アルバイトを不当解雇されたときの慰謝料 | 不当解雇のケースと対処法を解説

会社から解雇されることは近年でも起こり得ることで、当事者にとっては大変な事態です。

しかし、その解雇が理由によっては不当であると認められて解雇が覆ったり、慰謝料を請求できたりすることもあります。

今回は知っておけば対応できる不当解雇についてまとめていきます。

不当解雇とは?

解雇

不当解雇を理解するために解雇や退職の意味も同時に確認しなければいけません。

解雇の種類

解雇とは会社側が労働者との雇用契約を一方的に打ち切ることをいいます。

会社は以下の3つの理由で解雇を行うものです。

  • 普通解雇……業績不振や病気などの理由による解雇
  • 懲戒解雇……就業規則が定められており、それに反した場合の解雇
  • 整理解雇……経営難や規模縮小などの理由で人員の削減のための解雇

つまり、これら以外の理由で一方的に仕事を辞めさせられた場合は不当解雇になり得ます。

また、上記の3つに引っかかるとしても理由に正当性がない場合は不当解雇となる場合もあるのです。

解雇と退職

退職とは自らの意志で会社との雇用契約を終了することを言い、一方的に辞めさせられる解雇とは全く異なるものになります。

ここで気を付けなければならないのが会社側は「解雇予告」と「退職勧告(勧奨)」ができるということです。

会社側はこの二つの予告を口頭もしくは書類によって行うことになります。

そして、これが口頭のみの予告である場合は解雇と退職の違いは簡単に証明できないものです。

例えば「会社を辞めて欲しい」という言葉だけ受け取って自分から辞めてしまうと自主退職になってしまいます。

なので、不当解雇と主張する場合に口頭のみの証拠だと不利になってしまうので、会社からは必ず書類を貰うようにしましょう。

解雇の時の予告は「解雇予告通知書」として発行されます。

不当解雇を受けた場合の対応

人混み

解雇は自主退職と違って会社側からすると労働契約法の関係上、簡単には行えないものです。

従って、仮に解雇予告をされた場合でも会社側に正当な理由がない時は対応できることもあります。

ここでは不当解雇を受けた際の対応法を紹介します。

弁護士へ相談

弁護士

不当解雇について最も詳しいのはそれを専門にしている弁護士です。

解雇が不当であると感じた時点で、弁護士へ相談すると会社との交渉法や必要なことを教えてくれます。

万が一に裁判へ発展した場合も弁護士にお世話になるので、最初は有料・無料問わず弁護士へ相談してみましょう。

労働局へ相談

不当解雇は労働基準法に違反することからそれに対応する労働局(労働基準監督署)への相談も有効な手です。

労働基準監督署は会社への捜査権や労働者の手当ての支給手続きの説明などを行ってくれます。

結果として会社に戻れなかった時のサポートもしてくれるので、積極的に活用してみましょう。

解雇予告通知書と解雇理由証明書の発行

退職の項目でも書いたように解雇に関する予告は「解雇予告通知書」として発行して貰った方が良いものです。

また、行われる解雇の理由を記した「解雇理由証明書」も請求することができます。

上記の2つへの相談や裁判の時にも使える資料なので、会社への請求を忘れないようにしましょう。

会社を辞めるという意思を見せないこと

不当解雇に対して自分から辞める事を認めると自主退職に事実を捻じ曲げられてしまうこともあるものです。

先に退職金残りの有給の扱いを聞いてしまうと、会社側に辞める意志があると見られてしまいます。

最終的に辞める結果になるとしても不当解雇へ対応する場合は退職に関わることには手を付けないようにしましょう。

不当解雇に関する裁判の流れ

裁判所

不当解雇に対して書類のやり取り話し合いで状況が変わらない場合、労働事件として裁判を起こすことも一つの手段となります。

労働審判

不当解雇において裁判の訴訟を起こす前に労働審判を申し立てることがあります。

労働審判とは個人と事業主間で起こる個別的労働紛争について裁判官労働審判委員会が調停を行うものです。

労働審判は原則3回で審理が終わるという特徴があり、期間としては3カ月から6カ月と裁判よりも非常に早い解決が望めます。

訴訟・裁判

労働審判による調停が上手くいかなかったり、最初から徹底的に争うつもりであれば訴訟をして裁判を起こすことになります。

こちらは労働審判とは違い複数回に渡って審理が行われ1年以上の期間をかけて判決を行うものです。

