白タクでトラブルに巻き込まれない対策法を徹底解説!白タクの特徴や違法性・利用した場合のリスクは?発見時の通報先もご紹介

タクシー事業は道路運送法に定められています。タクシーは一般乗用旅客自動車運送事業として運営されており私たちが利用できるのです。

しかし、道路運送法に定められていない違法車が存在します。

そんな「白タク」にうっかり乗ってトラブルなどに巻き込まれないよう、対策法などを見ていきましょう。

白タクでトラブルに巻き込まれない対策法

海外旅行の時はより警戒する

airport, transport, woman

日本にも白タクはいますが、海外と比べるとかなり少ないです。

つまり、海外旅行の際は白タク被害に十分注意する必要があります。

声をかけやすい雰囲気である日本人は白タクから狙われやすいです。

「タクシーをお探しですか」と彼らは一見親切に話しかけてきます。

そのタクシーが違法営業で、乗ったら遠回りをされ法外な値段を請求されるケースがあるのです。

普段は意識することも少ない白タクという存在ですが、海外に行くのなら必ず頭に入れておきましょう。

海外旅行で配車アプリを利用しない

iphone, smartphone, apps

予約から支払いまでアプリで済むなら便利だと考え、そのようなアプリを利用したとします。

このアプリの運営者が白タクに関わっている可能性は少なくありません。

一見普通の配車アプリに見えても、運転手が無資格であることが隠されていたりします。

運転手たちも客を多く取りたいので、感じの良い態度で私たちにサービスします。

しかし、違法なものは違法です。配車アプリは念のために利用しない方がよいでしょう。犯罪に関わるリスクを減らせます。

飲酒後など判断力が鈍る時は注意

alcohol, hangover, event

日本にも銀座などに白タクがいます。

主に中国人が訪日中国人に向けてサービスを提供しているのですが、日本人を乗せることもあります。

クラブ帰りの富裕層を集めて一気に送迎するのです。

このように飲酒の後に声をかけられ、うっかり白タクに乗ってしまったというパターンも起こりえます。

普段なら怪しいと思えても飲酒後はどうしても判断力が鈍ってしまうからです。

ですので、普段からタクシー運転手から声をかけられたらナンバープレートの色を見るのを習慣にしましょう。

さらに「安くする」と言われたときは警戒してください。

そうしておけば、飲酒後に白タクに乗ってしまうリスクも減らせます。

白タクの特徴

ナンバープレートが白

buildings, car, city

自家用車を使用しているため、白タクはその名の通りナンバープレートが白いです。

一般旅客自動車運送事業として営業許可を得ている通常のタクシーは、緑色のナンバープレートを車両につけています。

彼らは正しい教育を受け資格を有しています。国土交通省から認められているのです。

しかし、白タクは個人が勝手に客をとっているだけなので教育も資格もありません。ただ違法な存在であるといえます。

中国人の運転手・利用者が多い

car, traffic, man

中国は配車アプリが普及しており、タクシーに相乗りする文化もあります。

中には訪日中国人のためのアプリもあるのですが、これが違法であるケースがあるのです。

訪日中国人がアプリで無許可に営業している白タクを手配し利用するとしましょう。金銭の支払いもアプリ上で行います

この場合は警察などが怪しいと気づいても「友達を乗せているだけ」と言い逃れできるケースが多いです。

この言い逃れは日本人を乗せたときや、多くの人を送迎した場合も用いられます。

闇営業であるという証拠がこれといってなく、取り締まりが難しい違法行為が白タクなのです。

白タクの違法性

国土交通大臣の許可を得ていない

no symbol, prohibition, sign

白タクは、国土交通省の許可を得ておらず一般乗用旅客自動車運送事業からも除外されるものです。

日本にいる多くの白タクは安価で利用できることを売りにしていますが、無許可なので本来なら一円でもお金を取ることは許されません。

「旅館の送迎なども無許可じゃないか」という疑問があるかと思いますが、そのような場合は料金が発生しないように定められています。

お客さんを乗せて対価としてお金をもらう行為は道路運送法に定められたタクシー事業だからできるのだといえます。

れっきとした法律違反

handcuffs, black, criminal

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html