いじめ防止対策推進法のいじめ防止ポイントを徹底解説!多様化するいじめから子どもを守る方法は?学校以外の相談先もご紹介

皆さんの身の回りにいじめが起きていませんか?

場合によっては命を絶ってしまう事態に発展します。

子どもだけでなく、保護者や学校、教育委員会等がどう対応していくかが重要です。

いじめに苦しんでいる子ども達を守るために制定されたいじめ防止対策推進法

人によっては単語だけでも聞いたことがあると思います。

今回はいじめ防止対策推進法について説明しつつ、いじめから子どもを守る方法や相談先について紹介します。

いじめの対処に悩んでいる保護者の方は是非一度チェックしてください。

いじめが起きる原因とは

いじめはどうして起きるのか気になっている方も多いと思います。

子どもをいじめから守るためには原因を知る必要があります

原因を知らないと対策を立てにくくなるからです。

まずはいじめの原因について話します。

内気な性格

いじめを行う子どもの中には内気な性格をつけ込む場合があります

嫌なことを拒否できず、いじめがエスカレートする可能性もゼロではないです。

何となく気に入らない

面白半分で何となくいじめを行うケースも見られます。

場合によっては調子に乗り過ぎて重大事態に発展するかもしれません。

いじめを行っても罪が軽い場合が多いこと

裁判

未成年者は少年法と呼ばれる法律により守られており、大人より罪が軽いことが大半です。

悪質な子どもは少年法を盾に気に入らない子どもをいじめ、死に追いやる場合もあります。

捕まったとしても人生をやり直しやすいのもいじめを助長する原因です。

また、学校も事なかれ主義でいじめを隠す場合もあるので非常に厄介。

学校や教育委員会の対応に苛立ちを覚える方も中にはいると思います。

ニュースなどを見ていて、目を疑うようないじめの内容に驚かされることが多いのではないでしょうか?

嫉妬

勉強している子ども

子どもも大人同様に誰かを嫉妬してしまう場合があります。

嫉妬は時にいじめに駆り立てるかもしれません。

勉強ができる、運動ができる、いろいろな物を買ってもらえる等、人によって嫉妬の内容はさまざまです。

周りに合わせるのが苦手

周りに合わせるのが苦手な子どもも中にはいるのではないでしょうか?

クラスや特定のグループに合わせられないことが原因でいじめに発展する場合も少なくありません。

身体的特徴

身体的特徴を理由にいじめが行われているケースも目にします。

体格や髪の色など自分と違う部分を受け入れられるかどうかが大切です。

家庭環境

家のリビング

人によって家庭環境は千差万別。

貧富の格差などを理由にいじめを行う子どもがいます。

災害などの被害者であることを理由にいじめを行っていたケースがその一例です。

子どもを守るための法律!いじめ防止対策推進法について

いじめ防止対策推進法は2011年に起きた大津市中2いじめ自殺事件をきっかけに制定された法律。

大津市中2いじめ自殺事件はニュースなどで目にした方も多いのではないでしょうか?

ここでは、いじめ防止対策推進法について話します。

いじめの定義

学校に通う子ども

いじめ防止対策推進法におけるいじめの定義は「心理的又は物理的な影響を与える行為」です。

いじめを受けた児童等の教育を受ける権利侵害し、心身の成長や人格の形成に支障をきたす恐れがあると総則に書かれています。

もちろん命の危険についても触れられており、いじめは国が危険視しているものの1つと言えるでしょう。

いじめ防止対策推進法の基本方針

いじめ防止基本方針では「いじめの防止等のための対策に関する基本的な方針」の策定が地方公共団体や学校に義務付けられています。

学校や教育委員会はもちろん、警察などはいじめについて対策を立てる必要があります。

いじめの防止等に関する措置

当該学校および当該学校の設置者はいじめ防止対策推進法により、いじめに関する調査、問題解決を行わないといけません。

いじめの事実確認・いじめの被害者(保護者を含む)への支援・いじめの加害者(保護者を含む)への指導が義務付けられています。

道徳教育の充実やいじめに関する相談体制を整えるなどの対策について触れられているのもポイントに挙げられます。

適切な措置ができていないことで学校に批判の声が寄せられる場合が多いです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html