無断駐車対策を徹底解説!警告文や張り紙の書き方や例文・効力は?私有地に無断駐車された場合の正しい対処法と注意点もチェック

勝手に駐車場や私有地に車を停める、いわゆる無断駐車。

無断駐車を注意すると中には文句を言ってくるドライバーも居ますから、できれば最初から駐車をされない方が無難です。

しかし無断駐車をされないようにと考えても、結果無断駐車をされてしまうという事も少なくはありません。

そこで今回は、無断駐車の対策と、注意等のしかたについてみていきましょう。

無断駐車の対策は?

タクシー
無断駐車をしっかりと対策をしていくために必要な事は、やはり無断駐車をしないでほしいという事を知ってもらう事です。

しかしどのようにすると無断駐車をしないでほしいという事を、知ってもらうことができるのでしょうか。

駐車違反の貼り紙

ノーサイン駐車違反を防ぐ一番の方法としてよく見かけるのは、駐車違反の貼り紙を貼り紙を貼るという物です。

駐車禁止の文字とともに、罰金などの情報を書いておくと少しは駐車違反の抑止になります。

貼り紙による駐車禁止の防止は、簡単で素早く行う事ができる為、今から対策をしたいという人にはおすすめです。

しかし紙では飛ばされてしまうなど、耐久性の問題もありますので長期的に防止したい場合には不向きです。

紙による駐車違反の防止対策を行う際には、数か所に見えやすく貼る事が大切です。

駐車違反の看板

駐車禁止

良く月極の駐車場などで見かけるのが、駐車違反の看板です。

看板によって駐車違反を防止しようとする場合に、まずは看板を作る必要があります。

このため、看板を作る作るために費用が掛かる、時間がなどのデメリットがありますので、簡単に設置する事は難しくなります。

しかし看板での駐車違反の対策には、紙とは違って簡単にはできないというデメリットがある反面、長持ちしやすいというメリットがあります。

風や雨に強く、長期間にわたって駐車禁止を周知できる看板ですから、目につきやすい場所に設置をするようにしましょう。

駐車違反の場所にカラーコーンを設置する

カラーコーン

駐車違反が減らない場合の対策としてカラーコーンを設置するのも、一つの手段です。

駐車できるスペースがあるから駐車をすると言う人も多くいます。

物理的に駐車できるスペースを塞いでしまうと駐車ができないため、駐車違反が減る傾向があります。

カラーコーンならば、ホームセンターなどにありますし、比較的安価で購入できますので、コスト的にも安く抑える事が可能です。

劣化した看板は取り換える

駐車違反 看板

看板や備品を使って駐車違反の防止を行う際に、劣化した状態で放置をしてしまうと、それが駐車違反の原因になってしまう事があります。

劣化した看板や備品は、単純に管理者がしっかりと管理をしていないという風に見られてしまうので駐車違反が増えてしまう原因になります。

ですから劣化した看板や備品があればすぐに取り換える事が大切です。

警告文や張り紙の書き方

説明 女性

看板や張り紙を設置する際に、難しい言い回しをしてしまうと駐車違反者に対して、何を伝えたいのかわからなくなってしまう事があります。

そうなってしまうと、せっかく設置した看板や張り紙が無駄になってしまう事がありますので、しっかりと書き方を知っておくことが大切です。

特に情報量の多い看板や張り紙は直感的にダメだという事が頭に入りにくくなってしまいます。

駐車禁止と文字を大きくし罰金の金額と管理者の電話番号を書く程度にしましょう。

警察に通報の旨を書き込もう

パトロールカー,警察看板や貼り紙内で見つけしだい警察へ連絡する旨も書き加えておくと、駐車違反を見つけた際にスムーズに解決できますのでおすすめです。

またすでに違法駐車を行っている車に貼り紙を貼る場合には、ナンバーを撮影している旨等を書いておく事をおすすめします。

この様に対応をすると車の所有者も慌てますし、次から駐車をしなくなります。

看板などの例文は?

書いている人

看板などの文字の情報量を少なくすると良いとお話しましたが、どのような文章を書けばいいの?と思う人も多いですよね。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html