偽ブランドを通販で見つけたときの通報先 | 購入しないための対策と違法性

おしゃれなブランドバックや良質なブランド化粧品は生活を豊かにするアイテムです。

性別関わらず何かしらのアイテムで好きなブランド品がある方も多いでしょう。

そんな中、その需要を狙って横行している犯罪があります。偽ブランド品にまつわる犯罪です。

近年にかけてコピー商品は巧妙となっており、騙されてしまう方も多くいます。楽しいはずの買い物が脅かされることは悲しい問題です。

今回はそんな偽ブランド品を購入しないための対策法について徹底解説します。

偽物を売らない、買わないためには正しい知識が必要です。犯罪に巻き込まれないように知識を身に着けていきましょう。

偽ブランド品の購入や販売の違法性とは?

handcuffs, caught, crime

そもそも偽ブランド品は何故違法となってしまうのかご存知でしょうか。

「お得にブランド品を身に着けたいだけ」「商売したいだけ」と思う人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、偽ブランド品を売ることや買うことは犯罪に加担することになります。

安易に関わってしまわないためにも、その違法性を認識しておきましょう。

偽物を販売した場合

そもそも商品は商標権を持つ権利者の許可なく無断で販売することは商標法において禁止されています。

そのため、もしブランド品を模造して作ったり、それを販売すれば商標権の侵害したとして賠償責任が問われてしまうのです。

さらには10年以下の罰金もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられます。

これは違法性を理解しているかに関わらず罪に問われるため、偽物を販売する商売には絶対に関わらないようにしましょう。

偽物を購入した場合

じつは偽ブランド品を国内の店から購入することは罪に問われません。

しかし、海外から購入した場合は違法となる場合があります。その場合に罪になるのは販売目的の偽ブランド品の輸入です。

私的な使用の輸入の場合には違法にならないのは国内で買い物した際と変わりません。

しかし、販売目的の輸入とみなされた場合、権利者に無断で模造品の販売に関わったとして罪になります。

これは税関検査で厳しく審査されるため、もしそこで販売目的だと判断された場合は厳しく裁かれることになるでしょう。

ここで「じゃあ私的目的ならいいだろう」と思う方もいるかもしれません。

しかし私的目的であっても、偽ブランド品を買うことは犯罪を犯す人に加担するということになります。

安易な気持ちで偽物に手を出すことはやめましょう。

偽ブランド品の罠は身近な場所にある

woman, shopping, happy

様々なジャンルのブランド品が好まれる中、偽物を扱う店も増えています。そのため「まさか」と思っている人でも騙される危険があるのです。

それは国内でも国外でも同じで、偽物の商品を売りつけられる危険は身近に潜んでいます。

騙されて偽ブランド品を買ってしまわないように、その手口から偽物を扱う店の特徴を学びましょう。

どのようにして偽物を扱っているのか知ることで買い物する際に判断する基準を身に着けることができますよ。

オンライン通販サイトの罠

多くの人が利用するオンライン通販では偽造ブランド品の犯罪が横行しています。

インターネットでの買い物が定着したことで、こういった偽ブランド品を売りつけやすくなったという背景もあるでしょう。

特にその中でも誰でも簡単に商品を出品できるオークションやフリマ系のサイトで偽ブランド品が多く見受けられます。

よく中古品やアウトレット品のブランドを取引するのに用いられますが、出品者によっては偽物を扱っている場合もあるのです。

そのような出品者は正規品の説明が曖昧であったり、不必要に●●風など仄めかす表現をしているという特徴があります。

さらに商品が極端に値崩れしている写真が不明瞭である場合も信頼性が低くいため注意が必要です。

国内で横行する偽ブランド品の実態

そもそも偽物を販売することは商標法で違法となるため犯罪です。

しかし実際の店舗で偽ブランド品を販売しているところもあります。

最近ではコピーブランド品のお店として堂々と販売している店すらあり、まるで普通のお店のように振る舞っているのです。

表記していればOK?と思うかもしれませんが、表記していても偽物を販売する時点で違法となるため犯罪であることは変わりません。

そしてもしそんなお店とわかっていながら利用する場合は犯罪に加担することになるということを認識しておきましょう。

海外でブランド品を買う際も注意が必要

海外ではブランド品の犯罪が巧妙になっています。そもそもブランド品のコピー商品のほとんどが中国などで作られた物です。

その中には一般人には見分けがつかないようなスーパーコピーと呼ばれる精巧な商品すらあります。

このような商品は国内では厳しく取り締まられていますが、海外では日本より手にしてしまう可能性が高いのです。

特に中国を始めとするアジア圏の旅行ではデパートのような店舗でも、スーパーコピーを扱っている場合もあります。

そのため、海外ではブランドの正規店以外で買うのはかなりリスクがあり注意が必要です。

偽ブランド品を購入しないための対策

handmade, hand bag, handmade handbag

