金銭トラブルの事例集|友人・両親・恋人との間に起きた体験談

お金にまつわるトラブルは後を絶ちません。

人によっては金銭トラブルに巻き込まれた経験が何度もあるのではないでしょうか?

大なり小なりの金銭トラブルを回避するためにはある程度対策を立てていく必要があります

今回は金銭トラブルの解決策や巻き込まれないためにどのような対策を立てれば良いかについて話します。

金銭トラブルの事例

会社や男女間など金銭トラブルの事例は多岐に渡っており、挙げ出すとキリがないです。

金銭トラブルの事例を知らないといけない理由はどのような原因で起きたかはもちろん、解決策を考えるため。

まずは金銭トラブルの事例をいくつか紹介するので、解決策または対策法を立てる際の参考にしてください。

お金を貸し続ける友人

皆さんは友人との付き合いはどのくらいあるでしょうか?

とある方は友人との付き合いで借金を作り続けていたとのこと。

誘いを断ろうとすると、借金を倍にするなどの脅迫を行っていたそうです。

友人との付き合いとは言え、金銭トラブルに繋がる付き合いは避けておきたいところ。

キャッシュカードで借金を作っていた親

金銭トラブルは家族間でも起こります。

とある女性は親にキャッシュカードを不正に利用されたとのこと。

10万円以上の借金を作っており、完済するのに時間がかかったそうです。

金銭トラブルは家庭崩壊を招く可能性を秘めているため、家族間でもお金の貸し借りなどは安易に行わないことをおすすめします。

消費者金融で借り入れを行っていた恋人

ドルとユーロ

恋人が消費者金融で借金を作っていた事例も報告されています。

50万円程借金を作った結果、恋人と別れるだけでなく友人との仲を悪くなったとのこと。

消費者金融でまとまったお金を借りることができる反面、返済するのに時間がかかる可能性があります。

従業員間の金銭トラブル

オフィスで会議している様子

とある会社では従業員間でお金の貸し借りがあったとのこと。

お金の貸し借りを行っていた従業員は退職してしまい、業務に支障をきたしたそうです。

従業員間のトラブルは会社全体のトラブルに発展する可能性があるため、注意しないといけません。

怪しい投資案件に手を出してしまった人

仮想通貨

株や仮想通貨などに関心を持っていませんか?

人によっては投資を行いたい方もいると思います。

とある商材を購入すれば資産を増やせると言い、虚偽の説明を行った人が逮捕された事例が存在します。

その他にも高額な商材を購入させるなどのトラブルが起きているので注意が必要です。

金銭トラブルが起きる原因

金銭トラブルを解決または回避するためには原因を知ることが大切です。

ここでは、金銭トラブルが起きる原因をいくつか取り上げていきます。

安易にお金の貸し借りを行う

銀行

友人や家族と言って安易にお金の貸し借りを行っていませんか?

期日までにしっかり返すならまだしも返済に時間がかかる可能性もゼロではありません。

場合によってはお金が戻ってこないケースも存在します。

定期的に連絡を取り合い、返済の目途が立っているかどうか把握したいところです。

キャッシュカードなどの管理が甘い

ポケットに入った財布

キャッシュカードなどの管理が不十分なことが原因で金銭トラブルに発展する恐れがあります。

使い過ぎはもちろん、他の誰かに見つけやすい場所に管理しているなど注意しないといけないことが多いです。

場合によってはキャッシュカードの紛失偽造など予想外の出来事が起きるかもしれません。

収入と支出の管理ができていない

収入と支出の管理はできていますか?

毎月の収入と支出の管理ができていないと借金が膨らむ恐れがあります。

消費者金融のシステムを把握していない

消費者金融は数多く存在しており、審査基準などもそれぞれ違います。

便利だからと言って消費者金融のシステムを理解していない状態でお金を借りるのはNGです。

利息により借金が膨らんでは目も当てられません。

金銭トラブルの解決策

もし金銭トラブルが起きた際、一体どのように解決すれば良いか気になっていませんか?

