違法アップロードの見分け方を徹底解説!違法アップロードサイトから動画を視聴する危険性とは?罰則と事例・通報先もご紹介

映画やアニメなど著作権に守られた作品を違法に取り扱う「違法アップロードサイト」は社会問題になりつつあります。

何故なら違法アップロードした作品の収益は著作権を持つ権利者ではなく、違法に配信した犯罪者に渡ってしまうのです。

さらに視聴者側は違法配信サイトを見てしまうことで個人情報の漏洩などの危険にも繋がってしまいます。

そんなリスクを知らずに違法アップロードサイトを使ってしまうことは非常に危険と言えるでしょう。

今回はそんな危険を回避するために、違法アップロードサイトの危険と関わらないための方法をご紹介します。

違法アップロードが溢れるインターネット

iPad タブレット テクノロジー

映画やアニメなど数多くの作品がデジタル化、配信が進むその影で、かなりの数の違法アップロードも問題になっています。

何故ならそれだけ多くの人がインターネットに溢れる違法にアップロードされた著作権物を利用しているからです。

多くの違法アップロードされた作品を知らず知らずのうちに、もしくは知っていても利用してしまう人が多くいます。

例えば2019年に摘発された漫画村での著作権侵害の事件の被害総額は3200憶円でした。

漫画本一冊が400円だとしても何十万冊以上の漫画が違法に読まれていたと推察できるでしょう。

漫画だけでもそれほどの被害であるとすると、デジタル媒体の著作物の業界への被害は無視できないレベルと言えます。

無視できない違法アップロードサイトを利用する危険性

ノートパソコン 女 教育

違法アップロードを利用することの危険性には他人の著作権を侵害するリスク、そして自身を危険に晒すリスクがあります。

これは違法にアップロードされた作品を「見るだけなら大丈夫」と思っている方こそ注意すべきです。

違法アップロードサイトを利用することで懸念される、3つのリスクを見ていきましょう。

著作権を侵害するリスク

基本的に違法アップロードされた作品を閲覧することは著作権侵害に加担するということになります。

著作権侵害に加担してしまいますが、あくまで閲覧するだけでは罪に問われることはありません。

しかし、誰かが大事に作り上げた作品を踏みにじってしまう行為といえるでしょう。

また、もし違法アップロードサイトから違法ダウンロードを繰り返し行ったら、著作権侵害として告訴される場合もあります。

情報漏洩のリスク

じつは違法アップロードをしている犯罪者が稼ぎを得る手法があり、その一つが情報収集です。

違法アップロードサイトの中に密かに情報漏洩させるウイルスや入力項目を取入れ、閲覧者から情報を抜き取っています。

この情報は住所やクレジットカードなどの個人情報が含まれ、思わぬ二次被害を受ける危険性を孕んでいるのです。

ウイルス感染や犯罪に加担するリスク

上記であったウイルスの危険性は個人情報を抜き取るものだけではありません。

じつはパソコンやスマホのデータを壊すウイルスなどが仕込まれている場合もあります。

例えば「トロイの木馬」のようなウイルスで連鎖してデータ汚染される可能性があり、アクセスするだけでも危険です。

さらには仮想通貨を稼ぐのにアクセス者を利用する「マイニング」というのに加担させられるケースもあります。

これはサイトにアクセスするだけで仮想通貨を稼ぐシステムに利用されて、パケット料などを過重に取られるという危険もあるのです。

違法アップロードされた作品を閲覧すると罪に問われる?

小槌 本 法律

すでに少し触れた通り、違法アップロードサイトにある著作権物を見るだけでは違法にはなりません。

しかし、ある条件下で違法にアップロードされた作品を閲覧した場合は著作権法違反となり、告訴される恐れがあります。

法律において著作権物がどのように扱われ、どこの線引きで違法となってしまうのか見ていきましょう。

違法アップロードと著作権法違反の罰則

最初に違法アップロードをする側から著作権法を見ていきましょう。

まず著作権に守られた作品を許可なく違法にアップロードすることは、いかなる場合も著作権法違反で逮捕されます。

しかし逆に閲覧者の側面から著作権法を見ると、違法にアップロードされた動画など作品を見るだけなら罪には問われません。

これはあくまでもアクセスする人が必ずしも故意かどうか判断できないという事があるでしょう。

さらにネット上で見て学ぶなど創作や学業において活用できなくなる恐れもあるためと言われています。

ただし、違法にアップロードされた動画・音楽などを違法ダウンロードした場合は別です。

著作権侵害は親告罪となるため違法と知っていながら繰り返しダウンロードし、権利者が被害を訴えると違法となります。

私的使用の目的であっても、有償著作物等の場合には、著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害した者は、2 年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされています。なお、この刑事罰の規定は親告罪とされており、権利者からの告訴がなければ公訴を提起できないこととなっております。


出典元:https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/download_qa/pdf/dl_qa_ver2.pdf

また、2020年の著作権法改正により、違法ダウンロードにおける基準がさらに明確になりました。

例えば数ページのうち1コマのダウンロードや違法アップロードされた物がスクリーンショットに写り込むことは除外されています。

・閲覧者側の著作権法違反をまとめると…

違法アップロードされた物を閲覧することは犯罪ではありません。

しかし、違法とわかっていながら繰り返し多くをダウンロードし、権利者が悪質と判断した場合刑事告訴できます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html