車のビデオレコーダー

ドライブレコーダーを犯罪・事故抑止に活用する方法を解説!導入で得られるメリットは?映像を提出する方法や提出先もチェック!

最近、ドライブレコーダーが犯罪や事故を防ぐアイテムとして注目を集めています。

特に、社会問題になっているあおり運転の対策としてドライブレコーダーを設置する動きは広まっているでしょう。

ドライブレコーダーで犯罪や事故を防ぐには、どのように活用したら良いのでしょうか。

また、犯罪映像が撮れた場合の対処についても知っておきましょう。

ドライブレコーダーは犯罪や事故抑止の必需品

ここ最近、毎日のようにドライブレコーダーで犯罪・事故が早期解決できた事例をニュースで見かけることがあります。

ドライブレコーダーは2000年に登場したので比較的歴史は浅いですが、今や犯罪や事故を抑止する必需品となりました。

運転時の様子を記録するものなので、つけるだけでも十分犯罪の抑止につながりそうに思えるかもしれません。

しかし、使い方やドライブレコーダーの種類によっては全く役に立たないこともあるようです。

ドライブレコーダーで犯罪や事故抑止をするには、どう活用するべきなのでしょうか。

ドライブレコーダーの活用法

元々ドライブレコーダーは自動車事故(人身事故含む)の際、どちらに非があるかの検証をしやすくするために開発されたものです。

しかし実際は様々な事故・事件を、ドライブレコーダーのおかげで早期解決できたという事例をよく耳にします。

本来の目的とは少々外れていますが、ドライブレコーダーは犯罪や事故の解決に一役買っていることは間違いありません。

とはいえ、できることなら犯罪や事故は起こる前に防ぎたいものです。

ドライブレコーダーは活用のし方によって、犯罪や事故の抑止につなげることができます。

被害を防ぐには、どのように活用すれば良いのでしょうか。

ドライブレコーダーは外からでも見えるように設置する

現在は、ドライブレコーダーの映像が犯罪や事故の大きな証拠となることが認知されてきています。

ドライブレコーダーがあると分かれば、犯人は警戒するでしょう。

つまりドライブレコーダーを搭載すること自体が、犯罪の抑止につながるのです。

ただし設置する際は、必ず車の外から見えるようにつけてください。

外からドライブレコーダーの存在を知らせることで、初めて犯罪の抑止になります。

映像の確認は必須

録画した映像は、かならずこまめに確認するようにしましょう。

というのも知らない間に傷をつけられていたり、当て逃げされたりしている場合があるのです。

被害に遭っている場所が目立たない場所だと、気付かないままになってしまうこともあります。

1週間に1度や1ヶ月に1度など、定期的に確認するタイミングを持ってください。

また車周りだけでなく、自宅近隣の事件についての証拠が写っている可能性もあります。

ドライブレコーダーの種類

うまくドライブレコーダーを活用するためにも、ドライブレコーダーの種類を知っておきましょう。

一言でドライブレコーダーといっても、色々な種類があります。

ドライブレコーダーは、大きく分けての以下の3種類。

  1. 常時録画型
  2. 衝撃感知型
  3. 多機能型

それぞれ特徴が違っているので、自分の目的に合わせたタイプを選ぶようにしてください。

常時録画型

常時録画型はその名の通り、エンジンがかかっている間は常に撮影してくれるものです。

ドライブレコーダーと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはこれではないでしょうか。

犯罪や事故時の目的以外にもきれいな景色を連続して撮影したり、サーキットの記録にも使用されたりと様々な用途で使えます。

インターネット配信に使う人も多いようですね。

衝撃感知型

衝撃感知型衝撃を感知した時にのみ反応して、衝撃前の約10秒前からの画像を記録するものです。

逆に何も感知しなければ撮影しません。

容量が少なくて済むという利点はありますが、衝撃が小さいと反応してくれない場合もあります。

衝撃のない犯罪や事故に巻き込まれても全く機能しないので、この場合は無意味になってしまうでしょう。

多機能型

多機能型は単なるドライブレコーダーではなく、カーナビやワンセグといった記録以外の機能を兼ね備えたものです。

ものによってはWi-Fiや、衝突を防ぐために警告音を鳴らす機能が付いたものまであります。

これ一つ置けば他の機器をつける必要がないので、車内がすっきりしますね。

もちろんレコーダーとしての機能も優秀で、正面だけでなく車体の真横や後ろなどの映像も録画可能。

他の種類のドライブレコーダーよりも高価ですが、車を買ったばかりで機器をまだつけていない人におすすめです。

ドライブレコーダー導入のメリット

スマホをてに微笑む女性

ドライブレコーダーを導入することで、犯罪や事故に対するメリットがあるのは確かでしょう。

事故はどうにもできない面がありますが、全く良いことがないというわけでもありません。

たとえばどのようなメリットがあるのでしょうか。

車上荒らしの対策になる

夜中や長期不在時に被害に遭うことが多い車上荒らし

ドライブレコーダーがついていることが分かっただけでも、犯人が自分の車を避けてくれる可能性があります。

それでも被害に遭ってしまったとしても、ドライブレコーダーに犯人の顔さえ映っていれば警察の捜査も早く進むでしょう。

