どこでもドアホンの特徴や価格・防犯機能を徹底解説!取り付け方や電話・電気錠との連携方法は?スマホアプリについてもご紹介

防犯意識の高まりや相次ぐ悲惨な事件の発生を背景に、いまや「一家に一台」が当たり前となったドアホン。

近年はモニターカメラ搭載式や無線で2階や奥の離れた場所でもカメラ画像を子機やスマートフォンで確認できる最新機種まで登場しています。

販売も、これまでの住設機器専門業者だけでなく、家電量販店やネット通販でも手に入れられるドアホン。

それだけに「どれがいいの?」と見極めが付き難くなっているのが現状です。

そこで今回は、日本でのドアホン誕生のひも解きから、最新のおすすめドアホンを、価格や防犯機能を比較しながら、ご紹介していきます。

ご自宅を新築予定やドアホンの更新をお考えの方は、この記事を是非参考にして下さい。

日本のドアホン誕生のきっかけ

では最初に、日本でドアホンが誕生したきっかけを話して行きましょう。

そもそもドアホンってどんなモノ?

ドアホン

ドアホンは別名「インターフォン」と呼ばれ、玄関を訪ねた訪問者が映像の様な呼び鈴付き受話器で相手を呼び出すものです。

居住者が中で別の受信機を使って相手を確認する装置で「電話の原型」といわれています。

20世紀初頭から企業向けとして販売されていましたが、家庭用としては日本も欧米も1950年代に入ってから販売が始まりました。

日本で初めてドアホンを作った会社はどこ?

ところで皆さんは、日本で初めてドアホンを作った会社をご存知ですか。

色々思い浮かぶでしょうが、日本で最初に住宅向けドアホンを製造&販売したのは、愛知県にある「アイホン株式会社」なのです。

創業は1948年にラジオの修理&組立をするかたわら、ドアホンの研究開発を進め、1954年に市販第一号機を世に送り出しました。

アイホンのドアホンは、何と「ホワイトハウス」でも使われているそうです。

どうして日本で、これほどドアホンは広まったのか?

インターホン

さてこれまでは、日本でのドアホンの歴史についてひも解いてきました。

ここからは、どうしてこれほど日本でドアホンが広まったかについて理由を探って行きましょう。

旅行ブームがドアホン拡大させた?

ドアホンの草分けであるアイホンの営業マンたちは、家庭用としてドアホンがなかなか受け入れてもらえない現実がありました。

しかし、業務用としてある業界に大量の売り込みに成功します…それは、旅館業界でした。

戦後日本は空前の旅行ブームとなり、熱海など有名温泉地には巨大旅館が続々オープンしました。

その中、宿泊客を担当する中居さんが足らなくなり、一々部屋を訪ねて御用聞きをしている暇が無くなってしまいます。

でも宿泊客の要望を聞かない訳には行かない…そこで目を付けたのが、アイホンのドアホンだったのです。

こうして、中居さん不足を補う魔法の杖としてアイホンは活躍することとなりました。

それと同時に、宿泊客が「あれ便利だったね。ウチも付けようか?」と口コミで広がり、アイホンのドアホンは次第に売れるようになったそうです。

悲惨な事件続発で高まった防犯意識

目出し帽と黒い服の男

1960(昭和35)年代以降、日本では幼児誘拐殺人や宅配便を装った強盗傷害事件が相次ぎました。

その中で呼び鈴だけでの玄関呼び出しは物騒極まりないとする考えが広まったとされています。

中でも宅配強盗が相次いだ1980(昭和55)年以降は、テレビカメラ付きドアホン普及に拍車が掛かったのだとか。

さらに1999(平成11)年の世田谷一家惨殺事件以降は、現在のドライブレコーダーの様な録画機能付きドアホンが広まるきっかけになりました。

現在では、ドアホン自体が電子キーの代わりをして、スイカや携帯をかざすと開錠するなど最新鋭の防犯機能を備えたドアホンが出回っています。

ドアホンは、いまや1000億円市場の商品

前述の通り、ドアホン製造業者の業界団体インターフォン工業会の統計で、2018年度の出荷金額は1000億円を超えたそうです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html