痴漢に遭わないための対策方法を紹介!狙われやすい特徴や場所、時間を知っておこう!通勤・通学時に注意すべき点とは?

息をするのも絶え絶えな朝夕の満員電車。そのストレスは多大なるものです。

それに加えて痴漢に遭ってしまったら、明日から電車に乗ることさえ恐怖に感じるほど心身ともに大きなダメージを受けることになります。

ある統計によると、痴漢にあったことのある女性は実に6割強もおり、いつ自分の身に起きてもおかしくない身近な問題であるといえます。

いざ痴漢にあうと、恐ろしさに何も言えず、黙ってしまって泣き寝入りしたというケースも多く耳にします。

しかしその習性や手口を知ることで、痴漢を遠ざけることも可能です。

ここではどのような人が痴漢に遭いやすいのか、また、出没する場所や時間帯等をご紹介していきます。

痴漢に狙われやすい特徴

大人しそう

痴漢に遭っても何も言わなさそうだと思われてしまうと、被害者になりやすいという傾向があるようです。

痴漢は大声を上げられてしまうより、黙って我慢しそうだという人を選びます。

女性らしい外見

痴漢は性的魅力を感じる人をターゲットにするため、長い髪やキレイな肌、いい香りがする等、女性らしさを感じさせる人は狙われやすい可能性が高くなるようです。

露出が多い

露出が多いということは直接触れるのも簡単だということになります。痴漢が狙いやすい恰好の的ともいえます。

狙われやすい場所

電車の連結部分

痴漢行為が他の人から見えにくい場所のため、電車と電車の間の連結部分では狙われることが多いようです。

また、犯行を指摘された際に隣の車両へ逃走しやすいことからも痴漢にとっては都合のよい場所です。

座席の端

バスや電車の座席の端は死角が多い場所です。

犯行に及んでいても、手前側に犯人が立ちふさがれば他の人から目撃されにくいということが考えられます。

ドア付近

人に見られそうだと思いがちですが、ドア付近はすぐに逃走することができるので、降りる直前に犯行に及ぶというケースもあるようです。警戒しておきましょう。

人通りの少ない場所

電車だけでなく、夜間の人通りの少ない通りは目撃者も少なく痴漢にとっては最適のロケーションです。

大きな事件にもなりかねないので、辺りに気を配ることを忘れず、できれば明るい人通りの多い道を選びましょう。

狙われやすい時間帯・環境

朝夕の満員電車

嫌が応でも人と接触せざるを得ない満員電車は、痴漢にとって犯行に及びやすい環境です。

中でも朝7~8時台夕方の5時~7時台は乗客が集中するため、痴漢にも遭いやすい時間帯ともいえるでしょう。

一駅区間が長い電車

あまり知られていませんが、これも痴漢にとっては犯行に及びやすい条件が整っています。

長い間ドアが開かないということは、逃走しにくいというリスクはありますが、長い時間に渡り犯行に及ぶことができるというもの。

黙って耐え忍ぶ女性を狙うのにはこのような理由もあるようです。

夜10時から深夜2時

帰宅ラッシュも山場を越え、人通りが少なくなる住宅街は夜10時から深夜2時にかけてもっとも痴漢が発生しやすくなっているというデータがあります。

痴漢だけでなく、ひったくり等別の犯罪が多い時間帯でもあり十分な注意が必要です。

日中はもちろんのこと、夜間は特にイヤホンやスマホなどの“ながら”行為は控えたほうが安全です。

痴漢にあわないための対策

女性専用車両に乗る

見た目だけで男性と女性を区別する時代ではないので一概にはいえません。

しかし、女性専用車両は少なくとも見た目が女性の人だけが乗っているはずです。

痴漢に遭う確率を減らすことができるという意味で有効な手段のひとつです。

露出を少なくする

暑い季節はどうしても肌の露出が増えるのは当たり前です。

しかし足や肩回りなど素肌が見える部分の露出が高いことは、痴漢を触発することにもなりかねません。

電車やバスなどの車内ではカーディガンやストールを羽織る等、できるだけ素肌を露出しないように心がけましょう。

姿勢よく凛とした態度を演出する

痴漢が恐れているのは、大声を上げられることだといいます。

うつむいて下を向いていれば、痴漢行為を受けても大人しく我慢しているだろうと思われてしまいます。

姿勢よく立っているだけで、凛として見えるものです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html