タギングや落書きの予防策を解説!家や店舗のシャッターに落書きされた時の対処法は?日本の被害場所の特徴や時間帯もご紹介

落書きの多いシャッター街も少なくないです。

人通りの少ない場所

タギングや落書きは人通りの少ない場所で多く行われていると報告されています。

人通りが少ないということはタギングや落書きをされている姿を見られる可能性も低くなります。

暗い場所

暗い場所もタギングや落書きの多い場所の一つ。

街灯が少ないもしくは壊れているなどの理由で暗い場所がどうしても出てきます。

相手に見つかりにくいのを理由にタギングや落書きを行っている方も中にはいます。

暗い場所を通る際、落書きをしている方とトラブルが起きないよう注意しないといけません。

落書き以外の犯罪に巻き込まれる可能性も十分考えられます。

繁華街

渋谷

渋谷などの繁華街にタギングなどの落書きを目にします。

店舗が閉店した後を狙ってタギングを行うなどのケースも少なくありません。

場所によっては人通りも少なるため、落書きを行うのにうってつけの場所です。

繁華街を通ると大量の落書きやステッカーを目にする方も多いのではないでしょうか?

渋谷は落書きしても良いと思ったという呆れたことを言っている方も中にはいます。

タギングや落書き以外にもタバコやガムなどのポイ捨てなどの問題も抱えているのが繁華街の現状です。

日本におけるタギングや落書きの被害が多い時間帯

時計

タギングや落書きは人通りの少ない時間帯に行われやすい傾向にあります。

場所によって人通りが多くなる時間帯が異なるため、一概にこの時間帯に注意しないといけないとは言い切れません。

普段から人の流れを把握することが大切です。

多くの店舗が閉店する深夜帯などを狙ってタギングなどを行う方も中にはいます。

家や店舗のシャッターにタギングや落書きをされた時の対処法

家や店舗のシャッターにタギングや落書きをされた場合、一体どのように対処すれば良いか悩んでいませんか?

タギングや落書きをそのまま放っておいてはいけません。

放っておいて後悔するのは皆さんです。

被害に遭った際の対処法を知っておく必要があります。

今から対処法をいくつか紹介するので参考にしてください。

警察に通報

警察官

前述でも触れた通り、タギングや落書きは器物損壊罪に該当する行為。

警察に通報し、犯人逮捕に向けて動くことが大切です。

実際、落書きをして逮捕されたケースも存在します。

業者に依頼

タギングなどの落書きを消すために業者に依頼するのも対処法の一つ。

場所によっては落書きを消す際にケガをする恐れも十分考えられます。

ケガのリスクや業務時間を減らさないためにも業者に落書きを消してもらうのが無難です。

道具を揃える手間も省けます。

シャッター交換

タギングや落書きが酷い場合、シャッターを交換するのも一つの選択肢に挙げられます。

業者に依頼する費用を抑えたい方はシャッター交換を検討してはいかがでしょうか?

外壁などは業者に任せ、シャッターだけ交換するのもありです。

スタッフに落書きの消し方を指導

スタッフにタギングなどの落書きを消す方法を指導するのも対処法の一つ。

消し方を自分が知っておかないといけません。

時間に余裕がある場合にできる対処法と言えるでしょう。

タギングや落書きを予防する方法

タギングや落書きの対処法だけでなく、未然に防ぐことも重要になってきます。

最後にタギングや落書きの予防法について紹介します。

防犯カメラの設置

防犯カメラ

タギングや落書きはもちろん、あらゆる犯罪を防ぐために防犯カメラの設置は最低限行っておきたいところ。

設置する際はプライバシーに配慮しないといけません。

場合によっては防犯カメラを壊される可能性もあります。

防犯ステッカー

防犯ステッカーを貼るのも落書きなどを未然に防ぐ方法の一つに挙げられます。

人によっては防犯ステッカーで辞めないため、注意が必要です。

シャッターアートを行って落書きを未然に防ぐ

シャッターアート

シャッターアートのプロがいるのを皆さんご存知ですか?

プロにシャッターアートをお願いしてタギングや落書きなどを未然に防ぐのもありです。

気になる業者があるなら一度問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

ウォールペイントを行う業者

タギングや落書きに対処することは自分の身を守ることにもつながります。

被害に遭わないことはもちろん、自分が加害者にならないようにしましょう。

落書き一つで店舗や街の印象が大きく変わります。

防犯カメラなどで未然に防ぐことはもちろん、被害に遭った場合は建物のオーナーや警察に報告しないといけません。

タギングや落書きの対策はこれからの課題ではなく、今日からの課題です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html