救護義務違反の条文を徹底解説!通りすがりや目撃者・同乗者ではどうなるの?付加点数や刑事罰・過失割合と時効についても紹介

あなたがもし交通事故を起こしてしまった場合、どんな行動を取るでしょうか?

多くの人は怪我人を確認したり、救急車や警察を呼んだりといった行動をすると思います。

ただ、これらの行動は良心によって行われるだけではなく、事故現場における怪我人への対応は法律で義務付けられているのです。

これに反すると場合によっては交通事故とは別に刑事罰違反点を付けられることになります。

今回はそんな交通事故における救護義務違反について解説していきます。

救護義務違反とは?

AED

まずは救護義務違反がどういうものであるかを見ていきます。

救護義務と報告義務

警察

救護義務は道路交通法第七十二条第一項に定められています。

交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000105#711

つまりは交通事故が起こった時には負傷者の救護被害拡大の防止を優先すべきというものです。

また、同項には報告義務として以下も定められています。

当該車両等の運転者は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000105#711

こちらは事故に関わった者は事故現場の状況説明をすぐ警察に行わなければならないというものです。

そして、これら二つに違反することは救護義務違反となります。

救護義務違反に気付かない場合

救護義務違反は一般的にはひき逃げと呼ばれる行為にあたります。

負傷者が出ているのにもかかわらずそれを無視して警察に連絡せずに逃げることは明らかに救護義務違反です。

では、仮にひき逃げに気付かなかった場合は救護義務違反となるのでしょうか?

救護義務違反が成立するのは加害者が違反を犯した認識をしているかどうかです。

なので、加害者が予想できない範囲で気付かず起こったひき逃げは救護義務違反とならないこともあります。

だからといって気付かなかったと嘘をつくと、真実がわかった時により虚偽の報告をした分の刑罰が与えられるものです。

近年はドライブレコーダーなどの映像証拠もあることから本当に気付かない状況と立証できなければ違反になります。

目撃者・同乗者における救護義務

破損した車

運転手には救護義務が発生するのは当然ですが、事故現場を目撃した者同乗者についてはどうなのでしょうか?

ここでは事故現場に居合わせる可能性のある二つについて見ていきます。

目撃者

目

救護義務はあくまで事故の当事者に義務付けられるものです。

従って例え事故の現場を唯一目撃した人でもその人には救護義務や報告義務は生じません。

常識で考えると協力する方が良いかもしれませんが、法律違反でないことは当事者の義務との大きな違いです。

同乗者

事故の当事者に義務が発生するならば運転をしていなかった助手席や後ろの席の同乗者はどうなるのでしょうか?

同乗者は先ほど紹介した条項における「その他の乗務員」にあたるため、運転手と同じく救護義務が発生します。

ただし、車の主導権を持っているのは運転手であり、運転手が無視すると同乗者も必然的に違反になってしまうものです。

裁判等で同乗者が救護義務違反にあたるかどうかは運転手との関係性などを参考に判断されます。

被害者

条項を見ると気付いたかもしれませんが、事故の当事者というのは加害者だけではなく、被害者も含まれています。

あまりないパターンですが、被害者側が何らかの理由で事故について黙っていても救護義務違反になることがあるのです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html