ぼったくり居酒屋にひっかからない対策法を徹底解説!ぼったくり居酒屋の特徴と見分け方は?入店した場合の対処法も確認しよう

夜になると安い値段で楽しくお酒を飲める場が居酒屋です。

しかし居酒屋の中にも法外な値段を請求される「ぼったくり居酒屋」があります。

ただ事前に対処法を知っていれば、ぼったくりに遭うことはありません。

今回はぼったくり居酒屋に遭わない対策法をいろいろとご紹介します。

ぼったくり居酒屋の特徴とは

酒瓶とワインの瓶

せっかく居酒屋へ飲みに来たのに、そこでぼったくられては楽しい気分が台無しです。

だからこそぼったくり居酒屋は何としても避けたいところでしょう。

まずぼったくり居酒屋とはどのようなところなのでしょうか。

ぼったくり居酒屋の主な特徴として、以下のようなものが挙げられます。

少し高めのお金を請求する

レシート

ぼったくり居酒屋の特徴といえば、やはり相場より高いお金をぼったくる点です。

ただしぼったくるとはいえ、キャッチバーのように数十万円を請求するわけではありません。

具体的には、1万円または2万円程度のお金をぼったくるのが特徴です。

このようにイメージに比べると驚くほど少額といえます。

ただ誰もが金額に関係なくお金をぼったくられたくないものであるため、警戒は大切です。

キャッチを使って呼び込む

またぼったくり居酒屋は、繁華街でキャッチ(客引き)を使って呼び込みます。

東京であれば新宿の歌舞伎町、大阪であれば道頓堀で客引きにあった方も多いでしょう。

基本的に繁華街で客引きしている場合、ぼったくり居酒屋である可能性が高いです。

客引き禁止条例があるにもかかわらず客引きしてくるのであれば、より注意すべきでしょう。

料金がはっきりしていない

普通の居酒屋と異なり、ぼったくり居酒屋は料金がはっきりしません

これは後からさまざまな名目でお金を請求してぼったくるためです。

逆にあらかじめ料金を明記すると、その金額以上のお金を請求しにくくなるためともいえます。

だからこそ料金がはっきりしないお店には近寄らないことが大切です。

ぼったくり居酒屋で行われるぼったくり行為の実態とは

言い争う男性と女性

ぼったくり居酒屋に誘われてトラブルに巻き込まれると、どのようなことになるのでしょうか。

実はぼったくり居酒屋がお金をぼったくる手口は、かなり狡猾です。

ぼったくり居酒屋が行うぼったくり行為の実態は、以下の通りになっています。

街中で客引きに誘われる

ぼったくり居酒屋に行く羽目になる第1歩が、街中で客引きに誘われるところです。

店を探しているようなそぶりを見せると、いろいろと誘いをかけてきます。

口調はとても親しく人懐こい感じであるため、キャッチの話に魅かれるケースも多いです。

そしてキャッチの話に乗ると、ぼったくり居酒屋に案内されることになります。

席料やサービス料、お通しを理由に料金が膨れ上がる

ビールを運ぶウェイター

ぼったくり居酒屋の特徴に、料金体系の不明瞭さがあることは先ほども触れました。

このため店側はさまざまな理由を付けて、名目ごとにお金を加算していきます。

具体的には座席の席料やサービス料、お通しの代金などの名目です。

また最低の注文数が決まっていることを理由に、割高な料理を注文させることもあります。

よりたちが悪い場合、料理をどんどん持ってこさせることもあるために注意が必要です。

店舗により脅迫や監禁行為を受ける

店舗によっては高い金額を請求したうえ、支払えないと脅迫や監禁することもあります。

威圧的な言葉などで恫喝するケースや、払うまで何時間でも閉じ込めるケースなどです。

警察沙汰になるこれらの行為を平気で行う店舗の噂を聞いたら、より注意が必要でしょう。

ぼったくり居酒屋対策として事前にできること

お断り

高いお金をだまし取られたうえ、怖い思いをすることもあるぼったくり居酒屋。

ぼったくり居酒屋にうまく対処するにはどうすれば良いのでしょうか。

実は以下のような事前に打てる対策もあります。

食べログなどグルメサイトをチェック

最初に挙げられる方法が、食べログなどのグルメサイトをチェックすることです。

ぼったくり居酒屋については、口コミのコメントが少ないのが特徴になっています。

これは店側が頻繁に名前を変えるなどして、追跡されにくくしているためです。

このため、かえって検索されにくい分、コメントなどが付きにくくなっています。

居酒屋でやたらとコメント数が少ない店舗は避けるべきです。

予約なしで繁華街で飲まないようにする

また繁華街で飲む際も、予約なしで入らないことも対策になります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html