シェアハウスでのトラブルを回避する対策法を徹底解説!トラブルの原因や事例は?共同生活で守るべきルールと相談先もご紹介

  • 2020年4月21日
  • 2020年5月12日
  • 未分類
  • 195view

1つの住居を複数人で供給するシェアハウス。

生活費を安く抑えたいまたは引越しを楽に済ませたいという方の中にはシェアハウスでの生活を検討している方もいるのではないでしょうか?

シェアハウスでの共同生活を送る際、トラブルに巻き込まれないようにすることが大切です。

今からシェアハウスでのトラブルについて話を進めていきます。

シェアハウスの主なトラブル

まずはシェアハウスでの共同生活で一体どのようなトラブルが起こり得るか紹介します。

シェアハウスを初めて利用する方は是非一度チェックしてください。

食べ物に関するトラブル

ゼリー

買っておいた食べ物が誰かに食べられる可能性もゼロではありません。

場合によっては人間関係の悪化につながるため、注意が必要です。

賞味期限切れの食べ物が入っているなどのトラブルも報告されています。

人間関係に関するトラブル

恋愛やセクハラなど人間関係に関するトラブルにも注意したいところ。

ケンカやいじめが起きると、周囲に迷惑をかけてしまいます。

最悪の場合は入居者が退去してしまう場合もあります。

シェアハウスに長期間過ごすなら人間関係を上手く築くのが大事です。

騒音に関するトラブル

電源の入ったテレビ

騒音もシェアハウスで起こりがちなトラブルの1つ。

ニュースなどで騒音に関する事件を目にした経験が一度はあるのではないでしょうか?

シェアハウスによっては防音性能が高くない可能性があります。

テレビのボリュームなどに配慮しないといけません。

また、入居者が発する音に悩まされる方もいます。

掃除に関するトラブル

掃除を行っている様子

シェアハウスで注意しないといけないものの1つが掃除。

誰かが掃除をサボるのはもちろん、掃除が雑で汚い状態になっている可能性もゼロではありません。

文化の違いに関するトラブル

海外の方が入居している場合、文化の違いに注意が必要です。

文化の違いによるトラブルも起きており、人によっては耐えられないかもしれません。

海外の方が多く入居しているシェアハウスに入居するかどうかしっかり検討したいところ。

犯罪

ポケットに入ったお札

窃盗などの犯罪に関するトラブルも報告されています。

シェアハウスに入居する目的は人それぞれ。

場合によっては犯罪目的でシェアハウスに入居する方もゼロではないです。

貴重品の管理などをしっかり行わないといけません。

また、何かあった際は管理人や警察に相談するなど素早く対応できるかどうかが重要です。

トイレや風呂に関するトラブル

トイレや風呂を好きな時間に使えない可能性があります。

利用時間をチェックするのはもちろん、トイレを早めに済ませるのも大事。

物件そのものに関するトラブル

浴室

物件そのものが問題という声も耳にします。

シャワールームが狭い共用部が狭いなどいろいろな声が挙がっています。

部屋の広さなどをしっかり確認しないで入居を決めるのはNGです。

シェアハウスのトラブルの原因

どうしてシェアハウスでトラブルが起きるのか疑問に感じている方も多いのでは?

シェアハウスでのトラブルを1つでも多く避けるためには原因を知っておかないといけません。

ここでは、シェアハウスでトラブルが起きる原因について話します。

入居者の不注意

他人の食べ物を食べてしまうなどのトラブルは入居者の不注意によって起きる場合があります。

食べ物に名前を書くなどの対策が必要です。

入居者の配慮の無さ

ゲームを楽しんでいる様子

騒音や共用部の扱いの雑さは入居者の配慮が欠けていることが原因の1つに挙げられます。

他人への配慮が欠けた入居者とどのように接していくかがシェアハウスで生活を送る上で1つの課題になります。

文化や価値観の違い

海外の文化や価値観の違いを受け入れられないこともシェアハウスでトラブルが起きる原因。

ですが、自分がどれだけ文化や価値観の違いについて寛容になれるかもトラブルを避ける際のポイントになります。

物件の構造

物件の構造に欠点があるのもトラブルが起きる原因。

防音性能を考えていないをはじめ、洗濯機が1台のみなど入居者のことを考えていない物件が存在します。

物件のセキュリティ

防犯カメラ

物件の防犯性能が低いのもトラブルが起きる原因です。

入居を決める前に防犯性能が高いかどうかチェックしないといけません。

シェアハウスの審査が不適切

窃盗などの犯罪を起こす方が入居する理由にシェアハウスの審査が不十分であることが考えられます。

入居時の審査が適切であったかどうか確認した上で入居を決めることをおすすめします。

シェアハウスのトラブルの事例

シェアハウスのトラブルに関する事例を1つでも多く知っておきたいところ。

ここでは、いくつか事例を紹介するのでシェアハウスでのトラブル対策の参考にしてください。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html