陥れる書き込みなどを目にした経験があるのではないでしょうか?

ステマで企業のイメージを損なわせる嘘を流すと信用毀損罪・偽計業務妨害罪で罰せられる可能性があります。

フェイクニュースを見極める方法

フェイクニュースを見極めるためには一体どうすれば良いのか疑問に感じていませんか?

流れてくる情報が嘘か真かを見抜けるかどうかが重要になってきます。

フェイクニュースに騙される可能性を少しでも減らしてもらうためにも見極め方をいくつか紹介します。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html