当て逃げ被害を予防する対策法を徹底解説!被害に遭った場合や目撃した際に証拠となるポイントは?直後に取るべき対応もご紹介

彼らは運転経験が豊富であるからこそ、当て逃げが発生しにくくなります。

以上の点から、駐車場の出入口付近のスペースが当て逃げを防ぐ第1歩です。

駐車場でスペースが広いところに停める

また駐車場でもスペースの広いところに停めるのも、おすすめの方法といえます。

スペースが広めに設けられているところは、間隔が広く当て逃げの可能性が低いです。

特に大型ショッピングセンターなどの駐車場は、間隔が広くなっています。

このため広めのスペースを見つけやすく、当て逃げも避けられるでしょう。

ドライブレコーダーを活用する

車に搭載されているドライブレコーダーを活用するのも、予防策の1つです。ほとんどのドライブレコーダーには駐車監視機能が付いています。

駐車監視機能も、衝撃とともに録画を開始するものや動体検知で録画するものなどが主です。

このため、当て逃げに備えてドライブレコーダーを設置するのも有効といえます。

車をきれいにする

新車

ほかにも常日頃からできる方法が、「車をきれいにする」というものです。

車を常にピカピカにしておくと、周りからは新車や高級車のように見えます。

ほかのドライバーからすると、「ぶつけて損したくない」と思わせるには十分です。

このため、休日などに車をきれいに掃除するだけでも当て逃げ防止につながります。

当て逃げの被害を受けた場合の対策とは?

驚く女性

日常生活で道を利用する限り、当て逃げをされる可能性は誰にでもあり得ることです。

もし当て逃げの被害を受けた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

以下にある方法を知っておくと、当て逃げに遭っても落ち着いて対応できます。

警察に通報する

当て逃げの被害を受けたらまず、警察に通報することが重要です。警察官は現場検証を行った後、事故証明書を発行してくれます。

事故証明書は保険の適用や加害者への損害賠償請求の際に必要です。

また加害者の特定も警察で行われます。ただし証拠がなければ特定しにくいため、目撃情報や証拠を揃えることが重要です。

なお自分で加害者を特定した場合は、速やかに警察に報告するべきでしょう。

目撃者や証拠を集める

証拠探し

警察への通報と合わせて、当て逃げの目撃情報や証拠集めもしておきます。

目撃情報については、聞き込みや駐車場などの防犯カメラを活用する方法が一般的です。

証拠については、当て逃げした車の種類やナンバー、運転者や同乗者の特徴などを記録します。

このほかにもドライブレコーダーの画像の確認や、スマホのカメラでの撮影も有効です。

加入している保険会社に連絡する

さらに自動車保険に加入している場合は、保険会社に連絡します。

この際に加入している保険の種類に注意が必要です。保険によっては当て逃げの補償できない場合もあります。

もし加害者を特定できた場合は、加害者の保険で補償を受ける流れです。

駐車場の管理会社に連絡する

もし駐車場内で当て逃げが発生した場合は、管理会社に連絡します。

管理会社によっては、防犯カメラやドライブレコーダーの映像を確認できる場合があるためです。

当て逃げしてしまった場合の対策とは?

悩む人

逆に当て逃げしてしまった場合は、どのような対処法がおすすめなのでしょうか。

当て逃げしてしまった場合は、誠実な対応が求められます。特に相手がいる場合は、誠意をもって謝罪するべきです。

相手がわかる場合は誠実に謝罪する

当て逃げしてしまった相手がわかる場合は、ひたすら誠意を示して謝罪します。

特に気付いた時点で謝罪するのが良く、可能な限りぶつけた時点でお詫びするべきです。

言い訳や逆ギレすることなく、言葉遣いにも注意することがコツといえます。

お互いに落ち着いた段階で警察を呼び、示談するべきでしょう。

警察にきちんと報告する

また警察にはきちんと報告するべきです。当て逃げ行為自体が刑事罰の対象であり、報告を怠ればそれだけでも刑事責任を問われます。

加えて被害者と話し合いできない場合でも、警察官がいればいろいろと助けられるでしょう。

まとめ

多くの車が停まる駐車場

駐車場などで当て逃げされた場合の対策や予防策について、いろいろと見てきました。

予防策としては、駐車場の出入口付近や広いスペースへの停車がおすすめです。また車をきれいにしておくことなどが挙げられます。

一方で当て逃げされた場合は目撃情報や証拠集めと、警察への報告は欠かせません。ほかにも保険会社や管理会社にも報告するべきでしょう。

誰にとってもされたくない当て逃げは、対処法がいろいろとあります。日頃から対処法や予防法を理解して、当て逃げに備えることが大切です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html