光害苦情を受けた際の対策を解説!イルミネーションやライトアップをする時の注意事項とは?近隣トラブルの事例や対応策をご紹介

現代は夜間も様々な場所で明かりがついていることが当たり前です。しかし、その照明が原因で起こるトラブルがあります。

明かりが人や自然へもたらす悪影響を「光害」と呼びます。光害は地域や企業、個人単位でも起こりうるトラブルです。

そこでこの記事では光害を防ぐための対策や、苦情が来た場合の対処法を解説します。自分が光害の加害者にならないよう、チェックしてみてください。

光害とは?

lamp, light, hand 光害は「ひかりがい・こうがい」と読みます。光害とは人工の照明が周囲の人や動植物に悪影響を与えてしまうことを差します。

原因となる光源は街灯や建物の照明、看板など身の回りの照明器具です。設置場所や角度、明るさが不適切なために起こります。

光害による影響や苦情は全国各地で報告されています。

光害の及ぼす影響

➀夜空が明るくなってしまう

milky way, galaxy, night 人工の照明が人や自然に与える影響として、最初に挙げられるのは夜空の明るさです。

夜間も様々な場所で照明がついていることによって夜空が明るくなってしまい、星が見えにくくなります。

星が見えにくくなることによって研究機関や教育機関などの天体観測に支障が出ます。

また星空を観光資源としている地域は、観光資源が損なわれることにもなるのです。光害によって地域社会や研究機関が不利益を被ります。

➁交通の安全性を損なう

続いて挙げられるのは交通安全についてです。例えば道路沿いにまぶしいネオンのついた看板があったとしましょう。

昼夜を問わずネオンがついていることで、看板のそばを通る人はまぶしくて周囲が見えづらくなります。

車を運転している人は歩行者に気づきにくくなったり、信号が見えづらくなったりするでしょう。看板の周辺では事故が起こりやすくなります。

このように光源によって見えづらさを感じる現象をグレアと呼びます。グレアも光害の一種です。

光害によって、交通安全が脅かされてしまうこともあります。

➂近隣住民とのトラブルにつながる

human, person, man 近年、イルミネーションやライトアップに力を入れる住宅や企業も増えてきました。

しかし照明が明るすぎてグレアを引き起こしたり、夜間もまぶしくて睡眠の妨げになったりと周囲に住む人たちが迷惑に感じるというケースもあります。

またイルミネーションを見に来る人がいた場合、防犯面でも不安に感じる人が多いです。プライバシーが守られないと感じる人もいるでしょう。

大げさだと思うかもしれませんが、こうしたご近所トラブルは実際に起きています。個人単位のイルミネーションなども光害になり得るということです。

➃農作物の生長に影響を及ぼす

光害は動植物にも影響を及ぼします。例えば植物の生長です。植物には昼と夜の長さを認識するための体内時計があります。

夜間も明かりがついていると体内時計が狂い、生長のスピードが変わります。昼と夜の区別ができなくなり、生育不良を起こすこともあるのです。

植物が順調に生長しなくなると農作物の出荷に支障をきたします。光害は農業にも悪影響を与える可能性があるのです。

➄生態系を乱す可能性がある

動物も人工光によって影響を受けることがあります。例えば虫の中には、光に引き寄せられる習性のある種類が多いです。

夜間も照明がついているエリアでは、そうした虫が大量発生してしまう可能性があります。

反対に光を嫌う生物は明るい場所を離れていきます。また夜行性の生物も住みかを変える可能性があるでしょう。

照明が原因で知らない間に地域の生態系を変えてしまうことがあるのも、光害の恐ろしい所です。

光害のトラブル事例

people, man, cry 光害の影響を解説してきましたが、具体的にはどんなトラブルの事例があるのでしょうか。光害の被害報告は全国各地で後を絶ちません。

実際の事例を見て、自分の身の回りでも起きていないか、また自分が加害者になっていないかを考えてみましょう。

街灯の明かりがイネの生長に影響

ある街では水田の近くに街灯が設置されました。水田は住宅街のすぐそばにあったためです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html