違法ダウンロードで罪に問われるケースを徹底解説!誤って違法ダウンロードした場合の対処法は?違法化と親告罪も確認しよう

映画やマンガなどの芸術は生活を豊かにしてくれる文化として多くの人を楽しませてきました。

しかし、そんな人々の娯楽を脅かしているのが違法アップロード・ダウンロードの問題です。

許諾なく作品を掲載する海賊版サイトが多くの著作権侵害の犯罪を起こしています。

そして気を付けなければいけないのが作品をダウンロードする側も違法化する場合があることでしょう。

消費者側も社会的なマナーとして、著作権侵害を起こさないように著作権に配慮する必要があるのです。

そこで今回は違法ダウンロードで罪に問われない対策法を徹底解説します。

違法ダウンロードで罪に問われてしまわないよう、正しい知識を付けて芸術を楽しむようにしましょう。

違法ダウンロードはなぜ罪に問われる?

mistake, error, question mark

2012年以前は著作権物の違法アップロードの取締が中心でしたが、2012年以降に違法ダウンロードも刑罰化されることになりました。

その背景には海賊版サイトの被害が多大であるという問題があります。

例えば2019年に摘発された漫画村という海賊版サイトの被害総額は約3200憶円にも上りました。

この被害総額から見ても違法アップロードの問題が軽視できないレベルまできていることがわかるでしょう。

正当な収入が権利者に行かないことを放置することは社会構造や文化を衰退させてしまう危険もあります。

そのため、著作権を管轄する文化庁は違法アップロードだけではなく、ダウンロードする側にも抑止力を作りたかったというわけです。

そうして消費者側の違法ダウンロードや海賊版サイトの利用を引き留めるための刑罰化が施行されました。

違法ダウンロードに隠されたリスク

mistake, mouse trap, foolish

違法ダウンロードは犯罪になる場合がありますが、それ以外の危険も潜んでいます。

それは「犯罪に加担する」「ウイルス感染や個人情報の漏洩」の危険性です。

いわゆる海賊版サイトは犯罪組織の資金源となっているため、一見魅力的に見えても犯罪者に加担することに変わりありません。

そしてその犯罪者は収入を得るためにサイト内にウイルスを仕込み、個人情報を盗んでいるのです。

盗んだ個人情報は売買され、クレジットカード情報などを不正に利用されてしまう可能性があります。

さらにはアクセスすることで仮想通貨のマイニングに参加させられることもあり、何十にも罠を仕掛けていることもあるのです。

このように海賊版サイトにアクセスしたり、ダウンロード「するだけ」でもかなりの危険を孕んでいます。

違法ダウンロードで起訴される場合

copyright, stealing, asset

芸術作品に属するコンテンツは著作権法という法律で守られています。

そのため著作権物を許諾なくアップロードした場合、容赦なく著作権侵害として犯罪になるでしょう。

逆に違法にダウンロードした場合は、ある条件において違法化となり刑罰の対象となります。

そのため、その条件を知り、明確に理解することが大事です。違法ダウンロードの刑罰条件を確認してみましょう。

告訴があれば起訴される親告罪

2012年のダウンロード違法化に伴い、違法ダウンロードの刑罰の分類は親告罪になりました。

親告罪は権利者が侵害に対して告訴すると侵害者が起訴される罪で、つまりは告訴がなければ罪に問われないということです。

これはすでにお話した通り、違法ダウンロードの刑罰化はあくまでも抑止力という側面であることも背景にあるでしょう。

そもそも違法ダウンロードを明確に証明するのが難しいという問題もあります。

とは言え、違法ダウンロードを行って良いということではありません。

もし権利者に告訴されれば、著作権法において刑事罰の対象となるため注意しましょう。

起訴され罪に問われる場合は?

もし違法ダウンロードで起訴され、罪に問われた場合は2 年以下の懲役もしくは 200 万円以下の罰金またはその両方が科せられます。

また、違法ダウンロードに加え、自らもアップロードなどを行っていた場合はさらに厳しく裁かれる可能性があるでしょう。

その場合には民事訴訟で損害賠償も請求されてしまう可能性があります。

私的使用であっても有償著作物等の場合には著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画は犯罪。

自らその事実を知りながら著作権又は著作隣接権を侵害した者は2 年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

出典元: https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/download_qa/

違法ダウンロードで罪に問われないための対策法

copyright, protection, regulation

違法ダウンロードは私的目的であっても、リスクが伴うため絶対に利用しないことが懸命と言えます。

そのためには違法ダウンロードで罪に問われないための対策を講じる必要があるでしょう。

違法なデータを扱わない、正規配信サイトを利用するなど正しい方法で権利を侵害しないことに意識を向けることが大切です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html