クラクションを鳴らす男性の手

あおり運転の回避方法を解説!あおり運転の心理と具体例から注意点を分析!高速道路での適切な避難場所は?対策グッズもチェック

あおり運転はいまや社会問題になっています。

2018年、あおり運転に関係している摘発件数は1万3025件。1年前の2017年に出た7133件の約1.8倍です。

いつ自分があおり運転の被害者になってもおかしくありません。

あおり運転から身を守るにはどうしたら良いのでしょうか。

心理や具体例から、あおり運転の回避方法や注意点を一緒に考えてみましょう。

あおり運転の被害を回避するための5つの方法

あおり運転の被害を受けないために、ある程度自分でできる対策はたくさんあります。

これらをすることで、あおり運転をする相手から目をつけられる可能性は低くなるでしょう。

ただし、何もしていないのに相手が勝手に激怒して、あおり運転されるという理不尽なケースもあります。

100%防げるわけではないので、運転中は対策をとりつつ常に注意を払いましょう。

車間距離を広めにとる

これは日頃から実践しておきたいポイントです。

車間距離を広めにとることで、前の車が急ブレーキをしてきても衝突を防げます

万が一あおり運転に巻き込まれて幅寄せされても、車間距離が広いならよけやすい・逃げやすいというのも利点です。

ただし、だからといってノロノロと走るのもなるべく避けましょう。

後ろの車との距離が詰まってしまい、それはそれであおり運転を起こさせる原因にもなります。

車間距離は気にし過ぎず、適度に調整していくことが大切です。

ウィンカーは早めに出しておく

ウィンカーを早めに出しておくことで、周りの車も安心して車を運転できます。

あおり運転に限らず、事故を防ぐことにもつながるでしょう。

逆にギリギリでウィンカーをだすと「なんだこいつ?」と思われてしまい、あおられるきっかけになってしまうこともあるようです。

道順などは事前に把握し、余裕のある運転を心がけましょう。

急な割り込みを控える

急な割り込みがあおり運転のきっかけになってしまうこともよくあります。

いきなり割り込みされて腹が立ち、その勢いであおり運転を始めるような人もいるのです。

もちろんあおり運転をする方の責任ですが、理不尽な怒りに触れないためにも無理な割り込みは控えた方が良いでしょう。

周りのドライバーへの配慮にもなります。

追い越し車線の走りっぱなしはやめる

追い越し車線に入って前の車を追い越したあと、ずっと追い越し車線を走っているのはやめるべきです。

いつまでも追い越し車線を走っていると、邪魔だと思われてしまいます。

そんなところに後ろからイライラしやすいドライバーが来てしまったら、高い確率であおられてしまうでしょう。

危険そうな車が来たら、先に行かせること

普段からまわりやバックミラーに気をつけて、後ろから危険そうな車がきたら先に行かせておくのが吉です。

むやみに前を走っていたり追い越したりすると、あおり運転される可能性があります。これは前を走る車が目につきやすいからです。

ウィンカーを出すのが遅れたり、車間距離を開けたり詰めたりするだけで怒りの琴線に触れてしまうことも…。

つまり、前を走っているとあおり運転されるきっかけができやすいといえます。

他の車にあおり運転しているのを見かけた場合も、なるべくあおり運転している車の前には出ないようにしましょう。

あおり運転をする人の心理とは?

