セキュリティワイヤーのおすすめとタイプ別の選び方を徹底解説!デスクトップへの取り付け方や防犯効果を強化する使い方もご紹介

警視庁の発表によると、窃盗犯による窃盗事件の認知件数がH30年に56万件も発生しています。

そして窃盗による検挙件数は19万件に留まり、その過半数は泣き寝入りせざるを得ない状況となっています。

家宅侵入における窃盗の被害の約41%が、スマホやノートパソコンのようです。

そんなスマホやパソコンは、その人そのものといっても過言ではない程に個人情報が詰まっています。

クレジットカード番号SNS情報、そして会社の大切な資料など守らなければいけないデータは山のようにあります。

個人情報保護の観点からも、スマホやパソコンはしっかりと盗難対策していきたいところです。

今回はセキュリティワイヤーのおすすめと選び方を徹底解説していきます。

セキュリティワイヤーとは

USBケーブル

セキュリティワイヤーの主な機能は以下の通りです。

  • PCそのものを机やPC用のカート等に固定することで、PCを持ち運べなくするためのもの。
  • PC本体のケースを開ける事が出来ないように封印するもの。
  • USBやHDMI等を挿入するポートを閉じて、ケーブルの接続ができないようにするもの。

これらの機能を駆使して物理的な盗難だけでなく、外部からの機器を用いた侵入を予防するためのものです。

セキュリティワイヤーの選び方

金網、ワイヤー

セキュリティワイヤーには様々なタイプがあり、使用しているパソコンや用途によって使い分ける必要があります。

通販等でたくさん出品されていますので、あなたの環境に合わせたセキュリティワイヤーを選んでいきましょう。

セキュリティスロットに挿入するタイプ

ノートパソコンや液晶ディスプレイなどには、あらかじめセキュリティスロットという小さな穴が用意されているものがあります。

その小さな穴にセキュリティワイヤーを挿入して、鍵で固定してしまうものがこのタイプになります。

店頭でパソコンを売りたい場合や、展示会などたくさんの人の前に複数パソコンを出すような場合に有効です。

また会社のノートパソコンや病院の電子カルテのように、重要な情報が入力されているパソコンを盗難から防ぐ目的でも利用できます。

パソコンのコネクタに挿入するタイプ

パソコンには情報をやり取りするためのUSBポートの他に、映像を出力するためのコネクタが存在します。

このタイプは空いているコネクタに挿入して、鍵で固定してしまうタイプのセキュリティワイヤーです。

コネクタを一つ占有してしまうデメリットはありますが、セキュリティスロットが無いタイプに有効です。

セキュリティスロットのタイプと同様に、多くの人の前にパソコンを展示する場合やパソコンの盗難防止に利用できます。

また、周辺機器を挿入されることで起こるトラブル対策にもなりますので利用していきましょう。

両面テープで固定するタイプ

パソコンやスマホタブレット等に両面テープで固定します。

このタイプは大きく2種類あり切断しにくいワイヤーが付属しているものと、切断されたり外されるとアラームで警告するタイプがあります。

このタイプはスマホやタブレットに有効で、各種販売店の展示場で良く目にするタイプです。

比較的小さなもので、持ち歩きしないような場合に有効です。

括りつけるタイプ

このタイプはパソコンモニターの支柱などのように、固定する場所さえあれば簡単に取り付けできるタイプです。

くくりつけるだけなので導入は簡単ですが、小さなものやそもそも固定できないものも多くあるので注意が必要になります。

セキュリティスロットを増設するタイプ

セキュリティスロットが無いパソコンの場合に、選択肢に挙げられます。

セキュリティスロットを、両面テープでパソコンやスマホに張り付けて使用します。

注意点としては両面テープをはがされてしまう可能性がある事と、増設したセキュリティスロットの他にセキュリティワイヤーが必要な事です。

収納キャビネットに保存する

セキュリティワイヤーの他にも盗難を予防する手段があり、このタイプもその一つです。

使っていないパソコンはキャビネットに入れて保管することで、複数台まとめて盗難対策を取ることができます。

法人向けの対策です。

セキュリティワイヤーおすすめ

ツール、仕事道具

パソコンやタブレットの盗難防止に役立つセキュリティワイヤー。

そのおすすめを紹介していきます。

ABINECSパソコンワイヤー

ABINECS パソコン ワイヤー ロック (2個セット) 盗難対策 セキュリティー対策 ノートパソコン 鍵付き 1.2m

 

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html