置き石の違法性を解説!脱線事故の事例や死刑にもなり得る罪の重さとは?見つけた時の対応や別の事件に繋がるケースもご紹介

私たちの生活に欠かせない存在である鉄道でも、事故が起きる場合があります。

事故といえば人身事故をイメージするものの、意外にも置き石の事故も非常に多いです。

線路の上に石を置く行為である置き石は、1つ間違えれば大事故の元になります。

仮に置き石をした場合、どのような罪や刑罰になるのでしょうか。

置き石で起こりうることとは

森の中の線路

特に鉄道の線路上に石を置く置き石行為。しかし置き石行為がもたらすリスクは非常に恐ろしいものです。

置き石行為によって起こりうることに、ダイヤの乱れや列車の転覆が挙げられます。

大幅なダイヤの乱れ

置き石行為によって生じることが大幅なダイヤの乱れです。

駅にいる際、置き石でダイヤ乱れが発生したという構内放送を耳にしたこともあるでしょう。

たとえ走行中の列車の車輪で粉砕できるような小さな石でも、列車は一度停止します。

その際に安全確認を行いますが、当然ながら指令室とのやり取りを通じて行う形です。

安全確認をしている間はほかの列車もストップするため、広範囲に影響が及びます。

その結果ダイヤが大きく乱れ、多くの乗客が迷惑するという形です。

特に大都市で複数の路線が乗り入れている場合、その影響はより甚大で広範囲に及ぶでしょう。

列車の転覆事故や死傷者の発生

鉄道事故

また置かれた石が大きい場合、走行中の列車が脱線事故や転覆事故が起きることもあります。

この際に乗客や乗務員にけが人や死者が出るケースも多いです。

置き石された現場の近くに民家などがあった場合、脱線した車両が突っ込むこともあります。

その場合車両内の人間だけではなく、周囲の住民まで巻き込まれかねません。

このように置き石1つで、多くの人を傷つけたり命を奪ったりすることもあります。

実は極めて重い置き石の罪状と刑罰

刑務所

石をレール上に置くだけで人命にも関わってくるのが、置き石行為の怖いところです。

もし置き石行為で逮捕された場合、加害者にはどのような罪状や刑罰が待っているのでしょうか。

実は人命を奪うほど危険である分、その罪や刑罰は非常に重いです。

往来危険罪

置き石行為に対する基本的な罪状として、往来危険罪が挙げられます。

これは列車の運行を妨害し、乗客などを危険にさらす行為に対する罪状です。

乗客などに死傷者が出るリスクがある分、刑罰も2年以上15年以下の懲役刑となっています。

同じく往来に対する罪である往来妨害罪と異なり、罰金刑はありません。

それほどに置き石行為には、厳しい刑が科せられると考えるべきです。

電汽車転覆罪

置き石行為が原因で走行中の列車が転覆事故を起こした場合は、電汽車転覆罪となります。

往来危険罪以上に死傷者が多く発生するリスクがあるため、刑罰はより重いです。

最悪の場合は死刑で、死刑を免れても無期懲役刑が適用されます。

新幹線の場合は別枠で刑罰が決まっている

新幹線

日本を代表する高速鉄道である新幹線。実は新幹線での置き石については、別枠の特例法で刑罰が決まっています。

新幹線は在来線以上のスピードで高速運転を行っているためです。

仮に線路上に置き石されれば、在来線以上に大きな事故につながるでしょう。

具体的には新幹線での置き石1つで、5年以下の懲役50万円以下の罰金が科されます。

ただこれに加えて、新幹線の線路に無断で入ったことでより刑罰は重くなる流れです。

置き石は子供が行っても厳しいペナルティーが

深刻な表情の子供

意外なことに置き石事件は、子供による犯行というケースも多く見られます。

その動機は、単なるいたずらや「どうなるのか」という好奇心に基づくことが多いです。

子供らしいといえるものの行為は危険であるため、子供でも厳しいペナルティーがあります。

まず置き石した子供は、14歳未満であれば補導で済むでしょう。家庭裁判所などで指導を受けるだけです。

ただし置き石した加害者が15歳以上の場合は、少年犯罪として成人同様の刑罰を受けます。

そして加害者の親は、子供に代わって鉄道会社などに損害賠償するのが一般的です。

その金額は巨額で、被害状況によっては数千万円に及ぶこともあります。

実際に起きた置き石事件とは

日刊紙

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html