覆面だと難しくなりますが、それでも体格や性別などが分かるので大きな手掛かりになるはずです。

車上荒らしの抑止でドライブレコーダーをつける場合、駐車中にオートで撮影する機能がついたものにするのが良いでしょう。

傷などのいたずらを防げる

車上荒らしと似ていますが、こちらもこれまでは泣き寝入りすることが多かった被害の一つでした。

石や金属などで車体にをつけられてしまうのです。

修理するにも、数百万円と高価な金額になることもしばしば…。

犯人が見つかれば修理費を出させることもできますが、分からないと自分で負担するしかありません。

しかしドライブレコーダーをつけることで犯人を見つけるだけでなく、いたずらを控えさせることも期待できます。

車上荒らし対策でもそうですが、ドライブレコーダーは外から見えるように設置しておきましょう。

事故への意識づけにもなる

事故は故意ではないので事前に防ぐことはできません。

しかしドライブレコーダーをつけることで、自分もより気をつけて運転するようになるでしょう。

事故を起こした場合、ドライブレコーダーの映像は大きな証拠となるからです。

自分が事故を起こせば、それらがしっかりと記録されてしまいます。

自分自身もまた気を付けるようになれるという点では、メリットになるのではないでしょうか。

逆にいえば事故に巻き込まれても、自分が被害者であればその証拠をおさえることができるのです。

そういった点では自身を守ることができるでしょう。

あおり運転・恐喝の防止

あおり運転やそれに伴う恐喝は、最近よくニュースで取り上げられる犯罪です。

これらの対策のために、ドライブレコーダーの導入を考えている人もいるのではないでしょうか。

あおり運転を受けた場合、その様子をドライブレコーダーが記録することで大きな証拠となります。

できれば前後にドライブレコーダーを設置しているのが理想ですが、片方だけでも十分でしょう。

ドライブレコーダーが設置されていることが分かれば、相手もあおり運転をやめようと思うかもしれません。

あおり運転と同時にセットでよく起こっているのが、理不尽な恐喝

ひどい時には暴力まで行われています。

本来これにはとにかく窓・ドアをロックして相手にしないことが一番です。

ですがこれらの様子もドライブレコーダーに記録されれば、十分恐喝の証拠にできます。

タクシーの無賃乗車・暴力の抑止

乗客によるタクシーの無賃乗車や暴力。これも以前から問題になっている犯罪です。

タクシー会社なら会社単位で搭載してくれますが、個人タクシーだと自分で身を守る準備をする必要があります。

酔っ払っている乗客だと犯罪を抑止するのは難しいかもしれませんが、シラフの乗客でも犯罪行為を起こすことはあるのです。

運転手に対してキレたり、無駄に走らせて「遠回りされたから払わない」と料金を支払わなかったりすることも。

また強盗でお金をとられることもあるでしょう。

車内を録画するドライブレコーダーなら、これらのやりとりを記録して証拠にすることもできるのです。

泥酔以外の乗客に対しては一定の効果は期待できると考えられます。

犯罪映像が撮れた場合は?

もし犯罪映像が撮れたら

事件・事故の可能性がある映像が撮れたら、まずは近隣の交番に相談に行きましょう。

事故や事件の捜査の際、基本的にドライブレコーダーの映像を提出する義務はありません。

しかしドライブレコーダーの映像が犯人捜査の決め手となったり、犯罪行為の揺るぎない証拠となったりするのです。

映像を見てもらうことが、自分や自分の家族を守る手段となるでしょう。

ちなみにドライブレコーダーの映像は事件・事故が裁判に発展し、証拠となる場合には提出義務が発生します。

映像の提出先・提出方法

ドライブレコーダーを提出する際の提出先は大抵警察か保険会社になります。

保険会社でも、双方の過失の大きさを調べるのにドライブレコーダーの映像が使えるからです。

裁判で証拠として扱われるのであれば、裁判所に提出することにもなるでしょう。

また、提出する際はレコーダーの中にあるSDカードか、映像をコピーしたUSBメモリを郵送することが多いです。

保険会社によっては、Google DriveやDrop Boxといったネットのストレージサービスを使って提出することもできます。

映像を提出する際の注意点

ドライブレコーダーの映像はかなり大きな証拠となりますが、一方で注意点もあります。

たとえば恫喝された際、自分も腹が立ったとしましょう。怒りのあまり、つい相手を殴ってしまいました。

この場合は明らかに自分が悪いですね。映像に映っていれば自分側の過失となり、裁判で不利になる可能性があるのです。

100%相手の過失なら問題ありませんが、そうでないなら自分の落ち度も証明されてしまうことになるでしょう。

まとめ

ドライブレコーダーはこれまで未然に防ぐためのものではなく、起こってしまったことの証拠を確認するためのものでした。

しかしながら、ここ最近は搭載することで犯人から警戒されるようになってきています。

ドライブレコーダーは、あるだけで十分犯罪や事故の抑止になるのです。

自分や家族・大事な人を守るために、今一度ドライブレコーダーの搭載を考えてみると良いでしょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html