防犯ベルで効果的に犯罪から身を守る方法を解説!子供や女性・大人にもおすすめの機能と使い方は?窓用防犯ベルで侵入者も防ごう

防犯ベルの効果的な使用方法について、あなたはご存知でしょうか。

小学校でも配布される防犯ベルは、大人も持っておくべき防犯アイテム。しかし、防犯ベルで身を守るためにはちょっとしたコツが必要です。

さらに、防犯ベルは種類も多様なアイテムです。

音が出る以外の機能が搭載されたものも多く販売されているので、用途に合わせて選ぶことが推奨されます。

この記事では、いざというときに身を守る防犯ベルとその効果的な使い方について解説します。家族で防犯意識を高めましょう。

防犯ベルが持つ3つの効果

防犯ベルの効果的な活用のためにも、防犯ベルがどのような効果を持っているのか知っておきましょう。

防犯ベルが持つ効果は大きく分けて3つあります。

防犯ベルの効果①助けを呼ぶ

防犯ベルと聞いて、一番にこの効果を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

防犯ベルは、大きな音を鳴らすことで周囲に異変を知らせます。それによって周囲に助けを呼ぶ効果が見込めます。

特に小さな子供の場合、犯罪者の多くは大人がいないことを前提に犯行に及ぶと考えられます。

そのため、周囲の大人に異変を知ってもらえるかどうかが犯罪から身を守ることに直結するのです。

防犯ベルの効果②犯行を中止させる

防犯ベルの効果は、助けを呼ぶだけではありません。

防犯ベルで大きな音を鳴らすことで犯罪者をひるませ、犯そうとしていた犯罪を中止させる効果もあります。

多くの場合、音を聞いた犯罪者は逃げることを優先するでしょう。

その場でひるませることで周囲の人が助けに入りやすくなるという効果も見込めます。

防犯ベルの効果③犯行を抑制する

さらに、防犯ベルは持っているということ自体が犯罪の抑制に役立ちます。

ランドセルの側面につけることが推奨されているのはこのためです。見える位置に防犯ベルがついていることで、犯罪者は警戒します。

防犯ベルはいざというとき使えるようにする

防犯ベルの使用方法を確認しておく

防犯ベルの使い方はベルによって多少異なります。さらに使用が想定されるのは緊急事態の時です。

そのため、平常時に使用方法を確認しておきましょう。

また、定期的に防犯ベルの電池が残っているか確認してください。

いざというときに備えるための防犯アイテムですから、「いざというとき」が来てしまったとき使えるようにする必要があるのです。

防犯ベルは見える位置、同じ位置に付ける

防犯ベルは外から見える位置、そしていつも同じ位置に付けることが重要です。

外から見える位置につけるのは、先にも紹介したように犯罪を抑制するため。

いつも同じ位置に付けるのは、使うべきタイミングでタイムロスをなくすためです。非常時にどこにあるか探す手間はない方が良いでしょう。

防犯ベルをいざというときにつかうために

  • 使用法を確認する
  • 電池残量を確認する
  • いつも同じ位置に付ける

機能付き防犯ベルや使い方

子供向けのおすすめ機能

子供に防犯ベルを持たせる場合、防水効果がついているものがおすすめです。

普段持ち歩いていると、いつ雨に降られるかわかりません。濡れたことで使えないなんてことにならないためにも、防水のものが良いでしょう。

また、塾などに通っていて夜に出歩く機会が多い場合、LEDライト機能がついているものも効果的です。

また、電子音ではなく「助けてー!」という音が鳴る防犯ベルも存在します。

電子音よりも周囲の人が気にかけてくれる可能性が高くなるので、こちらもおすすめです。

さらに、GPS機能もついているものや、異変があったときに保護者へ連絡をしてくれるものも。子供やその家族の生活に合わせて選ぶと良いでしょう。

女性向けのおすすめ機能

ミラー付きの防犯ベルがあることをご存知でしょうか。

不穏な空気を感じた場合に、歩きながら後ろを確認するという使い方ができます。

ミラーで確認し、異常事態があった場合は手元に防犯ベルがあるのですぐに対応できるという点もメリットです。

また、荷物の多い方や子供とのお出かけで両手が塞がりやすい方には、ボタンを押すだけで音を鳴らせる防犯ベルもおすすめできます。

自転車等に取り付けるタイプのものも人気です。

男性向けのおすすめ機能

何があるかわかりませんから、男性も防犯ベルは持っていると良いでしょう。

ご自身の非常事態はもちろん、周りで異変があったときに鳴らすという使い方も考えられます。

カラビナ式のスタイリッシュなデザインのものもありますので、性別関係なく使用できるでしょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html