悪質な偽ブランド品は様々な場所で流通しているため、偽物を買ってしまわないよう注意する必要があります。

そのためには購入するお店やその商品の状態を見て信頼性があるか確認することが大切です。

そのお店の信頼性を確認することはブランド品を鑑定するような目利きは必要ありません。

ポイントを抑えてチェックすれば、ある程度の判断ができます。楽しいショッピングをするためにもポイントを見ていきましょう。

お店の信頼性を確認する

laptop, human hands, keyboard

ブランド品を購入する際はそのお店が信頼できるか否かが最初のポイントでしょう。

実店舗の場合は、例えばハイブランド品の買い取りや中古販売を取り扱うショップなどがあります。

そのようなお店はネットで検索すると、どのような店でどんな口コミがあるか調べられるのが一般的です。

逆に検索しても出なかったり、口コミが見つからない場合は注意が必要でしょう。

サイトを見る時も正規品を扱っているか、曖昧な説明がないか見るようにすることも必要です。

また、オンライン上でブランド品を購入する際は出品者の評価や情報を確認するようにしましょう。

ブランド品を多く扱うヤフオクやメルカリ、楽天、Amazonなどは様々なショップや出品者が出品できるようになっています。

そのため、それぞれのサイトでは評価のシステムや出品者情報など消費者側が判断する情報があるのです。

評価が極端低くないか、実態にウソはないかなどを確認するのが良いでしょう。

商品の写真が明瞭であるか

keyboard, keys, hardware

オンライン上の偽ブランド品の紹介では写真が不明瞭であったり、重要なポイントが隠されていることもあります。

本来ならオンラインで商品を売りたいと思ったなら、より正確な写真で商品をアピールして納得した上で取引したいはずです。

にもかかわらず画像が悪かったり、ロゴを避けるような写真であったなら、やましい商品である可能性が高いと言えます。

そのため、作為的にそのような画像があったなら気を付ける必要があるでしょう。

価格を相場と見比べる

scale, question, importance

価格も偽物を購入しないための判断基準となります。

偽ブランド品は大抵中国で大量生産された安物です。そのため、同じ商品の相場より安く売っても儲けが出ます。

そのため、極端な安さを売りにして出品している悪質出品者もいるのです。

ブランド品は基本的に中古やアウトレットでも一定の相場が決まっています。

そのため極端に値崩れするのは理由がない限り怪しいです。

欲しいブランド品がある時は事前に価格の相場を調べておくと良いでしょう。

もし偽物を買ってしまったら?

desperate, sad, depressed

どんなに気を付けていても偽物を買ってしまうこともあるかもしれません。

「偽物買ってしまったかも」思った時はまず商品を綺麗に保ち、やり取りに使った全ての情報を保存するようにしてください。

例えば送られてきた住所を取っておく、やり取りで使ったチャットのスクリーンショットを撮るなどをしましょう。

商品をやり取りした全ての物を証拠として確認できる状態として持っておくことが大切です。

その上でブランド品の鑑定をしてくれる店を数件回り、偽物かどうかプロに確認してもらいに行きましょう。

その結果、やはり偽物であると確認された場合は出品者や店舗に問いただす権利があります。

その際は証拠をまとめ、出品者または店舗に電話やメールで問い合わせして対応を仰ぐ形になるでしょう。

しかし、簡単に返金対応になるとは限りません。対応が何もない場合はサイトの運営会社にも相談することも良いでしょう。

また、それでも解決しなかった場合には警察や消費生活センターなどの窓口に相談することをおすすめします。

偽物を見つけた場合に通報・相談する場所は?

thinking, person, person thinking

もしブランド品の偽物を販売している場所を見つけた時、もしくはその被害に合った時は警察に通報することができます。

その際は最寄りの警察署または所在地の都道府県にあるサイバー犯罪相談窓口に連絡してください。

また、もし返金対応して貰えないことに困っているなら、消費生活センターにも相談してみましょう。

消費生活センターは商品やサービスに問題があった場合に相談を受け付けてくれる独立行政法人です。

こちらも各都道府県に相談窓口があるため、最寄りの番号に相談してみてくださいね。

  • 警察やサイバー犯罪相談窓口…犯罪を見かけた場合や被害に合った場合に通報・相談できる
  • 消費生活センター…商品やサービスに不誠実な対応があった場合に相談をすることができる

まとめ:偽物に騙されないようにしよう

woman, shopping, lifestyle

横行する偽ブランド品の犯罪は自分は大丈夫だろうと考えている人こそ騙されることが多いです。

偽物を販売する人が悪いのは勿論ですが、買う側もお金を払う責任を持って行動することが大切になります。

物にはそれ相応の価値があって取引されているということを前提に、信用できる場所だけにお金を払うように心掛けましょう。

ブランド品を購入する際は信頼性を確認する、写真をチェックするなど今回ご紹介したポイントを踏まえてお買い物してくださいね。

商品価値のある美しい正規品を楽しみましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html