寸借詐欺の対処法と予防策を徹底解説!善意を利用した寸借詐欺の手口や特徴は?被害に遭遇した場合にとるべき行動と通報先も紹介

  • 2020年5月10日
  • 2020年5月26日
  • 詐欺
  • 162view

今回は寸借詐欺について詳しく知りたい方、対策を知りたい方向けに、寸借詐欺の手口や予防策・対処法をまとめてみました。

被害にあってしまった時に、とるべき行動や通報先についてもご紹介します。

寸借詐欺は、誰にでも被害にあう可能性がある、身近な詐欺です。

しかし、基本的な手口と予防策を覚えておけば、比較的簡単に避けることができます。

この記事を読めば、寸借詐欺の基本的な知識と、実際の対処法までを理解できます。

5分程度で読めますので、ぜひ最後までお付き合い頂けますと幸いです。

寸借詐欺とは?

coins, banknotes, money

まず寸借詐欺とは何か、他の詐欺とはどう違うのかをここで説明します。

寸借詐欺とは?

寸借詐欺とは、人の善意につけ込んで、少額のお金を借りるふりをしてだまし取る詐欺の一種です。

昔から存在する、詐欺の中では代表的なものです。

寸借詐欺は、刑法246条にて10年以下の懲役刑と定められており、「詐欺罪」として裁かれます。

寸借詐欺の特徴

寸借詐欺は、古典的でありふれた手法ながら、今でも被害が多く発生しています。ここでは、寸借詐欺の2つの特徴について、見ていきましょう。

被害額が少額

寸借詐欺は、お金がないことを装ってだまし取るのが、代表的な手口です。

しかし、一回でだまし取る金額は少額(数千円~数万円)なため、被害者側も泣き寝入りしてしまうことが多いです。

罪の立証が困難

リサーチ
刑法上は詐欺罪とされている寸借詐欺ですが、罪の立証は難しいのが実情です。

難しい理由を以下にあげてみました。

<寸借詐欺を立証するのが難しい理由>

  • 発言の証拠が残りにくく、事実関係がつかみづらい
  • 貸した相手の連絡先がわからず行方が追えない。
  • 被害者側が詐欺だと気づくまで、時間がかかることが多い。

寸借詐欺をする人の多くは、証拠に残らない方法で、お金を借りようとしていきます。証拠がないため、罪として証明しにくい詐欺となります。

言い逃れしやすい

詐欺をする側は、「借りた金を返すつもりだった」と主張することで、いくらでも言い逃れができます。

返すつもりがないことを立証するのは難しいからです。どうしても、被疑者側に有利になりがちなケースが多くなります。

どのような人が狙われやすい?

secret, hands over mouth, covered mouth

身近に起こりうる寸借詐欺ですが、狙われやすい人には共通点があります。被害にあわないためにも、まずは己を知ることが大事です。

ご自身の性格が、寸借詐欺の標的に当てはまらないかどうかを、確認してみましょう。

人をすぐに信じてしまう人

寸借詐欺は、人の善意につけ込む詐欺です。

また、お金に困っていることを信じ込ませることが常套手段なので、人をすぐに信じてしまう人が標的になりやすい傾向があります。

人をすぐに信じてしまう人は、いくつか共通点があります。

<人をすぐに信じてしまう人のチェックポイント>

  • 友人と思っていた人間にお金を貸して、返ってこなかったことが何度もある。
  • 人から聞いた話に疑いを持つことは、悪いことだと考えている。
  • 誰もが本来はいい人だと考えている。(=性善説を信じている)

お人好しな人

お人好しな人も善意につけ込まれやすいです。

海外旅行をしている際に、物乞いに声をかけられるとついつい立ち止まって、話をきいてしまうというアナタ。寸借詐欺のターゲットになる可能性があります。

ここで、お人好しな人のチェックポイントを確認して、自覚がある人は注意しましょう。

<お人好しな人のチェックポイント>

  • 知らない人であっても、お願いされると断れない。
  • 他人に親切な人だと思われたい。
  • 他人がやりたがらない仕事を押しつけられることが多い。

寸借詐欺の手口は?

human, black white, hands
ここでは、寸借詐欺の代表的な手口とその対処法をご紹介しましょう。

寸借詐欺はいくつかのパターンに分類できます。基本的な手口と対処法を覚えておくだけで、未然に被害を防げる可能性が高まる筈です。

代表的な手口は?

寸借詐欺には、いくつか代表的な手口があります。基本的には「お金がないので貸してほしい」という点は共通しています。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html