タギングや落書きの予防策を解説!家や店舗のシャッターに落書きされた時の対処法は?日本の被害場所の特徴や時間帯もご紹介

家やお店などに見られるタギングや落書き。

人によってはタギングや落書きに悩まされているのではないでしょうか?

タギングや落書きによって近寄りがたい雰囲気を作り出すなどの問題が出てきます。

やられた方にとってはいい迷惑です。

今、タギングや落書きに悩まされている方のために対処法や予防策について話します。

少しでもタギングや落書きなどの行為に関する悩みを解消するきっかけになれば幸いです。

タギングとは

スプレー

突然ですが、タギングとは一体どのような行為かご存知でしょうか?

人によっては初めて聞く単語だと感じた方もいると思います。

タギング(tagging)はスプレーペンキで描かれた落書きを指します。

元々はストリートギャングが自分の縄張りだということを誇示するためのサインに使われていたのが始まりです。

年数が経つにつれ、目印や縄張りといったものとは程遠い意味のないタギングが増えて今日に至ります。

ストリートアートの影響を受けたものも多く、アートを思わせるタギングはグラフィティと呼ばれているとのこと。

タギングによっては街の印象を下げてしまうため、多くの方が悩まされています。

ちなみに、コンピューターの世界においてもタギングと呼ばれる単語が存在しており、タグと略されたりします。

意味はデータファイルやサイトの情報に短いフレーズや単語を付与する手法のことです。

音楽の編集などでタギングを利用している方も多いと思います。

タギングや落書きにより起きる問題

タギングや落書きを放っておくと、いろいろな問題が起きます。

場合によっては取り返しのつかない事態に発展する可能性もゼロとは言い切れません。

ここでは、タギングや落書きにより起きる問題をいくつか紹介します。

紹介したものの中には皆さんが今悩まされている問題もあるかもしれないです。

人が近づきにくくなる可能性がある

閉店

タギングや落書きによっては通行人に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

街を歩いていて落書きなどがある場所に近づきたくないと感じている方も多いのではないでしょうか?

飲食店などの場合、客足が減って閉店につながる可能性も十分考えられます。

人によってはタギングや落書きが増えてから客足が伸び悩んでいるのでは?

犯罪が起きる可能性がある

犯罪者

タギングや落書きが多い場所は犯罪が起きやすいと言われています。

人の流れが少なくなることで犯罪を行いやすくなり、結果的に犯罪件数が増えるわけです。

ニュースなどを見てタギングや落書きの多い場所を思い浮かべた方もいるのではないでしょうか?

犯罪件数を減らすためにもタギングや落書きの対策を行っていかないといけません。

タギングや落書き自体も器物損壊罪に該当します。

アートや町おこしになるのでは?と考えている人もいるかもしれないですが、行うにしても許可が必要です。

タギングや落書きを消すために大切な時間を使ってしまう

家や店舗の壁に描かれたタギングや落書きを消すのにある程度の時間を要します

場合によっては消すのに予想以上の時間がかかってしまうかもしれません。

結果、本来の業務などに支障をきたす恐れも十分考えられます。

タギングや落書きは人の時間を奪ってしまう行為です。

タギングや落書きを消すのにお金がかかってしまう

1ドル紙幣

タギングや落書きを消すために業者に依頼しようと考えている方もいるのでは?

業者に依頼したり、自分でタギングや落書きを消すために道具を購入するなどお金がかかってしまいます。

一つのタギングや落書きを消すのに思っている以上の費用がかかるため、非常に厄介です。

ちなみにマンションやアパートなどに住んでいる方の中には子供が壁に落書きをしてしまったと悩んでいませんか?

退去時に修繕費用を負担しないといけないため、注意が必要です。

相手のタギングや落書きはもちろんですが、家族がタギングや落書きを行わないかどうかにも目を向けないといけません。

日本におけるタギングや落書きの被害場所の特徴

タギングや落書きは一体どのような場所で起きるのか気になりませんか?

犯罪に巻き込まれるリスクを減らすためにもタギングや落書きの被害に遭いやすい場所を整理する必要があります。

一体どういった場所でタギングなどの行為が行われるかについて話を進めていきます。

タギングや落書き対策を行う際の参考になれば幸いです。

シャッターの多い場所

シャッター

シャッターの閉まっている店舗が多い場所にタギングや落書きが見られる傾向にあります。

落書きのある場所はどこかと聞いてシャッターの閉まった店舗を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

シャッターや電柱、場合によっては建物の外壁にタギングが行われたりします。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html