漫画違法サイトの特徴やアクセスを避ける対策法を徹底解説!漫画違法サイトに潜む危険性とは?罰則対象に該当するケースも紹介

ちょっとした空き時間や休憩に読みたくなるマンガは日本を代表するカルチャーの一つです。

マンガは子供から大人まで、幅広い層で慣れ親しまれています。

しかし、その影で違法にマンガを掲載する「海賊版サイト」が問題となっているのです。

この海賊版サイトでは無許可で掲載したマンガで犯罪者が稼ぎを得て、さらにアクセス者を犯罪に巻き込んでいます。

そんな犯罪に巻き込まれないためにも海賊版サイトへのアクセスを避ける対策法をご紹介するので、ぜひ参考にご覧ください。

これを見れば漫画違法サイトの特徴などや危険性も正しく理解できるはずです。安全にマンガを楽しむ方法を知りましょう。

海賊版サイトを利用してしまう心理とは?

man, woman, question mark

海賊版サイトは法律面でも社会的な権利を守るためにも利用してはいけません。

しかし、中には海賊版サイトを使ってはいけないとわかりつつ利用している方もいます。

そんな人達はどのような経緯で海賊版サイトを使ってしまうのでしょうか?

海賊版サイトを使ってしまう人のよくあるパターンを見てみましょう。

無料だから見たい

海賊版サイトを利用する方はマンガを無料で読みたいからという理由で利用している方が多いです。

これは近年、無料で読めるWebマンガの発展などもあり、価値が軽視されてしまっていることも背景にあるでしょう。

しかし、基本的に物には対価を払わなければいけないため、じつは無料のWebマンガでも広告などで対価が支払われています。

海賊版サイトを利用する人はこの構造を知らないせいで「マンガは無料が当然」と考えて安易に利用してしまうのです。

マンガを置くスペースが無い

海賊版サイトの利用者はマンガを買いに行く時間がない、自宅に置くスペースがないという理由から利用する人もいます。

マンガをわざわざ買いに行かずに手軽にスマホで見たい、場所を取るのが嫌という人が少なからずいるのです。

これには1つの端末で完結する電子書を好む人が増えたことも背景にあるでしょう。

さらに公式の配信サイトを知らず、何かのきっかけで知った海賊版サイトを利用してしまう場合もあります。

このように誰しも当てはまるような理由から海賊版サイトを利用してしまうことはよくあるパターンなのです。

 海賊版サイトの特徴と利用してはいけない理由

shield, traffic sign, access

海賊版サイトを利用していけない理由は犯罪に手を貸すことに繋がってしまうからです。

さらに本来の権利者への利益構造を破壊することになるため、権利者の生活を脅かしてしまう事実も無視できません。

もし海賊版サイトに誘惑されたとき、このようなリスクを知らずに利用してしまうのは無責任と言えます。

そうならないためにも海賊版サイトの特徴と利用してはいけない理由について詳しく知っていきましょう。

海賊版サイトの特徴

海賊版サイトはサイトの構造や説明を見るとある程度判断することができます。

例えば完全無料を謳っていたり、許諾マークがなかったり運営会社のクレジットが見つからない場合が多いです。

さらに無料ダウンロードを促すような文言があったりもするでしょう。

本来の正規配信サイトは広告や課金制など何かしらで収益を得れるようになっており、海賊版と差別化できるよう徹底しています。

そのため、特徴を注意深く確認することで海賊版サイトか否か判断できるでしょう

海賊版サイトの特徴

  • 許諾マークがない
  • 運営会社が確認できない
  • 無制限で極端な無料掲載
  • 無料ダウンロードを促す

海賊版サイトは犯罪者の資金源

海賊版サイトはそもそも犯罪者による資金源となっていることはあまり理解されていません。

日本はもちろん、海外でもマンガや映画の海賊版は犯罪組織の資金稼ぎに使われていたケースが多くあります。

例えば、2019年に話題となった漫画村の著作権侵害事件では被害総額は3200憶円にも上り、業界や権利者に大きな損害をもたらしました。

この漫画村も閲覧者から個人情報の引き抜きをしたり、仮想通貨のマイニングをさせて利益を得るなどを組織的に行っていたのです。

つまりは海賊版サイトを利用することはこのような犯罪者に手を貸すことと同義になってしまうでしょう。

そのため、サイトを利用することは絶対に避けなければいけません。

本来の権利者の賃金に繋がらない

マンガは基本的に購入されることで、その収益から作者や出版社にお金がいきます。特に作者はその印税が生活費に直結するのです。

そのため、海賊版サイトに無断で掲載されてしまった場合、得るはずだった印税は1円も入ってこないということになります。

つまり海賊版サイトを利用してしまうと、何処かにいる作者の生活を不幸にしてしまうことに繋がるでしょう。

作品には必ず作者がおり、多くの人と同じように生活を送る権利があるということを忘れてはいけません。

海賊版サイトで罪に問われるケースと罰則

海賊版サイトは著作権者の許諾なく展示して利益を得たとして、著作権侵害という罪で裁かれます。

さらに閲覧する側も違法とわかっていながらダウンロードすれば、著作権侵害です。

つまりどんな理由であろうと拡散・閲覧の両方に責任が問われるということといえるでしょう。

著作権侵害のケース

  • 閲覧目的としてDLしてしまった場合
  • 権利者の許諾なくマンガを掲載した/利益を得た

上記のようなケースの場合、著作権侵害として10年以下の懲役または1,000万円の罰金もしくはその両方が科せられます。

さらに許諾なく掲載した側には民事訴訟で損害賠償も要求されてしまうでしょう。

 海賊版サイトを利用することで降りかかる危険

guy, man, people

海賊版サイトでマンガを読むことは権利者を不幸にするだけではなく、自身も危険にさらす可能性が高くなります。

何故なら海賊版サイトは無料でマンガを掲載する裏で搾取構造を作っており、アクセス者を利用しているからです。

例えばサイトにアクセスした人のクレジットカードなど個人情報を売ったり、仮想通貨のマイニングに強制参加させています。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html