クレセント錠のおすすめと交換方法を徹底解説!クレセント錠の名称や種類は?防犯効果を強化する取り付け方と注意点もご紹介

通販サイトなどに書かれているレビュー内容も重要です。

どのような点に注意しないといけないかなどの情報が書かれています。

価格

1ドル紙幣

防犯対策を行うならある程度の費用をかけたいところ。

クレセント錠の価格をチェックし、購入するかどうか判断する必要があります。

クレセント錠の交換方法

寝室

まずはクレセント錠の上側のネジを取り外すところからスタート。

下側のネジから先に取り外すと後の作業に支障をきたす恐れがあるので注意しないといけません。

次に下側のネジを緩め、クレセント錠をずらします。

ちなみにビスを全部取り外してしまうと、裏板が落ちてしまいクレセント錠を取り付られなくなるからです

上側のネジ穴を出したら、本体をかまさないように外した上側のネジを取り付けます。

既存のクレセント錠を外した後、新しいクレセント錠を設置。

新しいクレセント錠を取り付ける際は下側のネジから裏板を固定します

下側のネジを完全に固定しないようにし、動きやすくするのがポイントです。

最後に上側のネジと下側のネジをきちんと取り付けたら完了。

クレセント錠を購入した際は取り付け方をしっかりチェックしておく必要があります。

防犯効果を強化する際のポイント

クレセント錠を取り付ける際、防犯効果をきちんと出さないといけません。

付け方が間違っていたりすると、空き巣などに狙われる可能性も上がってしまいます。

ここでは、窓の防犯対策として一体何を行えば良いかについて話します。

防犯ブザーの取り付け

防犯ブザーを取り付け、空き巣やストーカーが近づきにくくするのも効果的。

音量はどのくらいか強い光を発するかどうかなどをチェックし、家に合った防犯ブザーを選ぶことが大事です。

購入する際、音量を調整できるかどうかも知っておくと良いかもしれません。

防犯フィルムの貼り付け

クレセント錠を解錠されるもしくは壊されるのを防ぐために防犯フィルムを窓に貼り付けるのもありです。

窓ガラスが割れにくくすることで侵入する意欲を下げます。

面格子の取り付け

格子窓

面格子を取り付けるのもおすすめです。

外から覗かれにくくなるため、プライバシー保護を図りたいなら一度チェックしてはいかがでしょうか?

取り外しにくいタイプの面格子を選択するのがポイントです。

防犯ステッカーの貼り付け

防犯対策に費用をかけられない方にうってつけなのが防犯ステッカー。

防犯ステッカーには防犯カメラを設置しているなどさまざまな情報を知らせます。

空き巣やストーカーなど厄介な相手を近づきにくくするために貼ってみてはいかがでしょうか?

業者にクレセント錠の取り付けを依頼

クレセント錠を取り付けるのに慣れていないもしくは不安を感じている方も多いと思います。

防犯対策を行う一環として業者にクレセント錠の取り付けを依頼するのもありです。

依頼する際は実績のある業者かどうかチェックしておきたいところ。

補助錠の取り付け

窓に補助錠を取り付け、窓を解錠されにくくするのも防犯対策の一環です。

安価な物を多く発売されているので、心配な方は購入を検討すると良いかもしれません。

鍵穴付きのクレセント錠の検討

鍵穴付きのクレセント錠も存在しており、防犯対策を行う際は一度チェックしてはいかがでしょうか?

デメリットは鍵の管理をしないといけないことです。

クレセント錠に関する注意点

クレセント錠を取り付ける際、注意しないといけないことがいくつか存在します。

最後にクレセント錠の注意点を紹介するので防犯対策を行う上で参考にしてください。

クレセント錠のサイズなどを確認

クレセント錠のサイズやサッシの大きさなどを確認しないといけません。

サイズを間違えると、クレセント錠を買い直すなど後々面倒なことになります。

同じメーカーの型番があるとは限らない

通販サイトをチェックしている女性

クレセント錠を交換する際に注意しないといけないのが在庫の有無

場合によっては同じメーカーの型番のクレセント錠が無い場合も十分考えられます。

使っているクレセント錠に近いものを選ぶのがポイントです。

バネの劣化に注意

クレセント錠に使われているバネは経年劣化しやすく、防犯性を高めるためにバネを交換する必要が出てきます。

レバーを回した際にぐらつきを感じた際はバネの交換をおすすめします。

クレセント錠を交換するより安く済ませられるのがポイント。

使っているクレセント錠の状態を把握することが重要です。

向きを間違えないようにする

クレセント錠を取り付ける際はどの向きかをしっかり確認しないといけません。

間違えて付けてしまうとその分手間がかかります。

まとめ

リビング

クレセント錠は防犯対策を行う上でチェックしないといけない部分です。

窓から侵入してくる空き巣は皆さんが思っている以上に多く、自分は大丈夫だろうと思っていると痛い目を見ます。

防犯性能の高いクレセント錠に交換するのはもちろん、防犯フィルムなどを組み合わせるのも大事

これを機に防犯対策を進めようと感じて頂けたら幸いです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html