高齢者の運転の特徴を徹底調査!高齢者に運転をやめさせたいときの対処方法とは?事故から身を守る術や運転免許返納方法も確認

高齢者の運転が原因の交通事故が問題視されている昨今。

車を運転している時や街を歩いている時に高齢者の運転が怖いと感じたことはありませんか?

人によってペースは異なりますが、加齢に伴い身体機能認知機能判断力などがどうしても低下します。

大切な家族が交通事故を起こさない、もしくは巻き込まれないためにも高齢者の運転免許証の返納を勧めることが必要です。

そこで今回は高齢運転者の特徴や運転をやめさせたい時の対処方法などについて解説していきます。

高齢者の運転の特徴

運転をやめさせる前に高齢者の運転には一体どのような特徴があるのかを知っておく必要があります。

ただ単にやめさせたいから運転免許証を返納するように言っても応じてくれない可能性があるからです。

まずは高齢者の運転の特徴について話します。

身体機能の低下から来る安全性の低下

一休みしている高齢者

加齢に伴い、視力など身体機能の低下が起こります。

結果、歩行者や道路標識などから情報を得るのが困難になって柔軟に対応できなくなるケースも少なくないです。

疲労の溜まりやすさも車の運転に影響が出てきます。

また、安全運転を行うにはハンドリングやブレーキをいかに正確に行えるかどうかが重要。

筋力の低下により、ハンドリングなどに支障が出る可能性もゼロではありません。

判断力や記憶力の低下

脳

車の運転を行う上で加速して良いかどうかなどの判断力が求められます。

一瞬の判断ミスが死亡事故を引き起こします。

また、対向車が多いことを忘れるなど記憶力の低下の問題も注意しないといけません。

いくら運転に慣れていると言っても判断力記憶力はどうしても低下するため、高齢者の運転には注意が必要です。

自分本位な運転

交通事故

高齢運転者の中には自分本位な運転を行う方もいます。

加速して良いかどうかなど客観的に状況を把握することが難しくなって交通事故を引き起こすケースも少なくありません。

身近に車を運転している高齢者がいる方はどのような運転を行っているか把握しておくことが大事。

運転技術の過信が大きな事故につながる可能性も十分考えられます。

高齢者に運転をやめさせたい時の対処方法

高齢になった親に車の運転をやめさせようとしているけど上手くいかないと感じている方も多いのではないでしょうか?

やり方によっては関係が拗れてしまう可能性がゼロではありません。

いかに上手く行うかが重要になってきます。

ここでは、高齢者に運転をやめさせたい時の対処方法について話していくので一度参考にしてください。

運転免許証を自主返納した方に説得してもらう

免許証

実際に運転免許証を自主返納した方が近くにいませんか?

いる場合は自主返納するメリットを高齢者に説明して頂き、自主返納を促しましょう。

自主返納した理由を聞いて、自分も運転をやめようと感じてくれるかもしれません。

家族と話し合う

家族の手

家族総出で自主返納を促すことも大事です。

1人がダメでも他の誰かの説得に応じてくれる可能性も十分考えられます。

話し合う際は本人の自尊心を傷つけないようにしておきたいところ。

車の運転以外の楽しみを教える

楽しみは何も車の運転だけではありません。

高齢者に車以外の楽しみを紹介できるかどうかも運転をやめさせられるかどうかのポイントになってきます。

運転をやめるメリットを説明する

1ドル紙幣

危険だからといって自主返納に応じない可能性も十分考えられます。

なので、車の運転をやめることのメリットを高齢者にアピールできるかが重要です。

自動車税やガソリン代などの出費を無くせる、車のメンテナンスを行う手間が省けるなど、やめるメリットは多く存在します。

車にかける費用で別の楽しみにお金を充てることができるなど上手く説得できるかどうかは皆さん次第。

また、65歳以上の高齢者が自主返納を行うと運転経歴証明書が発行されるのもポイントです。

バスの割引などの多くのメリットが存在するため、知っておいて損はありません。

通販や宅配サービスを紹介する

宅配のトラック

地域によっては車がどうしても必要な場所が出てきます。

高齢者が車を運転する機会を減らすためには、通販など遠方へ出歩かなくて良いサービスを紹介する必要があります。

スマホなどを使いこなせていない場合、使い方を教えるなどのサポートを行いましょう。

交通事故による死亡事故件数について

サイドミラーに映った事故現場

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html