無断駐車の張り紙の書き方と例文|違法駐車を防ぐ効果的な警告文

勝手に駐車場や私有地に車を停める、いわゆる無断駐車。

無断駐車を注意すると中には文句を言ってくるドライバーも居ますから、できれば最初から駐車をされない方が無難です。

しかし無断駐車をされないようにと考えても、結果無断駐車をされてしまうという事も少なくはありません。

そこで今回は、無断駐車の対策と、注意等のしかたについてみていきましょう。




無断駐車の対策は?

タクシー
無断駐車をしっかりと対策をしていくために必要な事は、やはり無断駐車をしないでほしいという事を知ってもらう事です。

しかしどのようにすると無断駐車をしないでほしいという事を、知ってもらうことができるのでしょうか。

駐車違反の貼り紙

ノーサイン駐車違反を防ぐ一番の方法としてよく見かけるのは、駐車違反の貼り紙を貼り紙を貼るという物です。

駐車禁止の文字とともに、罰金などの情報を書いておくと少しは駐車違反の抑止になります。

貼り紙による駐車禁止の防止は、簡単で素早く行う事ができる為、今から対策をしたいという人にはおすすめです。

しかし紙では飛ばされてしまうなど、耐久性の問題もありますので長期的に防止したい場合には不向きです。

紙による駐車違反の防止対策を行う際には、数か所に見えやすく貼る事が大切です。

駐車違反の看板

駐車禁止

よく月極の駐車場などで見かけるのが、駐車違反の看板です。

看板によって駐車違反を防止しようとする場合に、まずは看板を作る必要があります。

このため、看板を作るために費用が掛かる、時間がなどのデメリットがありますので、簡単に設置する事は難しくなります。

しかし看板での駐車違反の対策には、紙とは違って簡単にはできないというデメリットがある反面、長持ちしやすいというメリットがあります。

風や雨に強く、長期間にわたって駐車禁止を周知できる看板ですから、目につきやすい場所に設置をするようにしましょう。

駐車違反の場所にカラーコーンを設置する

カラーコーン

駐車違反が減らない場合の対策としてカラーコーンを設置するのも、一つの手段です。

駐車できるスペースがあるから駐車をすると言う人も多くいます。

物理的に駐車できるスペースを塞いでしまうと駐車ができないため、駐車違反が減る傾向があります。

カラーコーンならば、ホームセンターなどにありますし、比較的安価で購入できますので、コスト的にも安く抑える事が可能です。

劣化した看板は取り換える

駐車違反 看板

看板や備品を使って駐車違反の防止を行う際に、劣化した状態で放置をしてしまうと、それが駐車違反の原因になってしまう事があります。

劣化した看板や備品は、単純に管理者がしっかりと管理をしていないという風に見られてしまうので駐車違反が増えてしまう原因になります。

ですから劣化した看板や備品があればすぐに取り換える事が大切です。

関連違法駐車されたときの対応方法は?張り紙の注意事項や予防策は?




警告文や張り紙の書き方

説明 女性

看板や張り紙を設置する際に、難しい言い回しをしてしまうと駐車違反者に対して、何を伝えたいのかわからなくなってしまう事があります。

そうなってしまうと、せっかく設置した看板や張り紙が無駄になってしまう事がありますので、しっかりと書き方を知っておくことが大切です。

特に情報量の多い看板や張り紙は直感的にダメだという事が頭に入りにくくなってしまいます。

駐車禁止と文字を大きくし罰金の金額と管理者の電話番号を書く程度にしましょう。

警察に通報の旨を書き込もう

パトロールカー,警察看板や貼り紙内で見つけしだい警察へ連絡する旨も書き加えておくと、駐車違反を見つけた際にスムーズに解決できますのでおすすめです。

またすでに違法駐車を行っている車に貼り紙を貼る場合には、ナンバーを撮影している旨等を書いておく事をおすすめします。

この様に対応をすると車の所有者も慌てますし、次から駐車をしなくなります。

看板などの例文は?

