訪問販売の断り方を徹底解説!訪問販売の種類や悪質業者の手口は?違法なケースと契約した場合の対処法・通報先も確認しよう

皆さんは訪問販売で何か商品やサービスを購入した経験はあるでしょうか?

人によっては訪問販売の仕事をしていたという方もいると思います。

訪問販売の中には悪質業者が存在しており、注意しないといけません。

今回は訪問販売の種類に加え、違法なケースと契約した場合の対処法と通報先について話します。

訪問販売の種類

まずは訪問販売にはどのようなタイプがあるか紹介していくので、是非参考にしてください。

自宅に飛び込み

玄関

自宅に飛び込み、商品やサービスを提供するタイプがあります。
多くの方は自宅に訪問販売業者が訪れるタイプを想像するのではないでしょうか?

アポイントメントセールス

アポイントメントセールスは事前にアポイントメントを取り、店舗に呼び出して契約を結ばせるタイプです。

アポイントメントの段階で断れるかどうかが重要になってきます。

キャッチセールス

通行人を呼び止め、営業所等で商品の契約を結ばせるタイプの売り方。

上手く断れるかどうかが重要になってきます。

繁華街などで執拗な勧誘を行っている場面を見た方もいるのではないでしょうか?

催眠商法

催眠商法は無料など消費者の購買意欲を煽って商品やサービスの契約を迫る売り方です。

マルチまがい商法と呼ばれたりします。

悪質業者による訪問販売の手口

悪質業者は一体どのような方法で訪問販売を行ってくるか疑問に感じていませんか?

訪問販売を断る際、悪質業者の手口を知っておくことが重要です。

手口を知らないと対策も立てにくくなります。

ここでは、悪質業者が行う訪問販売の手口をいくつか紹介します。

必要以上の数の商品を販売

サプリメント

まず、必要以上の数の商品を販売する悪質なケースが挙げられます。

一度に大量の商品を購入させられたという声を聞いたもしくは購入してしまった方もいるのでは?

契約してから1年以内なら解除可能なので、購入してからどのくらいの期間が経過しているか確認した上で契約解除の手続きを進める必要があります。

強引に契約を迫る

悪質業者によっては強引に契約を結ばせる可能性もゼロではないです。

もちろん、無理やり商品を購入させたり、サービスを利用させることは禁止。

契約の取り消しも可能です。

帰るよう言っても居座り続ける

訪問販売で帰るよう言っても長時間居座り続ける業者に悩まされた経験はありませんか?

中々帰らない場合もあるため、すぐ帰ってもらうよう話を進めることが必要です。

SNSで接触を図る

アプリ管理画面

訪問販売業者の中にはSNSに場所を移し、営業を行っている事業者も存在します。

SNSは便利な存在ですが、悪用する人がいるのも事実。

TwitterなどのSNSを利用する際はメッセージのやり取りを行っている相手が信頼できるかどうか判断しないといけません。

悪質業者に高額商品を購入させられたなど後で取り返しのつかない事態に発展する可能性もゼロではないです。

実際、とある業者が数ヵ月業務停止となったケースも存在します。

自分は大丈夫と言って油断していると、痛い目を見ます。

商品やサービスのデメリットを言わない

商品やサービスのメリットはもちろん、デメリットも購入するしないを決める重要な要素。

デメリットが大き過ぎて購入を見送った経験が一度や二度ありませんか?

商品やサービスのデメリットを言わず、契約を迫る場合もあります。

訪問販売業者が来た際、商品やサービスのデメリットを伝えているかどうかチェックすることをおすすめします。

もちろん、嘘の説明を行うのは言語道断です。

業務停止命令など厳しい処分が課されます。

商品やサービスに関する情報提供は販売業者の役務。

消費者には知る権利があります。

他の業者を装う

消防士

他の業者を装い、取引を行うケースもゼロではないです。

公的な機関の職員が訪問してお金を請求することはありません。

相手が誰であろうともキャッシュカードや通帳などを渡さないのが鉄則

悪質業者に渡してしまうと取り返しのつかない事態に発展します。

不必要な工事を行う

玄関前

家の壁が気になるなどの悩みを抱えていませんか?

訪問販売で注意しないといけないのがリフォーム工事。

リフォーム工事に関するトラブルが多いです。

知り合いが悪質業者の被害に遭ったという方も中にはいるのではないでしょうか?

リフォーム工事は信頼できる業者に行ってもらうことをおすすめします。

訪問販売で数百万騙されたとなっては目も当てられないです。

違法なケースと契約した場合の対処法・通報先

訪問販売の契約を結んでしまったけど一体どうすれば良いのか悩んでいませんか?

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html