トレイルカメラのおすすめと選び方を徹底解説!防犯効果を高めるトレイルカメラの設置方法は?タイプ別の性能を比較してご紹介

安い・簡単・便利なトレイルカメラ

オフィスビルのセキュリティCCTVカメラ

トレイルカメラをご存じでしょうか。トレイルカメラとは、人や動物を感知して自動で撮影するカメラです。

赤外線センサーが搭載されていて、夜間も静止画や動画の撮影が可能です。野外研究や夜間の害獣対策、そして家周りの防犯などに取り入れられています。

防犯カメラよりも安価で、乾電池式のため設置工事もいりません。置いておくだけで自動的に撮影をしてくれる、便利なアイテムなのです。

【ライト編】トレイルカメラの選び方

lightbulb, bulb, light

トレイルカメラのセンサーは人や動物の熱を感知すると、ライトを照射して撮影します。このライトの種類によって映像の映り方が異なります。

ライトは大きく分けて4種類です。目的に合った種類のものを選びましょう。

➀赤外線ノーグローライト

1種類目は赤外線ノーグローライトです。ブラックフラッシュとも呼ばれ、人や動物の目に見えない波長の光のことを指します。

夜間の暗い場所でもモノクロの映像を撮ることができます。人通りの多い場所での使用がおすすめです。

②赤外線グローライト

2種類目は赤外線グローライトです。ノーグローライトと同様にモノクロの映像が撮れますが、フラッシュ部分がほのかに赤く光ります。

ノーグローライト搭載のトレイルカメラよりも、明るい映像が撮れます。

③白色LEDライト

led, led strip, lights

3種類目は白色LEDライトです。こちらはセンサーが動作するとLEDライトが点灯します。カラー映像が撮れるため、よりリアルな動画が確認できます。

明るい光が出ることで犯罪のけん制にもつながるといわれています。

④ストロボフラッシュライト

4種類目はストロボフラシュライトです。センサーが人や動物を感知すると、一般的なカメラのようなストロボフラッシュが光ります。

白色LEDライトと同様にカラーで撮れます。さらにシャッタスピードが速く、鮮明に撮影することが可能です。

しかし強い光を出すため、連続して照射することができません。夜間は静止画のみの撮影になるので注意が必要です。

【機能編】トレイルカメラの選び方

scale, question, importance

ライトの種類が決まったら、次は機能に注目して選びましょう。屋外で使用することの多いトレイルカメラには防水機能なども重要になります。

撮影の範囲映像の確認方法も機種によって様々です。設置場所をイメージしながら選んでみてください。

➀センサーの反応範囲で選ぶ

トレイルカメラは人や動物の「熱」を察知して自動撮影をします。そのため赤外線センサーの反応範囲はとても重要なチェック項目です。

家の敷地内をできるだけ広く確認したい場合と、倉庫や車庫の周辺だけをカバーしたい場合では撮影の範囲が変わります。

センサーの反応範囲は15mから30m程度と、機種によって様々です。多くがカメラの正面の値を指しているので、角度がつけば値は小さくなります。

また赤外線センサーは外気温と対象物の温度差によって感度が変化します。温度差が小さいほど検知しにくくなるため注意が必要です。

➁画質で選ぶ

映像や画像の画質も重要です。トレイルカメラの多くは1080×720ピクセルのHDと呼ばれるサイズに対応しています。

HDでも十分に映像の確認はできますが、夜間のモノクロ撮影など鮮明さを求める場合にはフルHDというサイズがおすすめです。

フルHDサイズは1960×1080ピクセルで、これは一般的なテレビと同様の解像度です。

しかし画質が良いと容量も大きくなるので、撮影時間が短くなるなどのデメリットも発生します。記録メディアの容量と相談しながら決めましょう。

➂シャッタースピードで選ぶ

blonde, girl, taking

シャッタースピードとは赤外線センサーが熱を感知してからカメラのシャッターを切るまでの速度のことです。

自動撮影カメラは、センサーが対象物を感知した瞬間に撮影することができません。感知から撮影までのタイムラグは、0.5秒前後から2秒までと幅があります。

撮り逃しを少なくするためにはシャッタースピードの速いものがおすすめです。被写体のブレを抑えることもできます。

➃映像の確認方法で選ぶ

撮影した映像や画像の確認方法にもバリエーションがあります。主にSDカード・液晶モニタ・メールの3種類です。

SDカードは多くのトレイルカメラに採用されている方法です。必要な素材を確実に保存できて、データの移動などの操作も簡単に行えます。

液晶モニタは自動撮影したものをその場で確認できます。簡単に見られて機材を増やす必要もないので手軽な点がメリットです。

メールは近年増えてきたタイプの確認方法です。撮影した素材をリアルタイムで携帯やパソコンに転送します。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html