肖像権侵害を防ぐ対策法を徹底解説!どこからが肖像権侵害に該当する?一般人にも適用されるケースとSNSでの注意点もチェック

その際はもちろん承諾していることが前提ですが、その写真や映像の使い道は撮影者に確認しておくのが無難です。

例えばヘアモデル、結婚式のPV撮影や記念撮影、SNSのための撮影など様々な理由があるでしょう。

何のために何に使われるのかという事を撮影者に聞き、それによって自分が不快な想いをしないか判断する必要があります。

自分が納得した上で何に使われているかわかっていれば、個人の権利を害する危険は少なくなるでしょう。

撮影する場合は確認する

ok, a-ok, woman

撮影者は個人を特定できるレベルの撮影をしたい場合には、必ず被写体になる方に確認を取る義務があります。

何のための撮影で何に使うのかということを説明した上で被写体の方から許可を必ずもらうようにしてください。

例えば個人のフォトグラフィのために撮影して個展で展示したい、またはSNSで共有したいなど些細な事でも通知する義務があります。

プライベートな撮影だとしても勝手にSNSなどに投稿すれば、相手を不快にさせる危険もあるでしょう。

どのような場合でも許可なく撮影された場合には肖像権侵害によって訴えられてしまうことを覚えておいてください。

安易にSNSに投稿しない

icon, polaroid, blogger

SNSのための撮影も肖像権侵害の危険があるでしょう。自分に顔を安易に晒すことは情報が1人歩きする危険もあります。

1人歩きした画像がどこかで無断でコピー、転載されてしまうことがあるからです。

このような行動は肖像権を侵害されてしまう危険を自ら招いてしまうと言えるでしょう。

また、逆に自分が投稿した写真に他人が写っていた場合には自らが肖像権侵害をしてしまう危険があります。

プライベートなSNSであっても個人の肖像権は守らなければいけません。

撮影する際は他人が写り込まないようにする、もし写り込んでしまった場合は誰かわからないよう加工して投稿しましょう。

肖像権侵害に合った場合は?

photo, photographer, old

今やスマートフォンで簡単に撮影できる時代なため、誰でも撮影者になれます。
そのため、ひょんなことから肖像権を侵害されてしまう可能性はどうしても捨てきれません。

万が一肖像権を侵害された場合の対処法を知り、もしもの場合に権利を守る知識を備えておくことが大切です。

もし肖像権を侵害された場合の対処法を確認しましょう。

差止請求をする

肖像権侵害をされたと気づき、その画像や映像を公表することをやめさせたいと思ったなら、まずは差止請求をしましょう。

差止請求は対象のコンテンツに不正行為などがあった場合にできる削除依頼です。

請求が正統であれば、これを受けた撮影者は見当する画像や映像を削除しなければいけません。

差止請求の仕方は媒体によって変わりますが、問い合わせ先とされるフォームやアドレス宛に送るのが良いでしょう。

また、差止請求する場合には自分の身分と連絡先、そして申告内容を明記しなければいけません。

その際には肖像権侵害に見当する箇所を詳細に記載し、削除することを依頼しましょう。

対応がない場合は弁護士に相談

撮影者に送った差止請求が無視される場合も当然あります。その場合には目ぼしい弁護士に相談しましょう。

何故弁護士かと言うと、肖像権侵害は民事管轄なため警察は介入できず解決できないからです。

そのため、肖像権侵害は弁護士に相談することが基本となります。

弁護士に相談すれば、その弁護士を通して差止や賠償金の請求も行うことができるでしょう。

また、もし差止請求以前に肖像権の問題で困った場合にもぜひ弁護士に相談してください。

まとめ:個人の権利を守る大切さ

photographer, taking pictures, fashion

肖像権侵害は誰もが加害者、被害者になり得ます。

ちょっとした写真、映像を個人の楽しみだからとみだりに投稿して、無断で他人を拡散したらそれは立派な肖像権侵害です。

もちろんTVの撮影などでも一般人の肖像権を侵害する権利はありません。いずれも許可なく撮影された場合には被害を訴える権利があります。

個人が撮影されないように気を付けることは基本ですが、肖像権を軽視する人がいる限り肖像権侵害はなくならないでしょう。

そのため肖像権侵害を無くすには、肖像権への認識が広まり、より多くの人が肖像権を尊重する意識を持つこと大切です。

今日、肖像権について知ることで、あなたはその一端を担うことができるでしょう。

これを機に個人の権利である肖像権について考えてみてくださいね。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html