自分があおり運転をしない立場だと、あおり運転をする人の心理はなかなか理解しがたいものです。

中には追い越されただけであおり運転するなど、こちらが「そんなことで?」と思うようなこともきっかけになりかねません。

いったいどういう考えで、彼らはあおり運転をしているのでしょうか。

自分は正しいことをしていると思っている

あおり運転の加害者の中には、「俺は正しい、あいつは間違っている!」と考えている人がいます。

勝手な理屈に感じるかもしれませんが、元々人は自分を正当化しやすい傾向があるものです。

それでもその正しい・間違いというのは、その人が勝手に作ったルールにほかなりません。

法律以上のルールを自分で作って、見ず知らずの相手にまでそれを押し付けようとするのです。

あおり運転をしない人は、「自分の常識と相手の常識は必ずしも同じとは限らない」ということを理解しています。

加害者はその認識ができていないことが少なくありません。

ですから自分が何故加害者なのかを理解していないこともあるのです。

むしろ「俺があいつの間違いを正してやるよ!」とカッとなって、あおり運転をしている場合が多いでしょう。

車に乗っている時の匿名性が、あおり運転を助長させる

現実ではそうではないのに、インターネットの掲示板やSNSでは平気で攻撃的なことを書き込む人がいます。

それは、見ただけでは身分が分からない匿名性があるからです。

あおり運転も同じで、車に乗っていると身元や顔を隠していると勘違いしてしまう人がいます。

「車とネットは違うものなのでは?」と思うかもしれません。

しかし車を外から見ると、意外と顔が見えにくいです。走っていると余計にそうでしょう。

そういった人には、周りが見ているから…という恥じらいや、あおり運転をすることへの抵抗もありません。

車が守ってくれていると思いこむから攻撃してしまうのです。

実際はネットでも車でも個人は特定できるのですが、彼らはそこまで考えられていません。

車の中にいる安心感から、あおり運転をしてしまう

これはニュースでもよく解説される心理です。

車はあらゆる衝撃に耐えられる、甲鉄ボディのようなもの。

中にいると守られている感じがして、安心する人は多いのではないでしょうか。

その安心感が高じて、「今の自分は強い」と気が大きくなってしまう人がいます。

気が大きくなったはずみで、あおり運転に走ってしまうのです。

SFアニメや小説でよくある、ロボットを乗り回して暴走しているのに近いでしょう。

あおり運転の具体例と注意点

もう少し分かりやすい話として、実際にある具体例注意点を解説します。

どんなにこちらが気をつけていても、あおり運転の被害を受ける可能性はあるでしょう。

そのような場面に遭遇した場合、果たしてこれはあおり運転なのか、そうだとしたら何に気を付けたら良いのか。

事前に知識を得ておくのも対策の内です。

あおり運転の具体例

あおり運転は、主に以下のような行動を指します。

  • むやみやたらに車間距離を詰めてくる
  • 幅寄せしてくる
  • こちらの前で蛇行運転してくる
  • クラクションで威嚇してくる
  • 不必要なハイビームをしてくる
  • いきなり急ブレーキを踏む
  • こちらを停車させようと行く手を塞いでくる
  • 別の道に逃げ込んでも待ち伏せしてくる

車間距離は相手が運転に不慣れなどの理由がある場合もあるので、必ずしもあおり運転とは決めつけられません。

ですが、それ以外の行動は十分あおり運転と呼べます。このような行為をされたら注意しましょう。

あおり運転をされた時の注意点

一番重要なのはあおられても相手にしないことです。

対話や説得をしようとしても、相手は激高していることが多いので話が通じる状態ではありません。

相手が車を止めて降りてくることもありますが、絶対に自分も降りたり窓を開けたりしないようにしましょう。

恫喝されるだけでなく、暴行を受けたり他の車と接触して事故につながったりする危険があります。

相手にドアを開けられないようにロックもかけておくべきです。その上で、すぐに警察に連絡するようにしましょう。

あおられていると動揺するので難しいかもしれませんが、相手の車のナンバーをチェックしておくと効果的です。

また、急ブレーキもやめておきましょう。危険ですし、事故になった場合はこちらにも責任を問われてしまいます。

高速道路であおられた時の適切な避難場所

高速道路は基本的に迂回路がないので逃げ道がなく、あおられるとパニックになりやすい場所です。

高速道路を走っている際にあおられた時は、サービスエリアパーキングエリアなどに逃げ込みましょう。

車線上や路側帯に止めたくなるかもしれませんが、後ろからきた車と事故になる可能性があるので休憩施設を利用してください。

駐車場では、人通りが多くて目立つような場所に停車させると相手へのけん制になります。

追いかけてくる場合もあるので、ドアをロックして絶対に外に出ないでください。

その後で、携帯電話で警察へ通報しましょう。車に同乗者がいるのなら、走っている時に通報する方が早いです。

あおり運転対策グッズ

車のビデオレコーダー

対策グッズを車に搭載することで、あおり運転の被害を受けにくくする方法もあります。

それがあるだけで、相手はターゲットを外してくれる可能性が高まるでしょう。

ドライブレコーダー

あおり運転で一番効果がある対策グッズといえば、ドライブレコーダーです。

元は自動車同士の事故でどちらに過失があるかを見極めるためのものでしたが、現在はあおり運転の対策として注目されています。

撮られていると分かれば、相手はあおり運転をやめてくれる可能性が高まるでしょう。

それにもしあおり運転を受けてしまっても、ドライブレコーダーがその様子を録画してくれれば大きな証拠になります。

警察の捜査や裁判の判断にも使えるので、高価ですが是非つけておきたいグッズです。

ドライブレコーダーの搭載を知らせるステッカー

ドライブレコーダーを買う余裕がないという人は、ドライブレコーダーをつけていることを知らせるステッカーを貼りましょう。

数百円ほどで買えてお財布にも優しいので、こちらも多くのドライバーから注目を集めているようです。

車体に貼っておくことで、ドライブレコーダーを搭載していることをアピールできます。

たとえ実際にドライブレコーダーをつけていなかったとしても、ある程度の抑止力にはなるのです。

まとめ

相手の勝手な怒りから始まるあおり運転は、非常に理不尽なものとしかいいようがありません。

しかし、ここで解説したように今日からでもできる対策はたくさんあります。

大切な人の命を守るためにも、そして何より自分の命を守るためにも。是非今日からあおり運転対策を実践しましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html