ソフト闇金の特徴と危険性とは? | 貸し付けの金利や条件を紹介

親切を装って法外な利子で消費者に融資を行う、「ソフト闇金」をご存知でしょうか。

ソフト闇金は、通常イメージされる強面な外見で債務者を追い込む闇金とは異なり、普通の従業員の装いで愛想よく私たちに近づいてきます

一見すると闇金だと分かりにくいため、何も知らずに手を出してしまい被害に遭ってしまったというケースも報告されています。

しかしソフト闇金と一口に言っても、その違いや危険性についてピンと来ない方もきっと多いでしょう。

今回はソフト闇金の手口や危険性に関して、ご紹介していこうと思います。

ソフト闇金とは

ソフト闇金と闇金の違い

お金

そもそも闇金とは正式な手続きを踏まず、高額な金利でお金の貸し付けをしている業者です。

高金利な利息設定で、返済ができないと厳しい取り立てを行い、常に暴力が付きまとうイメージを持つ方も多いでしょう。

一方でソフト闇金は、通常の闇金よりも対応が丁寧なため消費者が警戒を解きやすく、闇金だと気づかないことがあります。

優良安心をキーワードに消費者を惑わせ、油断したところで甘い罠を仕掛けるのです。

また口コミなどでも業者の評判の良さをアピールするなど、非常に周到な手口を仕掛けてきます。

しかし本質的にはソフト闇金も、闇金と同様に違法な貸金業者になります。

なぜ警戒心を解きやすいのか

見ている人

ソフト闇金は通常の闇金よりも利息が安く審査も簡単で、融資額によっては即日でお金を得ることができます。

またソフト闇金は融資の際に勤務先の在籍確認を取ることがあり、公的に手続きされているという印象を持ちやすいようです。

一般の闇金でイメージされる恐喝のような取り立ても行われないため、より消費者が心理的ハードルを下げる傾向にあります。

ソフト闇金の手口や特徴

どうしてソフト闇金が危険なのか

警鐘

上記では、ソフト闇金を利用してしまう理由について触れました。

しかしソフト闇金とは名称こそ違いますが、通常の闇金と何ら変わりない違法な貸金業者です。

短い返済期間で高い利息を要求し、返済ができないと手のひらを返して厳しい取り立てを行います。

携帯や実家の連絡先に悪質な嫌がらせ電話や、勤務先へ取り立ての連絡が来ることも。

またお金を返済できないことがわかると犯罪の加担を強要されるなど、債務者を精神的に追い詰めるようです。

ソフト闇金の金利と貸し付け条件

ポストイット

ソフト闇金で設定されている金利は、7日間~10日間でおよそ20~30%の利息が一般的なようです。

お金の貸し借りに関する法律では、年利20%以内でないと刑事罰の対象に入ります。

これだけで、如何にソフト闇金の利息設定が法外であるかが分かります。

また、ソフト闇金が消費者から相談を受けた場合に提示する条件が、明確で分かりやすくなっているようです。

そのためソフト闇金業者側からすれば、融資が決まった時点債務者との合意を得たという認識になります。

さらに融資前の審査も、勤務先への在籍確認程度で実質的な審査は実施されないようです。

ソフト闇金に引っかかりやすい人の特徴

考える男性

前述のようにソフト闇金は、非常に危険な違法業者であることが分かりました。

しかし一方で、ソフト闇金だと分かっていても、お金を借りてしまう人たちが存在することも事実です。

ここではソフト闇金を利用してしまう人たちの特徴について述べていくことにします。

主婦層

意外にも、家庭で専業主婦をしている人たちがソフト闇金を利用するというケースも多いようです。

自由に使えるお金が少ない主婦層は、日常生活に不満を持っておりストレス発散として散財する傾向があるとのこと。

収入が少ない、または増やす手段が無いなどの理由でカードの返済が難しくなり、ブラックリストや債務整理が必要になるのだそうです。

経済状況に余裕がないにもかかわらず散財してしまう、という主婦の方が結果としてソフト闇金を利用してしまいます

真面目で気の弱い人

普段から生真面目に生活をしている人も、ソフト闇金を利用してしまうことがあるようです。

実直すぎるほど真面目な人は、周囲に金銭関係の相談をすることができず、一人で問題を抱えたまま手詰まりになってしまいます。

また身の丈に合わない交際費で、日々の家計を圧迫してしまうという人も該当します。

上記のような方たちは、自身の経済状況に合わせて、周囲との付き合いをはっきりと断ることができない気の弱さを持ちます。

気の弱さと真面目さが仇となってしまうケースです。

最終的には精神的な余裕がなくなり冷静な判断を欠いた状態でソフト闇金に手を出してしまうケースも少なくないようです。

多重債務者

2社以上の消費者金融からお金を借りている人のことを、「多重債務者」といいます。

多重債務者の方は基本的に、月々の返済が厳しく手元に残るお金がほとんどないといった状況下でいることが多いです。

自身で自由に使えるお金が少ないにもかかわらず、生活レベルを下げることができないため、生活資金が足りなくなるようです。

その結果、ソフト闇金を利用することになってしまいます。

ソフト闇金を利用する前に考えるべきこと

一人きりの人

ソフト闇金は申込みから融資まで、非常にスピード感のある取引を持ち掛けてきます。

ゆえに消費者は、ソフト闇金を利用する前にクールダウンして一考する余地がありません。

本当にソフト闇金を借りることでしか事態は解決しないのか、申込みをする前に踏みとどまっていただければと思います。

ソフト闇金を利用してしまったら

ヘルプボタン

しかし、お金の返済に関する状況や選択肢は、個人個人で異なるでしょう。

ここでは、ソフト闇金に手を出してしまった場合の対処方法について述べていきます。

対処方法①弁護士事務所に相談する

現在は闇金問題に強い弁護士がたくさん存在します。

基本的に闇金業者からお金を借りてしまった場合の返済義務はありませんが、個人情報を抑えられてしまっては元も子もありません。

弁護士事務所に依頼をすれば、債務者と闇金業者の間に弁護士を介することができスムーズな交渉が可能です。

したがって、弁護士に相談することが最善策であるといえます。

弁護士に依頼するお金がなかったとしても、最初の一回は無料で相談が可能な事務所もあるため、ぜひ活用しましょう。

対処方法②消費者センターに相談する

消費者センターとは、政府が運営する公的な消費者相談窓口のことです。

幅広い問題に精通しているため、闇金業者に関する相談も可能です。

自治体にもよりますが、センターには所属弁護士がついていることもあり、専門的な知識を受けることもできます。

公的機関なので相談費用もかからずに、弁護士の方へ相談することもできるので積極的な利用をおすすめします。

しかし消費者センターにいる弁護士の方が闇金を専門としているケースはほとんど無いので、その点は考慮しておかねばなりません。

いずれにせよ、一人で悩む状況が最も悪循環に陥りやすいということを念頭に置く必要があります。

まとめ

犯罪、手錠

ソフト闇金は、羊の皮を被った悪質な貸金業者です。

お金が足りない、日々の返済ができないといった状況になってしまっても、ソフト闇金を利用してはいけません。

ソフト闇金を利用する前に今一度、頼れる相手がいないかどうか、確認してみてください。

そして選択できる手段は、可能な限り実行してみてください。

落ち着いて冷静に考えれば、ソフト闇金を利用しなくても地道に働いて返済できる目途が立つはずです。

通常に闇金やソフト闇金は、私たちの心の弱さに付け込んで甘い誘惑をしてきます。

悪徳業者には決して弱みを見せずに、借金は必ずを返済するという強い心を保ちましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html