マルウェアの種類と感染を避ける対策法を徹底解説!マルウェアの感染経路とスマホで確認する方法は?駆除の仕方も確認しよう

仕事や日常生活などに欠かせないパソコンやスマートフォン。

使っていく上でコンピューターウイルスによる被害に気を付けないといけません。

一度ウイルスに感染してしまうと、プログラムの改変など多くの方に迷惑をかけてしまいます。

自分は被害に遭わないだろうと油断していたら痛い目を見ます。

今回はマルウェアについて話していくので、セキュリティ対策のために一度チェックしてください。

マルウェアってそもそも何?

ハッカー

マルウェアは不正な動作を行うなどの悪意を目的に作成されたソフトウェアコードのこと。

種類も多岐に渡り、予想以上の被害を及ぼします。

マルウェア感染にいち早く気付き、対処できるかどうかが重要です。

攻撃者は個人情報の流出業務妨害などを目的にマルウェアを作成しています。

もちろん、愉快犯的な目的でマルウェアを他社のパソコンやスマートフォンに侵入させている攻撃者も存在します。

マルウェアの種類

マルウェア対策や駆除を行う際、一体どのようなマルウェアが存在するか知っておきたいところ。

それにより、感染にいち早く気付けるかどうかが変わってきます。

今からマルウェアの名前や特徴について紹介していくので是非参考にしてください。

紹介するものの中には聞いたことがあるものが出てくるかもしれません。

ウイルス

コンピューターウイルス

ウイルスは他のプログラムに侵入し、動作を妨げるなどユーザーに被害を及ぼすマルウェアです。

嫌がらせから修復不能まで陥らせるものまで多岐に渡ります。

ワーム

ワームは他のプログラムの動作を妨げる機能を持つマルウェアです。

自己拡散機能を持っており、非常に厄介。

トロイの木馬

トロイの木馬

トロイの木馬は攻撃者の意図する動作を侵入したパソコンスマートフォンで行うプログラムを指します。

ギリシャ神話の話からその名が付けられています。

ウイルスバスターなどで名前を目にする方も多いのではないでしょうか?

スパイウェア

スパイウェアはパソコン内部の情報を外部に送信するマルウェア。

個人情報を収集する目的で作成されます。

場合によっては流出した情報を悪用されるため、非常に厄介なプログラムといえるでしょう。

ランサムウェア

ラムサムウェアは感染したパソコンスマホのファイルやデータを読み取れなくするプログラム。

攻撃者はデータを復元するのを条件に金銭を要求します。

データを復元する場合もありますが、攻撃者によっては復元しない可能性も十分考えられます。

バックドア

バックドアはパソコンスマホ裏口を開けるマルウェアです。

不正アクセスをしやすくし、遠隔操作などの被害を及ぼします。

キーロガー

キーボード

キーロガーはキーボード操作をそのまま外部に送信するマルウェア。

個人情報を盗めるため、非常に厄介です。

キーロガーだけでもいくつものタイプが存在します。

ボット

ボットはサーバーからファイルを盗み出したり、パソコン遠隔操作するマルウェアです。

外部から自由に操作する動作から、ロボットをもじってその名が付いています。

侵入、感染しているのに気付きにくいマルウェアの一つ。

迷惑メールを送信する場合もあり、さらなる被害者を出す場合もあります。

ジョーク

ジョークはユーザーにパソコンがウイルスに感染したと思い込ませるマルウェア。

ウイルスではありません。

ダイヤラー

インターネットにつながったスマートフォンとタブレット

ダイヤラーはインターネットの接続をリダイレクトするマルウェア。

割増料金の番号を経由して再接続し、高額な電話料金をユーザーに支払わせるため非常に厄介です。

マルウェアの感染経路

パソコンやスマートフォンの中にある個人情報を守るため、マルウェアの感染経路を知っておかないといけません。

感染経路を知っているかどうかで対策の立て方も変わってきます。

ここでは、マルウェアの感染経路をいくつか紹介します。

Webサイト

インターネットを利用している人

日常生活に欠かせないインターネット。

皆さんはどのようなWebサイトを利用しているでしょうか?

役立つサイトもあれば、悪質なサイトも存在します。

マルウェアはWebサイトを経由して皆さんのパソコンやスマートフォンに侵入する場合があります。

マルウェアに感染した際、どのWebサイトにアクセスしたか思い出して記録するようにしましょう。

メール

メールをチェックしている人

日頃からいろいろなメールを読んでいる方も多いと思います。

メールにもマルウェアが潜んでいる場合があります。

身に覚えのないメールは開かないことがポイント。

ファイル共有ソフト

ファイル共有ソフトでデータのやり取りを行っていませんか?

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html