スピード違反で逮捕されて後悔しないための対策法を徹底解説!厳しい処分や取り締まりの理由をスピード違反の危険性からチェック

普段の生活で自動車を使っていると、知らぬ間にスピードを出していることがあります。

極端でなければ問題はないものの、警察から処分を受けた場合は大変です。

しかもスピード違反は非常に危険で、人命を奪うこともあります。

だからこそ普段から安全運転を心がけることが大切です。

今回はスピード違反対策について、いろいろと見ていきます。

スピード違反は交通違反でも最も多い

車で道路を走っているとき、路上で警察官が聞き取りをする場面に出くわすことがあるでしょう。

警察官が路上で聞き取りを行う目的は、事故の現場検証やスピード違反などさまざまです。

中でもスピード違反は、交通違反の中でも最も多く発生しています。

『警察白書』によれば、2019年度で発生した交通違反は約730万件です。

このうちスピード違反に関するものは約114万件で、全体の約16%となっています。

16%という数字は高くなく見えるでしょう。しかし年間100万件以上発生しているため、他人事ではないという意識が大切です。

スピード違反への対策としてできることとは

夜間のドライブ

スピード違反で警察の取り締まりを受け、処分されるというのはなるべく避けたいことでしょう。

だからこそ普段から車のスピードには気を付けるべきです。しかし具体的にできることに何があるのでしょうか。

スピード違反への対策としては、以下のようなものが挙げられます。

時間に余裕をもって運転する

スピード違反の対策として最初に挙げられるのが、時間に余裕をもって運転することです。

スピード違反で処分される原因の中には、途中で急いでいたというものもあります。

それがいくら仕事や通学を理由にしたものであっても、残念ながら警察の処分は免れません

このため時間に余裕を持つことが大切です。早めに出発したり、場合により高速道路を使ったりする方法があります。

最高速度の標識に気を配る

一般道や高速道路に関係なく設置されている最高速度の標識に気を配ることも重要です。

特にカーブが多いところや街中などは最高速度が変化することもよくあります。

その中で最高速度を常に意識して走ることで、スピード違反を避けることが可能です。

なお高速道路の場合は、最高速度に加えて50㎞以上の最低速度を維持することも求められます。

最新の取り締まり情報を意識

このほか最新の取り締まり情報を意識することも、スピード違反を避ける重要なコツです。

最新の取り締まり情報は、都道府県警察のホームページやカーナビなどで確認できます。

警察のサイトで確認することが難しい場合は、カーナビが伝える情報に注意を払うべきでしょう。

また全国交通安全運動展開中の時期や大型連休の時期も要注意です。

スピード違反は危険性が大きい分、処分も厳しめ

腕を組む警官

スピード違反は一見、最高速度をいくらかオーバーした程度の行為に見えます。

しかしその割に、スピード違反に対する取り締まりや処分は厳しい内容です。

具体的な内容は後で見るとして、なぜスピード違反に対する処分が厳しいのかを見ていきます。

スピード違反の処分が厳しい理由は簡単で、場合により人命を奪うためです。

具体的にはスピードが出すぎていると、車が停車する際に時間がかかります。

時速60㎞の場合でさえ、約40m走ってようやく止まる状況です。

猛スピードで走っている場合、目の前に人が現れれば相手を負傷・死亡させることもあります。

1つ間違えれば殺人にもなりかねないからこそ、スピード違反の取り締まりや処分は厳しいです。

一般道と高速道路で異なるスピード違反での処分内容

事故現場と警官

もしスピード違反で警察から処分を受ける場合、どのような内容になるのでしょうか。

実はスピード違反による処分の内容は、走っている道路や超過速度によりさまざまです。

処分の内容をあらかじめ知ることもまた、スピード違反への対策になります。

道路によって最高速度が異なる分、処分内容が異なる

スピード違反による処分の内容は、道路ごとの最高速度について知ることが大切です。

基本的には一般道で60㎞、高速道路で100㎞となっています。

ただし一般道については、場所によって60㎞以外のケースも多いです。

そしてスピード違反の処分内容は、最高速度に対する超過速度に応じて決まります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html