ご祝儀が盗難されないための予防策を解説!泥棒の手口や防犯対策まとめ

人生で晴れの舞台の1つに数えられる結婚式。近親者からご祝儀をいただくのが一般的です。

しかし残念ながらめでたい場であるはずの結婚式では、ご祝儀盗難もよく発生します。

ご祝儀の盗難をあらかじめ予防するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

今回はご祝儀盗難の予防策や手口などをご紹介します。

ご祝儀盗難の典型的な手口とは

スーツを着たひげ面の男性

結婚式で発生することがあるご祝儀の盗難。おめでたい席でご祝儀の盗難が発生しては、せっかくの門出の雰囲気が台無しです。

ご祝儀の盗難を防ぐには、まずでどのような手口で行われるのかを知ることが重要になります。

ご祝儀の盗難でよく使われる手口が、以下に挙げられる3通りのパターンです。

受付係を受付から離し、そのすきに盗む

最初に挙げられるパターンとして、受付係を受付から離したうえで盗むというものがあります。

受付係に「新郎新婦が呼んでいる」などと伝え、受付から去った後にご祝儀を盗む手口です。

この際にご祝儀を盗もうとする人間は、「自分が交代する」旨を伝えるケースも多く見られます。

ご祝儀も受付で山のように置かれていることも多く、そのために犯行に至りやすいです。

親族の名前を伝えてピックアップし盗難

次に挙げられるパターンとして、「親族の名前を伝えご祝儀を回収するパターン」があります。

具体的には親族の名前を伝えつつ、ご祝儀袋の不備があるという理由で回収するものです。

例えば、「中袋に名前を書いていない」や「金額を書き忘れた」などの理由がよく見られます。

特に受け取った時点で外側から見えにくい中袋関係で伝えるパターンが多いです。

ピックアップされた後、しばらく経ってから怪しいことに気づき発覚します。

なお親族以外にも、ゲストの名前を伝えて盗む例もあり厄介です。

この場合、出席者が多くゲスト全員を把握しにくいという盲点を突かれる手口といえます。

預かる名目で盗む

ほかにも「集まったご祝儀を別の場所で預かる」名目で盗むパターンも多いです。

このパターンも、後から会場で「預かりサービスを行っていない」などと伝えられて発覚します。

結婚式場であればご祝儀も預かってくれると思いがちな盲点を突いた犯行パターンです。

ご祝儀盗難を防ぐための対策とは

手で制す女性

おめでたい席でご祝儀が盗まれると、場合によっては数十万円や数百万円もの損害が出ます。

また金額に関係なく、縁起の良い行事で盗難が発生することは後味の悪いことです。

ご祝儀の盗難を予防するには、どのような対策を打てば良いのでしょうか。

事前の打ち合わせは不可欠

打ち合わせ

ご祝儀盗難を防ぐには、まず事前の打ち合わせが欠かせません。受付係は知らない人同士で行うケースも非常に多いためです。

お互いの顔を知らないからこそ、顔合わせで見知らぬ人にご祝儀を渡すリスクを避けられます。

祝儀泥棒による盗難は、見知らぬ人が友人や親族を名乗ることで発生しがちです。

このため顔合わせするだけでもご祝儀の盗難を十分予防できます。

ご祝儀の保管は厳重に

またゲストから預かったご祝儀も、箱に納めるなどして厳重に保管するべきです。

結婚式は新郎新婦の知人・友人が集まる場である一方、防犯意識が緩むことも多々あります。

たとえおめでたい場であっても、ご祝儀の管理は責任者を決めるなど厳重にすべきでしょう。

席を離れるときは必ず誰かが残る

さらに受付の席を離れる際は、必ずメンバーの誰かが残ることも大切です。

祝儀泥棒は、受付の席に係が誰もいない時を狙って犯行に及ぶこともあります。

しかも、新郎新婦の知人・友人を名乗って交代することも多いです。

仮に誰かが呼ばれても、最低1人は残るようにすれば隙を与えずに済みます

ご祝儀預かりサービスの有無を確認

このほか、結婚式場にご祝儀預かりサービスがあるかどうかを確認しておくことも有効です。

式場によって貸金庫はあるものの、ご祝儀預かりサービスがないところも多くあります。

事前に確認することで、祝儀泥棒が預かりサービスと称して盗難することを防げるでしょう。

受付係とのルールの取り決め方法とは

ルール

ご祝儀の盗難を防ぐには、新郎新婦や親族なども対策を講じるべきです。

そのためには、事前に受付係とルールを取り決めておくべきでしょう。

受付係とのルールの取り決め方として、以下のような方法が挙げられます。

管理責任者は比較的信頼のおける人物を選ぶ