また、判決に不服がある場合は控訴上告を行うことになりますが、ここまでいくと3年程度の時間を要してしまいます。

不当解雇の慰謝料

法律

不当解雇に対して金銭的な解決を望む場合に気になるのは慰謝料です。

ここでは労働審判と裁判における慰謝料の基準を見ていきます。

労働審判

労働審判での解雇に対する慰謝料は協議内容によって異なるものです。

もし不当解雇が完全に認められる場合は賃金1年以上となりますが、疑惑で留まった場合は賃金6カ月から1年以内になることが多いようです。

慰謝料の額を上がるポイントは会社側にどの程度非があるかになります。

これは裁判でも同じですが、それを裏付けるための証拠を多く持っていることが慰謝料の額に関わるのです。

裁判

裁判で解雇における慰謝料が発生するのは労働者側が精神的苦痛を与えられ、かつその解雇が不当であった時に限ります。

そして、基本的には不当解雇をされたことで請求できるのは、就労できなかった期間の賃金です。

裁判では不当解雇による精神的苦痛はこの就労できなかった期間の賃金で慰められると判断されるという考えになります。

それ以上の慰謝料を望む場合は、不当解雇の内容やそれに付随するものがより精神的苦痛を与えられるものであったと判断された時です。

このことから裁判でも裏付けの証拠が重要になってきます。

慰謝料の相場は50万円から100万円の間ですが、内容によって大きく変わると覚えておいた方が良いでしょう。

不当解雇が関わった事例

ラジオ

ここでは実際に不当解雇が関わった事例をケース別に紹介していきます。

ケース1:不当解雇が取り消された事例

こちらは「高知放送事件」として不当解雇を語る上でよく例に挙げられるものです。

事件は朝のラジオのアナウンサーが2回の寝坊をしたことで放送時間に穴を開けることになり、それを理由に解雇されたことで始まります。

この部分だけ見れば普通解雇として会社側の権利が使われたように見えるものです。

ただ、裁判では以下の点が考慮されることになります。

  • 記者がアナウンサーを起こして番組を行う体制と取っていたが、その記者も寝坊していた。
  • 同じく寝坊した記者の処分はアナウンサーより軽かった。
  • アナウンサーには悪気はなく、番組上でも謝罪を行っていた。
  • アナウンサーは番組に間に合わせるような努力を行っていた。
  • 実際に空白となった時間は2回共にわずかなものだった。
  • 番組側が一度起こったミスに対して対策を行っていなかった。

結果としてはアナウンサー側の解雇権の濫用という主張が一審・二審共に認められ、解雇は無効となりました。

ケース2:不当解雇とセクハラが同時に認められた事例

こちらは不当解雇とそれに付随するものによって慰謝料が認められたものです。

原告は日常的にセクハラを受けており、そのセクハラを拒否したことが不当解雇に繋がったことが解雇理由の中でわかっていました。

これによってセクハラをしたこと、それを拒否による不当解雇、就労できなかった期間の賃金の全てを含めて慰謝料を請求されたのです。

結果としてはセクハラを行っていた上司には100万円の慰謝料が請求されることになりました。

このように正当な理由ではなく、不当解雇以外で精神的苦痛を受けていた場合には慰謝料は大きくなるものです。

アルバイトに不当解雇は認められるのか?

女子の集団

不当解雇に関する疑問の一つにアルバイトの不当解雇が認められるのかというものがあります。

結論からいうと、アルバイトは正社員と同じく正当な理由なく解雇することは認められていません。

これは労働基準法の中にアルバイト等の非正規労働者に差別的扱いをしてはならないという部分からきています。

つまりはアルバイトも書類や話し合いで不当解雇が覆らない時に労働審判や訴訟して裁判を起こすことができるのです。

しかし、裁判等は無料で行えるわけではないので、学生が不当解雇に対応すると金銭的に厳しい面もあります。

ただ、アルバイトだからといってお店側の不当解雇に泣き寝入りするいわれはないことは覚えておくと良いでしょう。

まとめ

団結

今回は不当解雇に関する情報を見ていきました。

解雇自体は会社の権利としてあるものですが、正当な理由がない解雇は諦めず対抗すべきものです。

もし理不尽な解雇に遭った時は相談と交渉のための資料を準備してください。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html