スーツケースベルトの必要性と選び方を徹底解説!狙われやすいスーツケースの特徴は?安全性を高める付け方とおすすめもご紹介

旅行に行くときはスーツケースを持っていく方が多いと思います。しかし旅行先で荷物を盗られてしまうトラブルが後を絶ちません。

大切な荷物を守るために持っておきたいのが、スーツケースベルトです。この記事ではスーツケースベルトの必要性と選び方をご紹介します。

安全性を高める付け方もご紹介するので、旅行の準備の一環として確認しておきましょう。

狙われやすいスーツケースの特徴

空港にあるスーツケース

荷物の盗難や物色は、スーツケースの見た目が被害の糸口になります。そこでまずは、狙われやすいスーツケースの特徴をご紹介します。

自分の持っているものは大丈夫か、確認してみてください。

ブランド物

ブランド物のバッグに惹かれる方は多いと思います。しかしそれは犯人にとっても魅力的に見えるものです。

ブランド物のスーツケースはそれだけで価値があります。

さらに高級なバッグを持っていることから、持ち主も裕福な人である可能性が高いと考えられます。

「スーツケースの中にも高級なものがあるに違いない」とターゲットにされやすくなります。

ベーシックなデザイン

シンプルすぎるデザインのスーツケースも狙われやすいです。黒や紺、シルバーで無地のスーツケースは大勢の人が持っていると思います。

同じようなスーツケースがたくさんあると、そのうちの1つがなくなった時になかなか気づくことができません。

目立たないという点から、盗難の被害に遭いやすくなります。また盗難だけでなく、取り違えなどのリスクも高まってしまいます。

ベーシックなデザインのスーツケースは使いやすいかもしれません。しかし目印などは付けておくことをおすすめします。

日本人の持ち物

japan, japanese, map

世界的に見ると、日本は裕福な国です。また治安も良いため、海外の人からは防犯の意識が薄いという印象を持たれがちです。

そのため日本人は、海外で犯罪のターゲットになりやすいといわれています。スーツケースの盗難においても同様です。

高級なものを持っているという認識から、日本人の荷物は狙われやすくなります。ネームタグなどに日本人とわかる表記をするのは控えましょう。

スーツケースベルトは必要?

疑問を浮かべている女性

狙われやすいスーツケースの特徴に該当しないからといって、盗難のリスクがないとは言い切れません。

そこで防犯性を高めてくれるのがスーツケースベルトです。

荷物を航空会社に預けるなど、自分の手を離れる機会のある旅行ではスーツケースベルトがあった方が良いといえます。

なぜ必要なのか、3項目に分けて説明します。

衝撃に強くなる

スーツケースベルトをすることで、スーツケースの強度が上がります。

航空会社に預けた後の荷物は、やや乱暴に扱われることがあります。大量の荷物を素早く処理しなければならないためです。

他の荷物との衝突や置いた時の衝撃で、スーツケースの鍵が開いたり壊れたりすることもあります。

しかしスーツケースベルトがあれば、万が一本体の鍵が開いてしまっても安心です。ベルトが荷物の飛び出しを防いでくれます。

狙われにくくなる

スーツケース

スーツケースベルトを巻くことで、荷物の開け閉めに手間がかかります。一見デメリットのようですが、盗む側の目線で見るとどうでしょうか。

開けるのに手間取るようなスーツケースを、わざわざ選ぶことはないと思います。スーツケースベルトは窃盗の抑止力にもなるということです。

目印になる

スーツケースベルトには様々なデザインがあります。そのため目印として利用することもできるのです。

先ほどシンプルなデザインのスーツケースは、盗難や取違えのリスクがあると説明しました。目印があれば取違えの可能性は減ります。

誰の物かが特定できる荷物は、狙われにくくもなります。防犯面でもスーツケースベルトによる目印は有効です。

スーツケースベルトの選び方

値段

euro, seem, money

スーツケースベルトの価格帯は500円台から2,000円台です。やはり値段の高いものほど頑丈で、機能性が高くなります。

しかし先ほど説明したように、スーツケースは旅程で乱雑に扱われることもあります。

頑丈なスーツケースベルトでも切れたり、壊れたりすることが多いです。そのため、買い替えやすい安価なものを選ぶのがおすすめです。

色々なデザインがあるので、安いものをいくつか準備して使いまわしても良いと思います。

固定の仕組み

スーツケースベルトには、いくつか種類があります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html