アルハラ(アルコールハラスメント)の防止対策法を徹底解説!アルハラする心理は?会社・大学の飲み会での注意点や心得も確認

無意識に男尊女卑の思考をしている人はアルハラをする傾向にあるようです。

お酌の強要はれっきとしたハラスメントです。そして度を超すと身体に触ったり暴言を吐いたりとセクハラに発展してしまいます。

また、「男性はこういう場でお酒をたくさん飲むべきだ」という考えもこの手の人はもっているのです。

そのため、自分より飲めない男性にお酒を強要したり「情けないやつだ」などと暴言を吐いたりします。

こういうある意味古風な人は男女関係なくアルハラを働く心理状態にあるのです。

酔っぱらってこそ打ち解けられると考えている

drinking session, drunkard, japanese-style room

酔っぱらって本音を言い合ってこそが飲み会だと考える人はアルハラをしがちです。

打ち解ける手段がお酒しかない人であるともいえます。

全員で無理して吐くくらい飲むことがその人にとってのコミュニケーションなのです。

こういうタイプの人はイッキの無理強いをする傾向にあります。

断っても無理やりお酒を注いでイッキさせようとします。

イッキは死に至ることもある大変危険な行為です。

場の空気など気にせず、間に入って止める必要があります。

また、この手の人は飲酒で気分が開放的になって後で迷惑行為をしてしまう場合があります。いずれにせよ見守る必要のあるタイプの人です。

会社・大学の飲み会での注意点

「まずはビール」という風潮をなくす

fresh orange juice, squeezed, refreshing

飲み会で「まずはビール」という流れがもともとあると、飲めない人にとってはかなり居心地が悪いです。

最初から自由なものを頼めるように空気を変えていきましょう。

もちろん、その中にソフトドリンクの選択肢は必要です。

飲み会をする場合は必ずソフトドリンクがメニューにあるお店を選んでください。皆が楽しめる飲み会にしましょう。

イッキは絶対にしない・させない

yes, no, typography

誰かがイッキの流れにしようとしたら絶対にとめてください。

イッキは急性アルコール中毒の危険性があります。

飲んだ後ぐったりしているのを見て「つぶれているな」と放置した結果亡くなってしまうケースも多いのです。

その場に居合わせたメンバーは保護責任者遺棄致死の疑いなどで書類送検されるケースがあります。

もちろん、社会人であろうが大学生であろうが関係はありません。

ハラスメントは行き過ぎると人の命を奪います。場は盛り上がったとしても誰も幸せにならないのがイッキなのです。

アルハラ加害者にならないための心得

aperitif, drinks, champagne

アルハラ加害者は無自覚なケースが多いということについて触れました。

まずは自覚する必要がありますので、信頼のおける人に自分が飲酒しているときの様子を尋ねてみてください。

上下関係などがなく本音で話してくれる人を選びましょう。

また、これまでこの記事を読んできて「いや、やっぱり酔っぱらってこそだろう」などと感じた場合も自分を客観的に見てください。

自覚をしたら、誰かに飲ませる・お酌させることをやめてみてください。

そして周りの様子に気を配ります。新たに気づくことが多いでしょう。

泥酔しなくても楽しい飲み会は可能です。アルハラとは無縁な心境で飲み会に臨みましょう。

まとめ

the drink, cocktail, beverage

アルハラを防ぐためには、全員が飲めない人への配慮の気持ちを持つことがとても大切です。

場の雰囲気を壊してしまうことよりも、飲めない人を守ることを優先してください。

日頃からアルハラについての周知を行うのも効果的です。

また、イッキは絶対にしてはいけない行為であると頭に置いておいてください。

多くの人の人生を変えてしまう可能性があるためです。

全員が楽しめる飲み会にするために、思いやりの心を忘れないようにしましょう。

ハラスメントは意識一つで改善させることが可能です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html