光害の苦情はどこに相談する?看板やイルミネーションなど近隣トラブルの対策

現代は夜間も様々な場所で明かりがついていることが当たり前です。しかし、その照明が原因で起こるトラブルがあります。

明かりが人や自然へもたらす悪影響を「光害」と呼びます。光害は地域や企業、個人単位でも起こりうるトラブルです。

そこでこの記事では光害を防ぐための対策や、苦情が来た場合の対処法を解説します。自分が光害の加害者にならないよう、チェックしてみてください。




光害とは?

光害は「ひかりがい・こうがい」と読みます。光害とは人工の照明が周囲の人や動植物に悪影響を与えてしまうことを差します。

「光害」は「ひかりがい」と読みます。照明の設置方法や配光が不適切で、景観や周辺環境への配慮が不十分なために起こるさまざまな影響をいいます。
引用:光害ってなに?(環境省)

原因となる光源は街灯や建物の照明、看板など身の回りの照明器具です。設置場所や角度、明るさが不適切なために起こります。

光害による影響や苦情は全国各地で報告されています。

光害の及ぼす影響

➀夜空が明るくなってしまう

milky way, galaxy, night 人工の照明が人や自然に与える影響として、最初に挙げられるのは夜空の明るさです。

夜間も様々な場所で照明がついていることによって夜空が明るくなってしまい、星が見えにくくなります。

星が見えにくくなることによって研究機関や教育機関などの天体観測に支障が出ます。

実際に、小学校の理科の授業で「星空を観察しましょう」という宿題が出されたときに、光害によって星が見つけられずに苦労している、という話も聞きます。
引用:「光害(ひかりがい)」の実態を専門家が解説

また星空を観光資源としている地域は、観光資源が損なわれることにもなるのです。光害によって地域社会や研究機関が不利益を被ります。

➁交通の安全性を損なう

続いて挙げられるのは交通安全についてです。例えば道路沿いにまぶしいネオンのついた看板があったとしましょう。

昼夜を問わずネオンがついていることで、看板のそばを通る人はまぶしくて周囲が見えづらくなります。

車を運転している人は歩行者に気づきにくくなったり、信号が見えづらくなったりするでしょう。看板の周辺では事故が起こりやすくなります。

このように光源によって見えづらさを感じる現象をグレアと呼びます。グレアも光害の一種です。

光害によって、交通安全が脅かされてしまうこともあります。

街灯の光源から届く眩しい光(グレア)が目に入ると、目がくらんで、暗いものまで見えるように開いていた瞳孔が収縮してしまい、影になった暗い部分が見えなくなってしまい危険
引用:光害(Wikipedia

