仮想通貨詐欺の手口や特徴を徹底解説!詐欺を見抜くコツや安全に利用するポイントは?危険性を理解して被害を未然に防ごう!

2017年にビットコイン(BTC)の価格が20倍以上高騰し、一気に注目を集めた「仮想通貨」。

この時に初めて興味を持ち購入した方も多いかと思いますが、仮想通貨はまだ一般的によく知られていないのが現状です。

注目されてはいるけれど詳しい事はまだあまりよく知られていない…。

こういうものに詐欺師は目をつけるといわれており、しかも大きなお金が動くとなれば詐欺師が放っておくはずありません

そこで仮想通貨詐欺の手口や特徴、詐欺を見抜くコツ、安全に利用するポイントなどを解説していきます。

限定販売や個人販売

限定販売

「ここでしか買えない」「今しか買えない」「今だけの限定特価」などと「限定性」をアピールし、購入させようとする手口です。

仮想通貨の取引は全世界で同じものが販売されているため「日本限定」「先行販売」という事は通常ではまず無いと思ってください。

「限定」という言葉に弱く、つい慌てて購入してしまうという方もいらっしゃると思いますが、必ず一度冷静に考えてよく調べてみましょう。

個人販売

詐欺師は個人でコインを購入させようとしますので、仮想通貨は必ず金融庁に認可されている仮想通貨の取引所で購入して下さい。

個人で取り引きすることでコインの購入履歴が残らないため警察からも逃れやすく、泣き寝入りとなってしまいます。

最低購入金額が高い

例えばビットコイン(BTC)の場合は0.001BTCから購入が可能ですし、ほとんどの仮想通貨は数百円単位から購入できます。

しかし詐欺コインは最低購入価格が10万円などと決められていることが多く、この時点で詐欺かもしれないと疑った方がよいでしょう。

価格保証や買取保証がある

保障という言葉で安心しない

「価格が下がった場合」「満足できなかった場合」に現金買取保証や、他の通貨で保証をしますといった価格保証をウリに勧誘してくる詐欺師が存在します。

原価0円の仮想通貨を例えば100万円で購入させ、50万円は初めから貰うつもりでいるという事です。

価格保証の本来の意味

そもそも価格保証というのは「価格が一定の値段より下がることはありません」という保証のことです。

そして株や投資信託などでこういった保証をすることは違法行為につながります。

ですが仮想通貨はまだ現段階で法律がしっかり整備されていないため、このような宣伝文句を使った詐欺が横行しているのです。

仮想通貨の価格は日々変動するもの。

時には大きく下落することもある中で価格の保証をするなどということは、販売者側にとってリスクが高すぎるため不可能に近いです。

こういった買い物をする時には、安心な言葉ほど疑ってかかるべきでしょう。

日本円での購入を指示される

日本円での取引ができない仮想通貨もある中で、日本円での振り込みや手渡しを指示してくるというのは少し違和感を感じます。

こういった場合も詐欺の可能性があるので注意してください。

セミナーや友人に勧誘される

勧誘の理由

仮想通貨のセミナーで主催者が仮想通貨の購入を勧誘してくるのと、友人などが仮想通貨の購入を勧めてくる理由は同じで、紹介料をもらうためです。

そういった人達は自分の紹介で購入させ、自分も紹介料をもらうために必死で勧誘してくるでしょう。

恐らくその仮想通貨が本当に儲かるかどうかなど気にしておらず、とにかく紹介料が欲しいという気持ちで何人も勧誘しているのです。

友人であろうと断る

このようなセミナーや友人からの紹介は断りにくい事もありますが、きっぱり断りましょう。

早めに断らないと、どんどん断りづらくなってしまいます。

友人自体が騙されている可能性も考える

もしかしたら、その友人がそもそも誰かに騙されているのでは?という一歩先の目線から考えられるくらいの余裕を持ちましょう。

SNSで何度も勧誘される

SNS社会になってからというもの、SNSのダイレクトメッセージなどを通して勧誘してくるケースが増えています。

本当に儲かる話があったとして、他人にそのことを教える必要があるでしょうか?

誰にも教えずに自分だけが投資すればよい話で、わざわざそんなに知らない相手に教える必要はないでしょう。

あまりよく知らない相手でも、SNSのプロフィールが充実していたり、本人画像のようなものがあると安心してしまいがちでです。

しかし、その画像も果たして本当にその人なのでしょうか?

こういった勧誘は無視し、できる事ならブロックしましょう。

有名人の名前を使って宣伝している

「芸能人の〇〇もオススメしている」「有名な〇〇さんも購入した」などを謳い文句にしている場合も要注意です。

芸能人やスポーツ選手、政治家や有名IT企業の社長の個人名を使って宣伝している仮想通貨も疑った方がいいでしょう。

通常であれば一般人がその有名人に直接確認することなどできないので、勝手に名前を出している場合が多いのです。

有名人が参加しているなら安心とは思わず、やはり冷静に考える必要があります。

HYIP(ハイプ)詐欺

HYIP(High Yield Investment Program)詐欺とは、訳すと高収益投資プログラム詐欺です。

高利回り・高配当で出資者を募り、最初の数回は配当をしっかり支払って信用させることを目的にあなたに近づいてきます。

そしてしばらくしたら逃げるという手口で、すぐには詐欺だとわかりにくいのが特徴です。

通常であれば一定の期間が経つと元本が出金できるようになりますが、HYIP詐欺はその出金が一切できなくなってしまいます。

もし配当がもらえたとしても元本が巻き上げられてしまうのです。

安全に利用するポイント

正しい仮想通貨の知識を身に着ける

慌てて購入せずに、まずは知識を頭に叩き込みましょう

詐欺師は常に新しい手口を使って騙そうとしてきます。例え購入に慣れていても最新の情報を常に調べる癖をつけましょう。

甘い言葉に騙されない

基本の話ですが、おいしい話や甘い言葉はまず疑う必要があります。

儲け話がそんなに簡単にごろごろしている訳がありませんので、冷静に判断しましょう。

ひとりで考ない

こっそり儲けたいと考え仮想通貨をはじめる方もいらっしゃると思いますが、いざという時1人で判断するのは初心者にはおすすめできません。

何か引っかかる事や、決めかねている時は購入の前に誰かに相談してみるのもいいでしょう。

必ず金融庁に認可されている仮想通貨の取引所で購入する

先述した通り仮想通貨は全世界で同じものが販売されており、今ではインターネットの取引所でも簡単に購入することができます。

代理店や個人から購入する事などあり得ないくらいに思ってください。

2017年4月1日からは仮想通貨の取引所を運営する為には金融庁への申請が義務化されました。

逆に考えれば金融庁に認可されていない取引所は違法であるという事になります。

これさえわかればもう、どこで購入すればいいかが明確ですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は仮装通貨詐欺の手口や特徴をご紹介してきました。

誰でも簡単に入手できる仮想通貨だからこそ、危険は身近に潜んでいるのです。

仮想通貨を購入する時は、まず詐欺ではないか?という疑いの目を常に持ちましょう。

2017年にビットコイン(BTC)の価格が20倍以上高騰した時のような大きな変動が今後またあったとしても、すぐに飛びつかず慌てず冷静に判断してください。

大きなお金が動くところに詐欺師は潜んでおり、仮想通貨詐欺がこの2017年に急激に増えたのも事実です。

ニュースなどで詐欺の話題が出ても自分には無縁だと思わずに、周りの人たちにも注意喚起をし、1人でも多く被害者を減らしていきましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html