書いている人

看板などの文字の情報量を少なくすると良いとお話しましたが、どのような文章を書けばいいの?と思う人も多いですよね。

例としては、「駐車禁止!見つけ次第警察へ連絡いたします」と書き車輪を施錠し罰金を取る旨を書くと良いでしょう。




駐車禁止の看板や張り紙の効力は?

手・質問そもそも駐車禁止の張り紙や駐車禁止の看板には効力はあるのでしょうか。

というのも、基本的に駐車禁止と個人で看板を立てたとしても基本的には道路交通法の適用範囲外となってしまうからです。

看板に罰金と書いた場合に本当に罰金がとることができるのかという事も含めてみていきましょう。

罰金は私刑?

お金

駐車禁止を促す看板で歌われている罰金ですが、基本的にこの場合法的には何の根拠もありません。

そのため、この場合の罰金は基本的に私刑扱いになってしまい、効力を持たない為罰金を取ることはできません。

そもそも日本国憲法の第31条において私刑は禁止されているため、罰金を取った側が訴えられてしまうなんてことになりかねないのです。

何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
引用:日本国憲法 第三十一条

賠償金は取れる

指 人差し指 ジェスチャー罰金として駐車違反金を請求するのは、私刑になってしまうためできないとお話しましたが、損害賠償としての請求は可能です。

民法の第709条では次のように書いてあります。

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
引用:民法 第七百九条

これは簡単に言うと迷惑料といった物なので駐車違反によって被った迷惑料を請求できるという物です。

しかし損害賠償の場合には、金額の算出が難しいため民法的に看板や貼り紙に書いてある金額を請求する事は出来ない事も多くあります。

基本的に駐車されていた時間などから算出される金額の場合が多いので、罰金をその場でもらうのはむずかしいでしょう。




私有地に無断駐車をされてしまった時の対処法

無断駐車で困るのは何といっても、私有地に無断駐車をされるという時です。

特に個人で注意をすると、口論になってしまうケースもありますし、それが原因で加害者になってしまう可能性もあります。

そこでどのように対処をしたら良いの?という人も多いかと思いますが、一番手っ取り早く解決できるのは、警察に連絡をするという事です。

長期で無断駐車をしている場合には、裁判所などに所有者の開示をしてもらう事ができます。

そのため、内容証明を送ると良いという人も少なくはありません。

しかし内容証明には受け取りを拒否されてしまうと効力を発揮できませんので、無意味なものになってしまいます。

そこで警察に電話をして対応をしてもらうと良いでしょう。

警察に対応をしてもらうと相手も大人しく車を動かさなければいけません。

私有地に無断駐車をされてしまった時の注意点は?

車 進路妨害 駐車違反

私有地に無断駐車をされた場合に、どのような注意をする事が必要なのでしょうか。

上述したように日本の憲法では私刑が許可されていませんので、自分で直接取り締まってしまう事ができないので注意が必要です。

特に無断駐車の車のガラスに貼り紙をするとガラスのコーティングが剥がれたとして訴えられてしまう可能性があります。

また、タイヤロックをしてドライバーを待たせてしまうと車を動かせないとして訴えられてしまう可能性もあります。

そのためできるだけ個人で取り締まる事をしないようにしましょう。

感情に任せて対応を誤ると、本来被害者のはずのオーナー側が加害者となってしまい、無断駐車したドライバーから訴えられるケースもあるため注意が必要です。
引用:無断駐車への対応方法とは?知っておきたいNG行為も紹介

まとめ

車 タイヤロック

今回無断駐車の対処法についてご説明しましたがいかがだったでしょうか。

基本的に日本の憲法で私刑が禁止されている以上個人的に取り締まり罰金を取るという事は逆に訴えられてしまう可能性があります。

ですから個人的に罰金を取ることは、控えるようにしておくと良いでしょう。

頻繁に無断駐車をされ、本当に迷惑な場合には一度写真などで証拠を押さえたうえで警察に相談をするようにしましょう。

関連ドライブレコーダーの活用事例|意外な使い方も紹介!




本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html