まずご祝儀の管理責任者を決めておくことが重要です。

この場合は新郎新婦が信頼できる親族や友人などに責任者となってもらうと良いでしょう。

この管理責任者は、受付が終わった段階でご祝儀を保管する役割があります。

特に披露宴のような状態であれば、受付係も参加しているためになおさら責任が重いです。

新郎新婦に渡すタイミングも決めておく

ルールとともに、いつ新郎新婦にご祝儀を渡すかを決めておくことも重要でしょう。

挙式する新郎新婦や親族によって、いつ受け取るのかはさまざまです。

渡すタイミングもあらかじめ決めておけば、適切な管理体制も決まってくるでしょう。

二次会中の管理についても決めておく

また披露宴が終わった後の二次会でも誰がご祝儀を管理するのかを決めておきます。

二次会の段階で親族に引き渡す場合もあれば、引き続き責任者が預かることもあるためです。

二次会は緊張が和らぐ場であるものの、お金関係はしっかり管理するべきでしょう。

このため親族に引き渡すか、引き続き管理責任者が預かるのかはきちんと決めておくべきです。

中身が空の祝儀袋が出た場合はどうすれば良いのか

困った様子

結婚式では時折、中身が空っぽの祝儀袋が出てくることがあります。

もしこのような祝儀袋に出くわした場合、盗難事件が発生したのではないかと疑うでしょう。

中身が空っぽの祝儀袋があった場合、受付係としてどのような対応をするべきなのでしょうか。

主な方法として、以下のようなやり方があります。

今一度本当に中身が入ってないかを確認する

まずは、今一度本当にお金が入っていないかどうかを確認するべきです。

最初にお金が入ってなかったとしても、中袋があってお金があったというケースもあり得ます。

自身の手触りだけではなく、中袋が入っていないかどうかまで綿密に調べることが大切です。

相手からの申し出がない限りは極力口に出さない

あらためて調べてみて、祝儀袋にお金が入っていない場合はどのようにするべきなのでしょうか。

このような場合、相手の申し出がない限りこちらから何も言わないことが大切です。

感情としては、相手を呼び出してお金が入っていないことを指摘したくなるでしょう。

しかし祝儀は本来、必ず包むべきと決まっているものではありません。

あくまでもゲストが結婚を祝う気持ちで包むものとされています。

仮にお金が入っていないことを指摘すると、ゲストによっては不快な気持ちになるでしょう。

このため相手から何も言われない限りは、特に指摘するべきではありません。

信頼できる相手なら伝えても良い

話す

ただし祝儀袋を渡した人物が、新郎新婦が信頼の置く人物であれば確認しても大丈夫です。

より具体的には、新郎新婦と本音で語り合える関係であれば確認を取っても無難といえます。

このような場合、その人物もうっかりお金を包み忘れていたなど事情があるでしょう。

ただこの場合も、相手の感情を刺激しないような言い方を心がけるのがおすすめです。

式場側は基本的に責任を取ってくれない

教会

結婚式場でよく発生する祝儀の盗難。式場側が犯人探しなどに協力してくれることを期待する方もいるでしょう。

しかし残念ながら、式場側は祝儀の盗難で基本的には一切責任は負いません

式場はあくまでも結婚式を行う場を提供する立場であるためです。

一方でお金関係の管理は式場を利用する側で自己管理する必要があります。

つまりたとえ盗難に遭っても、式場側が犯人捜しで協力する可能性は低いといえるでしょう。

特に前もって「一切責任を負わない」旨を示している場合は、なおさら協力を期待できません。

いずれにせよ、祝儀の管理や防犯については自分たちで担うという心構えが不可欠です、

まとめ

手をつなぐカップル

今回は結婚式場で頻繁に発生する祝儀の盗難の手口や予防策などに付いて見てきました。

ゲストや式場関係者になりすます方法などがあるため、お金関係は気を許すべきではありません

一方で予防策としては、事前の顔合わせや受付係は1人は待機することなどが挙げられます。

ほかにも管理する際は、箱などに厳重に入れておくことも大切です。

さらに祝儀袋の中身が空の場合は、きちんと確認するなどの方法があります。

このほか結婚式場は基本的に盗難に対する責任を負わないことも知っておくべきでしょう。

結婚式場での祝儀を守れるのは受付係や親族だけといえます。そのためにも、盗難を絶対発生させず最後まで守り抜く心構えが重要です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html