ストーカーされやすい女性の特徴とストーカー被害に繋がらない対策法を徹底解説!男性を勘違いさせる言動や外見の注意点もご紹介

ストーカー被害を受けやすい女性は、行動面でも隙を与えている場合があります。

どのような行動がストーカーに狙われる原因になるのかも、一緒に知っておくべきでしょう。

個人情報を開示することが多い

ネット上に書き込んだ個人情報が原因でストーカー行為を受けたケースも多いです。

特にSNSやブログなどで自分の個人情報を書いてばかりいる女性は気を付けるべきでしょう。

ストーカーは好意を持つ相手の情報も綿密にチェックするためです。

加えてネット上に、モテないアピールする女性もストーカーの格好の標的になります。

容姿や性格に自信のない女性も、ストーカーは狙ってくるためです。

あまりノーと言わない

また日頃からノーと言わない点も、ストーカーをひきつけます。

嫌なことをされても断らないのは、「私はどんな人でも受け付けます」と言うようなものです。

ストーカーにとっては、「この人なら自分も愛してくれるかも」と思わせる存在といえます。

寛容さは美点になるものの、ストーカーを避けるにはノーと言うことも大切でしょう。

ストーカー被害を引き起こす男性を勘違いさせる言動とは

女性をこっそり撮影する男性

ストーカーを受けやすい女性は、ストーカーに変貌する男性を勘違いさせる行動も目立ちます。

具体的にどのような行動で、男性が勘違いしてしまうのかを知ることも大切です。

やたらと男性にボディタッチする

男性に対してやたらとボディタッチする人は要注意です。

挨拶や癖でボディタッチしたとしても、中には「自分が好き」と勘違いする人もいます。

特に触られた相手が、恋愛経験がなくストーカー気質な男性であればなおさら危険です。

過剰なボディタッチは極力避けるようにするべきでしょう。

浮いている男性にも声をかける

またパーティーなど集団の場で浮いている男性にやたら声をかける場合も注意が必要です。

浮いている男性の中にはストーカー気質の人もいます。

そしてストーカー気質の男性は、優しくする女性を「好意を持っている」と勘違いしがちです。

浮いている男性に声をかけるのも構いませんが、相手によっては警戒心も必要となります。

相手の考え方や好みにやたらと肯定的

ほかにも相手の考え方や好みをやたら肯定する態度も、男性を勘違いさせがちです。

ストーカーと化す男性は、コンプレックスがあって自己肯定感も低くなっています。

このため考え方などを褒められると、「自分を特別扱いしてくれる」と勘違いしがちです。

考え方や好みを肯定するのも、適切さが必要となるでしょう。

ストーカー対策として何ができるのか

悩みのある女性にアドバイス

ストーカーに遭いやすい女性には、さまざまな特徴が見られます。

このような女性がストーカー被害に遭わないようにするには、どうすれば良いのでしょうか。

主にできることとして、以下の3つが挙げられます

付き合う気がないのならきっぱり断る

まずその男性と付き合う気がないのであれば、きっぱりと断るべきです。

ただ冷たい態度で断るのではなく、相手のプライドを傷つけない配慮も必要になります。

冷たくした場合、ストーカーはかえって追いかけたくなる心情にとらわれるためです。

また逆に怒り狂って、危害を加えてくる場合もあります。

このため相手をある程度ほめつつも、断る姿勢は明確にしておくべきです。

ネット上の自己開示はほどほどに

またネット上での自己開示もほどほど程度に留めます。

あまりにも個人情報を開示していると、ストーカー行為を助長することになるためです。

特に住所やアドレスなどは、なるべく書き込まないようにします。

日頃から意思表示と立場をはっきりさせる

さらに日頃から意思表示や立場をはっきりさせることも重要です。

ストーカーは自分より立場の弱い女性を狙う傾向にあります。

彼氏がいる状態でも、自分の意見や考え方はきちんと示すようにするべきです。

今から自分の意思を尊重するだけでも、ストーカー対策になるでしょう。

まとめ

カメラを構える女性

ストーカーに狙われやすい女性は、行動や性格、外見などで一定の特徴があります。

地味でおとなしく真面目な女性ほどストーカー被害に遭いやすいです。

また優しく接した結果、ストーカー行為を受けるケースもあります。

真面目で優しいことはその人の魅力です。しかしいざという時は毅然とした態度が求められるでしょう。

日頃の立ち居振る舞い1つでもストーカー行為は防げます。加えて自分に自信を持って行動することも大切です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html