犯罪などに巻き込まれないためにも金銭トラブルをいち早く解決することが重要です。

金銭トラブルの解決策をいくつか紹介するので是非参考にしてください。

借りたお金をすぐ返済する

友人や家族などからお金を借りた際、すぐに返済することをおすすめします。

長引けば長引く程、金銭トラブルに発展する恐れがあるからです。

余程の理由がない限りお金を貸さない

1ドル紙幣

どのような人であっても余程の理由がない限りはお金を貸さないのが基本。

貸したお金が戻ってこない可能性があることを頭に入れておかないといけません。

キャッシュカードや通帳などを厳重に管理

キャッシュカードや通帳などの管理を厳重に行うのも重要。

身に覚えのないキャッシュカードの請求や通帳でいくら引き落とされたかなどを把握しているかどうかで被害を最小限にできるかどうかが決まってきます。

不正利用されたキャッシュカードを処分するなどやらないといけないことがたくさんあります。

弁護士に相談

女性弁護士

金銭トラブルに詳しい弁護士に相談するのも解決策の一環です。

適格なアドバイスを受けるのはもちろん、裁判の手続きをスムーズに進めてもらうのが目的。

無料相談を行っている法律事務所が近くになるなら、一度相談してはいかがでしょうか?

個人間のトラブルを長引かせるより早めに対処するのがお互いの為です。

警察に通報

女性警察官

投資に関する詐欺などの被害に遭った際は警察に通報しないといけません。

通報する際は被害状況などを詳しく説明する必要があります。

相手とのやり取りが分かるものを少しでも多く残しておきたいところ。

お金のトラブルなど気になることがあれば一度相談窓口に電話してはいかがでしょうか?

金銭トラブルに巻き込まれないための対策法

金銭トラブルを未然に防げるかどうかが日常生活を送る上で重要です。

場合によっては未然に防げた金銭トラブルも数多く存在するかもしれません。

最後に金銭トラブルに巻き込まれないための対策法をいくつか挙げていきます。

お金の貸し借りの機会を作らない

お金の貸し借りを行う機会をできる限り抑えるのが大事。

収入と支出の管理を行い、借金を作らないようにしたいところです。

友人などからお金の貸し借りを行って欲しいと言われた際、ハッキリと断るのもポイント。

断り切れないでいると何度もお金の貸し借りを行ってしまう可能性が出てきます。

借用書を作成

お札と手帳

借用書を作成するのも金銭トラブルを未然に防ぐ方法の1つ。

お金の管理を行うのに借用書は効果的です。

いくら貸し借りを行うかはもちろん、いつまでに返すかなど細かな部分まで決めておかないといけません。

誰かとお金の貸し借りを行うことになった際に備え、借用書のテンプレートを用意することをおすすめします。

借用書を書く際は漏れが無いかチェックしておきたいところ。

消費者金融を利用しない

消費者金融を利用しないのも対策法の一環です。

欲しいものがあった際などに備え、普段から貯金を行うのも大事。

利息を長期間払い続けることになっては目も当てられません。

利用する際はブラックリストに登録されないように上手くやりくりする必要があります。

また、人によっては消費者金融の審査に落ちてしまいます。

すぐにお金を貸してくれる便利な存在ではないです。

怪しい投資話に乗らない

ビットコイン

怪しい投資話に乗らないのも金銭トラブルを避ける方法の1つ。

投資にはリスクが伴うことを頭に入れておかないといけません。

これから投資を行おうと考えている方は投資会社や商材の評判をチェックすることをおすすめします。

給与前払いシステムの利用

10ドル紙幣と20ドル紙幣

会社によっては給与前払いシステムを導入している会社があります。

従業員間のトラブルを避けるために給与前払いシステムの利用も検討したいところ。

利用するタイミングを見極めるのがポイントです。

頻繁に利用するのではなく、本当に必要だと感じた際に利用するのが基本。

キャッシュカードの利用頻度の見直し

キャッシュレス化が進んでおり、キャッシュカードやアプリなどでお金のやり取りをしている方が多いのではないでしょうか?

借金を膨らませないためにもキャッシュカードの利用頻度を見直すことも大事です。

紛失やキャッシュカードが使えないお店に備え、ある程度の現金を用意しておくと良いかもしれません。

現金があれば非常時に対応できます。

裁判に勝訴すれば大丈夫と思ってはいけない

裁判所

人によっては裁判所で金銭トラブルの相手と争おうと考えていませんか?

訴訟して裁判を起こすのも解決策の1つです。

注意しないといけないのは相手の返済能力

お金を請求しても返済能力がなく、全額回収できない可能性があります。

裁判を有利に進める際は金銭トラブルに関する証拠を残しておきたいところ。

まとめ

MasterCard

金銭トラブルを避けられるかどうかは皆さん次第。

お金は便利な存在ですが、使い方を間違えると自分の身を滅ぼします。

安易にお金の貸し借りを行わないのはもちろん、収入と支出を見直すのが基本です。

また、家族や友人に怪しいところは無いかチェックしておきたいところ。

金銭トラブルを防ぐことは自分だけでなく、家族を守ることにも繋がります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html