➂近隣住民とのトラブルにつながる

human, person, man 近年、イルミネーションやライトアップに力を入れる住宅や企業も増えてきました。

しかし照明が明るすぎてグレアを引き起こしたり、夜間もまぶしくて睡眠の妨げになったりと周囲に住む人たちが迷惑に感じるというケースもあります。

またイルミネーションを見に来る人がいた場合、防犯面でも不安に感じる人が多いです。プライバシーが守られないと感じる人もいるでしょう。

大げさだと思うかもしれませんが、こうしたご近所トラブルは実際に起きています。個人単位のイルミネーションなども光害になり得るということです。

➃農作物の生長に影響を及ぼす

光害は動植物にも影響を及ぼします。例えば植物の生長です。植物には昼と夜の長さを認識するための体内時計があります。

夜間も明かりがついていると体内時計が狂い、生長のスピードが変わります。昼と夜の区別ができなくなり、生育不良を起こすこともあるのです。

植物が順調に生長しなくなると農作物の出荷に支障をきたします。光害は農業にも悪影響を与える可能性があるのです。

➄生態系を乱す可能性がある

動物も人工光によって影響を受けることがあります。例えば虫の中には、光に引き寄せられる習性のある種類が多いです。

夜間も照明がついているエリアでは、そうした虫が大量発生してしまう可能性があります。

反対に光を嫌う生物は明るい場所を離れていきます。また夜行性の生物も住みかを変える可能性があるでしょう。

照明が原因で知らない間に地域の生態系を変えてしまうことがあるのも、光害の恐ろしい所です。




光害のトラブル事例

people, man, cry 光害の影響を解説してきましたが、具体的にはどんなトラブルの事例があるのでしょうか。光害の被害報告は全国各地で後を絶ちません。

実際の事例を見て、自分の身の回りでも起きていないか、また自分が加害者になっていないかを考えてみましょう。

街灯の明かりがイネの生長に影響

ある街では水田の近くに街灯が設置されました。水田は住宅街のすぐそばにあったためです。

街灯が設置された後、稲穂の出る時期を迎えました。しかし光の当たる範囲だけ穂が出ていないことが分かったのです。

イネは夏が過ぎて日が短くなると花を咲かせ、穂をつけます。しかし夜間も光が当たっていたために「まだ日が長い」と認識して穂を出さなかったのです。

生長のサイクルが狂ったために米の品質は落ちてしまいます。イネの生長が一部だけ遅れたことにより、収穫作業にも支障をきたしてしまいました。

農作物に対する人工光の影響としては、イネやホウレンソウ等への影響がよく知られている。街路の周辺でイネが栽培されている場合には、照明器具の設置に注意
引用:動植物への影響(環境庁)

イルミネーションがご近所トラブルの原因に

church, monument, christmas Aさんは自宅をイルミネーションで飾りました。カラフルなLED電球を植木やベランダに取り付けて、夜になると点灯しています。

しかしAさんの隣の家に住むBさんが「イルミネーションが明るすぎて眠れない」とAさんに訴えました。Bさんは「周りに住む人たちも困っている」と言います。

カーテンを閉めてもライトの点滅が気になる、子どもの夜泣きがひどくなったという声もあるそうです。

Aさんはイルミネーションを撤去することになりました。

一般の人から見て我慢の限界(受忍限度)を超える程度であれば、加害者に対して加害行為の差止めや損害賠償を請求することができる
引用:輝く自宅イルミネーション…ところで、法的に問題ないの?

関連日照権の侵害を防ぐ対策法と受忍限度 | 身近なトラブルや判例を紹介




光害の苦情を受けたときの対応策

受忍限度を基準に対策を立てる

write, plan, desk もしも光害の苦情を受けたらどのように対応すれば良いでしょうか。実は光害にはそれを取り締まる法律や条例がありません。

光害の基準の多くは都道府県や自治体ごとに「条例」という形で定められています。その対象は企業や店舗など公共施設であることが多いです。

つまり個人住宅単位での光害は管轄外の場合があるということです。そこで個人単位での光害は受忍限度」を基準に対策をします。

受忍限度とは一般の人が生活を送るうえで我慢できる限度のことです。

苦情を言ってきた人以外の大多数の人も耐え難い迷惑を被っている場合は、行動を改めなければなりません。

受忍限度を超えているのに改善しない場合は裁判や損害賠償などを求められることもあります。

そこで苦情を受けてしまったら、周りの人たちにも相談して受忍限度を超えていないかどうかを確認しましょう。

環境省の「光害対策ガイドライン」を参照する

苦情を受けたときの対策として、環境省の「光害対策ガイドライン」が役立ちます。光害の定義から屋外照明のガイドラインまで詳しく書かれた資料です。

屋外照明を設置する際のチェックリストも載っています。どのように設置したら光害を防げるのか、確認しながら対策を取りましょう。

環境省 | 光害対策ガイドライン

イルミネーションをするときの注意点

LEDの色やワット数に注意

light bulbs, shining, bulbs 光害の苦情を避けるために、イルミネーションやライトアップをするときには周囲への配慮を意識しましょう。

明るさや照明の範囲が適切かどうかを客観的にチェックすることが大切です。最近のイルミネーションはLEDを使用することが増えています。

LEDは発光効率が良いといわれています。そのため明るくなりすぎないように、購入する電球のワット数を確認しましょう。

また地域や場所によっては、照明の色を制限している場合もあります。例えば「信号の近くで赤色の照明をつけてはいけない」などです。

周辺の環境や景観を妨げない色と明るさを意識して、イルミネーションやライトアップを行ってください。

深夜は照明を控えめにする

条例やガイドラインでも深夜の照明に関しては規定は厳しくなることが多いです。多くの人が就寝する21時以降は明るさを落とした方が良いでしょう。

また深夜は消灯することが望ましいです。電気代の節約にもつながりますし、苦情を受けるリスクも減ります。

周囲に配慮した照明環境を意識しよう

room, armchair, lamp 光害は身の周りの照明器具でも起こりうる、とても身近なトラブルです。だからこそ自分の周りの照明が光害にならないか、注意しなければなりません。

身近な人や動植物の生活を守りながら、お互いに快適な照明環境で生活ができるように配慮を怠らないようにしましょう。

関連騒音トラブルの被害を未然に防ぐ対策法 | ?騒音が原因で起きた実例も




本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html