漫画違法サイトの特徴やアクセスを避ける対策法を徹底解説!漫画違法サイトに潜む危険性とは?罰則対象に該当するケースも紹介

さらにウイルス感染させられる可能性も高く、海賊版サイトを利用することは非常に危険であるといえるでしょう。

海賊版サイトを避けるための対策法

finger, suggest, interpretation

いくらマンガを読みたくても海賊版サイトを利用することは様々な面から見ても絶対に避けるべきと言えます。

では、海賊版サイトを避けるためにはどのような対策が必要でしょうか。

マンガ業界は海賊版サイトへの対策や差別化に沢山の工夫を凝らしています。

海賊版サイトを不用意に利用してしまわないよう避けるためのポイントを見ていきましょう。

サイトの運営会社を確認する

architecture, building, amsterdam

マンガを読むためのサイトは運営会社を確認することでその信頼性を計ることができます。

基本的に運営会社はサイトにクレジットしているのが一般的です。しかし。そのような記述がない場合は海賊版サイトである危険があります。

また、もしクレジットしてあっても会社の実態がない場合もあるでしょう。

騙されてしまわないために運営会社がどのような会社であるか調べてみることが重要です。

出版社で共通する許諾マークを確認する

handshake, cooperation, partnership

マンガ業界は出版社の垣根を越えて、正規出版物である証明のマークを作りました。それが「ABJマーク」です。

この「ABJマーク」は「Authorized Books of Japan」の略で正規の出版物であるという意味になります。

つまり、このマークがある配信サイトは許可を受けた上で正規で作品を配信しているということになるのです。

そのため、その配信サイトの信頼性を確認するには、この「ABJマーク」があるか確認するのが手っ取り早いと言えるでしょう。

正規の配信サイトならばサイトのトップなどわかりやすい場所、もしくは作品ごとにこのマークの案内があるはずです。

電子書を利用する場合は必ず探してみましょう。

作品の公式サイトから配信サイトを確認する

office, freelancer, computer

もし見たいマンガが決まっているなら、作品の公式サイトや出版社の作品サイトから配信サイトを確認してみましょう。

多くの作品は読者に正規の方法で作品を楽しんでもらいたいため、サイトで配信サイトを案内している場合が多いです。

そのため、とりあえず公式サイトを覗いてみて配信サイトを確認すると、手っ取り早い可能性もあります。

また、もし特定の作品が定まってないなら、多数の作品を楽しめる配信サイトを利用するのも良いでしょう。

正規配信サイトの良さを知る

browser, internet, tab

電子書の正規配信サイトには様々な形態があります。そのため、それぞれの読者のスタイルに合わせた選択も可能なことが魅力です。

例えば、料金を払いポイントを買って作品を購入するポイント制はポイントバックや割引などが時々にあることが魅力でしょう。

また、月額料金を払い、多くの作品が読み放題になる配信サイトは多くの作品を読みたい方に向いています。

このようにそれぞれの配信サイトには強みがあるため、それを知ることで自分に合った配信サイトで楽しむことができるのです。

さらにサイトも無料期間やお試し期間がある場合が多いため、気軽に試すこともできます。

電子書の配信サイト例

  • ポイント制…ポイント(サイト内通貨)を買い、作品ごとに購入する/代表 U-NEXT、コミックシーモア、まんが王国など
  • レンタル制…安価な代わりに見れる話数・時間を制約したりする/代表 U-NEXT、レンタルシーモア、Renta!など
  • 読み放題…月額に一定額を払い、多くの作品を読める/代表 U-NEXT、読み放題シーモアなど

詳しくは以下のサイトもご覧ください。

U-NEXT

コミックシーモア

まんが王国

Renta!

もし海賊版サイトを見つけたら?

eye, google, detail

もし海賊版サイトである、その疑いがあるサイトを見つけた場合は、公的機関に情報提供もしくは通報をすることも可能です。

特許庁 政府模倣品・海賊版対策総合窓口

公式サイト:https://www.jpo.go.jp/support/ipr/index.html

海賊版サイトの犯罪は産まれては消えるを繰り返し、いたちごっこだとも言われています。

必ず通告する義務はありませんが、もし情報提供があればマンガ業界をより良い状態へ導くきっかけを作れるかもしれません。

まとめ:海賊版サイトへの高い意識を持とう

book, read, literature

海賊版サイトは近年では厳罰化や摘発によって減少しています。しかしそれでも無くならないのは無関心な利用者がいることが原因でしょう。

作品には必ず人が関わっており、生活しているということを多く人が認識すれば海賊版サイトを利用する人は減ります。

そのためにも今日から海賊版サイトの危険性を知り、無関心のループから抜けることが大切です。

ぜひ今回ご紹介したABJマークなど海賊版サイト利用を防ぐ対策を図り、正規の配信サイトを探してみてください。

正規の配信サイトで好きなマンガの電子書を読めば、作品を応援することもできるでしょう。

また、もし身の回りにも海賊版サイトの危険性を知らないで利用している人がいたなら、そっと声を掛けて教えてくださいね。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html