台パン破壊のリスクを徹底解説!ゲーセンやパチンコ・パチスロでの台パン破壊の処罰や弁償金額は?台パンする人への対処法も紹介

パチンコ店やゲームセンターでよく目にする台パン(遊技機を叩く行為)は他人に迷惑や不快な思いをさせる行為です。

ゲームやパチンコ・パチスロの展開が思い通りにならず、溜まったイライラを物理的な攻撃で台に向ければ機械は破損します。

そんな台パン破壊をしたときのリスクをここで解説していきます。

台パン破壊のリスク

禁止する人

台パンでゲーム機やスロット・パチンコ台を破壊してしまったときのリスクについて、ここで紹介します。

出入り禁止になる

パチンコ店やゲームセンターには店内でのルールが目につきやすいところに掲示されています。

そこには「台を叩いたり揺らしたりする行為を禁止する」という内容の条項が必ずあります。

台パンの程度によっては、店員からの注意だけで済むことも多いです。

しかし、台が壊れるほどの強打をすれば、たちまち出入り禁止の宣告を受けます。

まず、事務所に連れて行かれ店長などその店で大きな権限を持った人と話し合いの場が持たれます。

きちんと謝罪をし、反省の態度をみせれば、話はスムーズに進み身分証明書の提示とともに誓約書を書くと帰ることができるという流れです。

出入り禁止を宣告する基準はホールごとで違い、台パンで破壊するほど機械を強打しても反省していなければ警察を呼ばれることもあります。

台パン破壊をしてしまったら、壊してしまったことを反省し、きちんと謝罪することが大切です。

状況によっては二度としないことを条件に、出入り禁止を免れることもあります。

弁償金の支払い

他人の所有物(ゲーム機やパチンコ・パチスロ機)を破壊すれば、弁償しなくてはなりません。

請求される弁償金の計算方法は、パチンコ店ごとに違い弁償無しというホールも少なくないようです。

明確にどの部分を破損にしたら〇〇円と決まっていることもあれば、状況によってその場で店長が決めるというホールもあります。

破損した部位を修理するのにかかる金額の例としてスロットの下部にあるパネルなら1万円程度、液晶部分なら10万円前後です。

パチンコの台のガラスを割ってしまったら、1万~数万円とメーカーや機種によって値段は大きく変わります。

また、被害が外枠だけで済まなかった場合は、本体の価格を支払う必要があります。

パチンコ・パチスロの台はとても高価なもので、全壊状態ならば請求される金額はとても高額です。

台にイライラをぶつけた結果、負けた金額の何倍ものお金を支払うということになりかねません。

ケガをする

素手でガラスやプラスチックが割れる程強打すれば、叩いた手にかかるダメージはとても大きなものです。

また割れたガラスやパネルのプラスチックなどで切れて出血することも少なくありません。

台パン破壊で科せられる処罰は?

ゲーム機やパチンコ・パチスロ機を台パンで破壊したときに科せられる処罰について、ここで解説していきます。

器物損壊罪

businessmen, office, silhouettes

刑法261条で定められている器物損壊罪の条文には、「他人の所有物を破壊した場合」という文言が書かれています。

台パン破壊はこれに当てはまります。ただし、この器物損壊罪は親告罪なので、ホールが警察に届け出ないと成立しません

「謝罪や反省をしない」「あきらかに壊そうとした」「壊して逃げる」などといった悪質な場合以外は警察の介入なしで解決することも多いです。

器物損壊罪の刑罰は「3年以下の懲役または、30万円以下の罰金もしくは科料」となっています。

科料は罰金と同じ財産刑で、10,000円未満ならば科料、それ以上は罰金と支払う金額の違いだけです。科料も罰金も刑罰なので、前科はつきます

告訴されないようにするためには、台パン破壊したあとの態度が重要です。

台パンで機械を破壊してしまったときには、事務所に連れて行かれ店長などホールの中で大きな権限を持っている人と話し合いの場が持たれます。

そのときにきちんと謝罪と反省をし、提示された弁償金の支払いに応じるなど心証をよくすることが大切です。

損害賠償

euro, seem, money

パチンコ・パチスロを台パンで破壊すると、修理が終わるまでその台の稼働は停止します。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html